スポンサーリンク

やってしまいがちな3つのNG基礎練習方法【独学は危険!?】

レッスン,基礎練習,ピアノ教育

演奏する上で基礎練習はとても大切です。

…このように書くと基礎練習って大切なのか!と刺さった人は、すぐに楽譜を用意して基礎練習に取り組んでいる事でしょう。

上達には基礎練習は必須ですが、その練習方法には注意すべき点がいくつかあります。

無闇やたらと量と時間をこなしても身にはならない事があります。

  1. フォームや姿勢は正しい?
  2. 技術が向上するように効果的に取り入れてる?
  3. ちゃんと弾けている?

この3つの疑問に一つでもNO、あるいは分からない…と答えたひとは、基礎練習があまり身についていない可能性があります。

このサイトでは、これまでにも基礎練習の重要性とその効果、そしておすすめ教材をいくつか紹介してきていますが、この記事では独学で基礎練習を積んだことによるデメリットの部分をお話していきます。

スポンサーリンク

やってしまいがちな3つのNG基礎練習方法【独学は危険!?】

やってしまいがちな

3つのNG基礎練習

【独学は危険!?】

レッスンには必ず基礎練習を取り入れた方がよいのですが、しばしば、基礎練習やエチュードをやった事がないという人にも出会います。

これは、習う側の姿勢と先生の指導方針あるいは力量によるところで、ちゃんとピアノを習いたい、ちゃんと教えたいというバランスが取れた関係性であれば、ありえないことなので、指導の客観的な目安の一つとなります。

基礎練習を取り入れられる人

レッスンで基礎練習を取り入れていない、あるいは独学で練習をしている人は、情報を目にした時

「そうか!基礎練習か!」

と思い立って基礎練習をし始めることがあると思います。

その心意気は大変すばらしく是非取り組んで頂きたいのですが、基礎練習はある程度フォームが整うまではレッスンでしっかりと見て頂くのがベストです。

実際にピアノの上達を願う以下のような生徒さんに対しては初級中級の段階ではレッスンに基礎練習を必ず取り入れた方がよいでしょう。

  • 練習環境がある
  • 意欲がある
練習環境

グランドピアノでの練習が理想です。アップライトピアノはハンマーの関節が1つ多く発音するまでのタイミングはグランドと違うため、出来るだけグランドピアノが良いです。
電子ピアノやキーボードの場合は指を動かすことはできますが、打鍵から発音までの感覚がアコースティックとは違うため、逆に手を痛める場合があるのであまり意味がありません。

意欲

上達したい!この曲が弾けるようになりたい!専門に進みたいなどの明確な目標がある人が取り入れると効果があります。ない人に対しては基礎練習は練習の意味を見出せないので苦痛なため向上にはつながらないでしょう。
意欲の有無は基礎練習に取り組むためには大切です。嫌がる子供さんの場合は、させるべき状況の時にはゲーム感覚で楽しめるような工夫が必要です。

基礎練習でやるべきこと

独学で基礎練習を行うことも可能ではありますが、基礎練習でやるべきことには以下のようなことがあります。

  1. テクニックの強化
  2. フォームの改善

テクニックの強化の方に目がいきがちですが、正しいフォームを身につけるための練習でもあります。

正しいフォームというのは定型ではなく人によって体の使い方のクセが違うので、個人に合ったフォームのカスタマイズをすることです。

身体の使い方について関連記事(姉妹サイト)

なぜなら、フォームが崩れるとテクニックがはやくに限界が来るためです。

基礎練習でのフォーム改善の必要性

曲の練習の場合、音楽や楽譜の事に気を取られるところが多くなるため、弾くのに必死でフォームまで気が回らない事が多くあります。

基礎練習は同じ音型の繰り返しなので、ある特定のテクニックの強化と姿勢やフォーム改善にはもってこいの練習です。

独学が危険な理由

基本的に人によって体のクセが違うので、繰り返し練習しながら自分が弾きやすいフォームで演奏するのが一番よいのですが、独学者の場合は客観的に指摘してもらえる機会がありません。

フィードバックが無いため、フォーム崩れが原因で弾きにくいのに、何故弾きにくいのかという指摘を受けられないという難点があります。

また、適切なフォームや技術を自ら探っていかなければならないので、専門的な観点から客観的に指摘して頂けるレッスンを受けるより時間が掛かってしまいます。

独学者がやりがちなNG練習方法

  1. フォームが良くない状態で練習を積んでしまう
  2. 変なクセを客観的に指摘されることなく弾いてしまう
  3. 弾けていない状態…ずれたりよれているのに、数を弾いているだけで弾けている気になってしまう

つまりフォームが良くなかったりズレたりしていて弾けていない状態にもかかわらず、練習を積んだ気になってしまい、また無闇に練習してしまったがゆえに、クセが取れなくなってしまう。

という事が起こってしまいます。

ではここからはいくつかのNG練習の具体例を深掘りしていきましょう。

NG練習1 テンポだけあげてしまう

メトロノームでスピードだけあげてしまって、滑ったり特に左手が引けていないにも拘らず、メトロノームの数字に合わせて音を鳴らしているだけなのに弾けた気になってしまっています。

NG練習2 メトロノームを使わない

メトロノームを使わずに、自分の弾ける速さだけで不安定なテンポで弾いてると安定しません。
基礎練習はゆっくりばかりで弾いていても上達しません。
弾けない速さで弾くのは意味がありませんが、適切にその時弾ける速さから少しずつテンポアップしていくことが必要です。

NG練習3 フォーム改善をしない

人の身体は日々変化します。成長期は顕著ですが大人になっても体型が変わったり、メンタルや身体の調子によってもフォームが崩れることがあります。
少しフォームが変わっただけでも筋肉の使い方が変わるので、常々フォームの見直しが必要です。

専門的なレッスンでの基礎練習の取り組み

ちゃんとピアノを弾けるようになりたい、と言う意思で来られている生徒さんには、フォームや技術が安定するまで1/3から多い時で1/2は基礎練習のレッスンになることもしばしばです。

またお子さんの場合は身体が成長していくため、常々フォームのチェックと改善が必要になるため、基礎練習のレッスンを習慣化しておく必要があります

そしてこれは多少のやる気スイッチを入れる効果もあって、つまらない基礎練習のレッスンから早く抜け出したいから、必死で基礎を身につけるという生徒さんもいます。

実際に、楽曲で注意される技術的な注意は、ほぼ基礎不足が要因なので、基礎に問題がなければ注意されない場合が圧倒的に多いです。

楽曲で弾けていない所や技術面を注意されている人は、正しい基礎練習を積み上げられていない証とも言えます。

まとめ

基礎練習は

  • テクニック強化
  • フォーム改善

が目的で、これらが適切に積めていたら楽曲での技術面の不安は随分と軽減されていきます。

レッスンで取り入れられていない、あるいは独学での基礎練習の積み上げは

  1. 良くないフォームで練習を積み上げてしまう
  2. 客観的な改善の指摘を受けられない
  3. 弾けてないのに練習した気になってしまう

このようなNG練習に陥ってしまいがちなので注意が必要です。

基礎練習に必須のグッズ

ピアノの演奏技術と基礎練習教材

こちらの記事にてピアノの基礎的な演奏技術についてと基礎練習のオススメ教材を紹介しています。

基礎練習教材について深掘り解説

こちらの姉妹サイトで基礎練習教材について、どのような技術の強化に使われているのかを解説しています

独学についての諸記事


楽譜・CD・関連書籍

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです