努力しても上達しない人の5つの特徴【NGな考え方を変えよう】

モチベーション・やる気,ピアノの先生のつぶやき,上達,つぶやき

努力しているのに報われない…

このような悩みを感じていませんか?

一生懸命努力しているのに上達しないと悩んでいる人には根本的な考え方に問題があります。

ここでは努力しても上達しない、努力が報われない人の以下の5つの特徴を解説していきます。

  1. やりたくない事を努力をしている
  2. スキルがないのに高みを目指しすぎている
  3. 他人の目線を気にした努力をしている
  4. 自分の上達をイメージできていない
  5. マニュアルばかりを探している

もしこの中に心当たりのある項目があれば、それを改善すれば努力が実って上達への道が開けてきます。

スポンサーリンク

努力しても上達しない人の5つの特徴【NGな考え方を変えよう】

努力しても

上達しない人の5つの特徴

【NGな考え方を変えよう】

努力が報われない、努力しても上達が出来ない人は、努力をするところがズレてしまっている場合が考えられます。

このズレに気づき改善することで、適切な努力を積み上げることができ上達への道が開けてくることになります。

では5つの報われない努力の特徴を深掘りしていきましょう。

やりたくない事を努力している

やりたくない事を努力することほどの無駄はありません。

やりたくない事に努力をしなければならない状況というのは

  • 親から言われた
  • 先生に言われた

など、自発的でなく圧力によってやらさせられています。

やれば多少は成果が現れるかもしれませんが、モチベーションを保つことが難しい上に、やりたくない事をやり続けるのはストレスがたまり心も病みます

スキルがないのに高みを目指しすぎる

スキルが無いうちに難しい曲に取り掛かろうとすると、ものすごく時間が掛かります。

基礎やスキルアップを積むために必要な時間の積み方ではなく、効率の悪い無駄な時間を積むことになります

難しい曲を弾くためには基本的なスキルの習得が必要ですが、そこを割愛して、いきなり難しい曲に取り掛かろうとすると、かならず技術的な壁にぶち当たります。

バッドの振り方も分からないうちに、バッティングセンターで160キロの投球を打とうと何度もバッドを振り回しているようなものです。

他人の目線を気にした努力をしている

本来はピアノを上達することが目標のはずなのに

  • ○○さんに下手って言われないように
  • 先生に褒められるように

など、一見すごく頑張れる目標に思える他者のための努力をしてしまっていませんか。

これらはピアノが上達することに付随することであって目的そのものにするのは危険です。

他人はコントロールできるものではないため、その時々の情動や状況によってコロコロ変化します。

そんな基準のない評価のための努力は何の意味もないし何も報われません

自分の上達がイメージできていない

いつまでに、これくらい弾けるようになっていよう!という漠然とでも構わないので目標が立っていないと、計画が立てられません。

また、取り組んでいる曲がどんな曲か分からないまま練習することも、先をイメージすることができないので到達点がわかりません。

計画が立てられないと向上のための試行錯誤をする理由が見出せません。

結果ムダな努力の時間を費やすことになります。

正解ばかりを探している

正解ばかりを探す人は不安が大きく依存的な傾向があると言われています。

世の中には正解というものは存在せず、さまざまなヒントがあるだけで正解は自分の中で実験検証して見つけるものです。

誰かの価値観にしか過ぎない誰かの正解を探すのは、正解をくれる人に出会った時に一時的に安心を得ますが、それはマインドコントロールの始まりでもあります。

正解探しをすると思考停止してマインドコントロールされてしまい、どんな努力も結果的に搾取される方向への向かっていきます。

努力が報われ上達へと結びつくためには

努力がちゃんと実るようにするためには、報われない努力の無駄なマインドはいったん封ををするようにすることが大切です。

人の努力は時間が伴うことで無限ではないため、的を得た努力をしなければ報われないということになってしまいます

そのために大切なことは、以下のようにマインドを変えていくことです。

  1. やりたくないなら辞める。やりたいなら好きな曲を練習する。
  2. スキルを磨く…上達は年単位で考える
  3. 自分の上達そのものにフォーカスする
  4. 明確な目標を立てる
  5. 自分で色々やってみて実験検証を繰り返す

あまり上手くいっていないと感じる時、メンタルも下がりがちなので、このようなマインドチェンジはかなり大変だと思います。

しかし努力が報われていな無駄な状態から抜け出すためには必要なことです。

まとめ

上達という成果を得るには、努力というコツコツとした積み重ねがなければ残念ながら得られません。そのコツコツは無限ではないので有効的に適切に積むことが大切です。

考え方を変えるだけでも随分と取り組みが変わってくるので、適切な努力を積み重ねてくださいね。

努力についての関連記事



参考サイト

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです