【ピアニストが実践】譜読みから最短で曲を仕上げるための3つのコツ

練習方法,練習,読譜,ソルフェージュ

今回は私自身も実践をする、譜読みから曲を仕上げるまでの時短に必要なことを3つご紹介します。

譜読みしはじめて

コツコツ練習しているけれど、なかなか曲が仕上がらない…

そんな悩みを感じたことはありませんか?

なかなか仕上がらなくてモヤモヤしている人もいるはずです。

譜読みは実際にはじっくり時間をかけて見る方が、脳に負荷があまりかからず楽だったりします。

時間をかけて譜読みすると色んなことに気づけたりするのでじっくり取り組むのも大事ですが、デメリットとしてはダラダラしがちで仕上がるまでに時間がかかったりもします。

譜読みからなるべく時間をかけずに曲を仕上げていく方法はこんな感じです

  1. 楽譜が頭に入るまで弾かない
  2. 譜読みと同時に暗譜する
  3. 全体を把握してトリアージつけてクリアしていく

では解説していきます。

スポンサーリンク

【ピアニストが実践】譜読みから最短で曲を仕上げるための3つのコツ

【ピアニストが実践】

譜読みから最短で曲を仕上げるための3つのコツ

譜読みのやり方はゆっくりじっくりというのも全然アリです。

ですがここでは

譜読みから仕上がりまでの時短

にスポットをあててお話していきます。

では

  1. 楽譜が頭に入るまで弾かない
  2. 譜読みと同時に暗譜する
  3. 全体を把握してトリアージつけてクリアしていく

深掘りしていきましょう。

楽譜が頭に入るまで弾かない

譜読みの時に必要な作業はこんなこと

  1. 楽譜を見る
  2. 音を聴く
  3. 弾く

3の「弾く」という動作を一旦おいておいて、まず音と譜面を身体に入れていきます。

1つ作業が減るだけで、アタマに音が入っていくスピードが格段にあがります。

譜読みし始めるのと同時に暗譜する

ある程度アタマに音が入ったら弾き始めます。

音が入っている状態だと予測のつく進行や技術の間に合う箇所は難なく弾けます。

でも弾けない箇所というのが出てきます。

それは完全に音が入っていないからなので、そこを憶えていきます。

暗譜する

という事を目標にしておくことで、練習中に無駄にダラダラ弾く回数が減り、かなりスピードアップにつながっていきます。

トリアージつけて片っ端からクリアしていく

暗譜を掲げても、なかなか弾けない所というのがあります。

曲の全体を見て仕上がり程度によってトリアージュをつけて、難しい所や憶えにくい所を優先的に練習するようにすると、かなり効率が上がります。

仕上げを時短するために強化した方がよい能力

上記の3つのコツをさらに効率を上げるためには、ポテンシャルを上げる必要があります。

仕上がりのレベルや時短に必要な能力はこんなもの

  1. ソルフェージュ能力
  2. 楽曲分析能力
  3. 技術的な基礎力

以下に関連記事のリンク貼っておきます。記事内ではポテンシャルアップに必要な教材も紹介しています。

↓ ↓ ↓

まとめ

譜読みから最短で曲を仕上げるための3つのコツ

  1. 楽譜が頭に入るまで弾かない
  2. 譜読みと同時に暗譜する
  3. 全体を把握してトリアージつけてクリアしていく

解説しました。

ポテンシャルが上がってくると簡単なフレーズなら2~3回で憶えて弾けるようになってきます。

ソルフェージュ・楽曲分析・基礎練習はピアノ演奏の向上には欠かせないので、足りないなぁ…と感じる人は是非取り組んでみてくださいね♪

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTubeチャンネル

サイト内関連記事

おすすめ書籍

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです