【ピアニスト直伝】必ず弾きやすくなる左手強化のためのおすすめ教材

2021年1月4日基礎練習,練習方法,練習

今回は弾きやすくなるために必要な左手のトレーニングについてです。

ピアノを演奏していてこんなことはありませんか?

  • 左手がよく外れる
  • 左手の伴奏音型が乱れる
  • 左手の意識が薄い

これらの症状は、演奏の聴こえ方に大きな影響があります。

この記事ではこんなことについてお話していきます。

  1. 左手の技術が右手より劣ってしまうのは何故か
  2. 左手のトレーニングが必要な理由
  3. 左手をトレーニングするメリット
  4. 左手のトレーニングの注意点
  5. おすすめ教材と活用法

では解説していきましょう。

スポンサーリンク

【ピアニスト直伝】必ず弾きやすくなる左手強化のためのおすすめ教材

【ピアニスト直伝】必ず弾きやすくなる左手強化のためのおすすめ教材

左手を制する者は上達する!と言っても過言ではないくらい、ピアノ演奏において重要な左手。

しかし大切なパートのはずなのに、演奏がおろそかになりがちなのも事実です。

そんな左手について以下3つのことを掘り下げていきます。

  1. 左手の技術が右手より劣ってしまうのは何故か
  2. 左手のトレーニングが必要な理由
  3. 左手をトレーニングするメリット
  4. 左手のトレーニングの注意点
  5. おすすめ教材と活用法

左手の技術が右手より劣ってしまうのは何故か

以下のことが理由として考えられます。

  • 右手より動きが少ないことが多い
  • 人の耳が高音を聞く習性があるから意識が薄れがち

メロディーラインや高音を人の耳は聴いてしまうので、どうしても伴奏を担うことの多い低音の左手の意識が薄くなってしまいます。

左手のトレーニングが必要な理由

メロディよりも音量や動きを控えめにする伴奏音型を担うことが多い左手ですが、楽曲中には突如として左手に重要任務がふりかかり、鬼難しいパッセージがやって来ることがあります。

その時に

左手思うように動かないー!!

と感じる事が多いですね。

また、音楽の重要な色付けや骨格部分を演奏しなければならないのは左手にあったりします。

トレーニングが必要な理由はこんなところにあります。

  • 突然の難しいパッセージや重要な音を担う時に対応できるように
  • 普段の意識が薄くなりがちなので常々意識できるようにしておく必要がある

左手をトレーニングするメリット

左手のトレーニングは演奏する上で必要であるというのは勿論ですが、こんなメリットがあります。

  1. 演奏が格段に安定する
  2. ミスが激減する
  3. 音の聴こえ方が激変する

手の感覚も勿論なのですが、音の聴こえ方がものすごく変わります。

音楽がより立体的に深く聴こえるようになるので、再現したい欲求も高まります。

左手のトレーニングの注意点

左手のトレーニングは片手だけで行うため、身体の小さい人は演奏フォームが逆に崩れてしまうことがあります。

また、無理なトレーニングは関節や小さな筋肉を傷めてしまうので、徐々に慣らしていく感じで行うのがよいです。

おすすめ教材と活用法

ベレンス 左手のトレーニング

左手の神エチュードです。

ユーブンゲンとエチュードの2構成になっていて、エチュードの方は曲が耳なじみよい。

難しいパッセージもありますが、どのレベルの人でも導入しやすい短い曲ばかりなので無理なくトレーニングが積めるのが魅力です。

ツェルニー 左手のための24の練習曲

こちらは両手で演奏しますが、左手に技術的な難易度が集約されているものです。

個人的にはあまり楽しくない…と感じてしまいますが、コツコツとゲームをクリアしていくのが楽しい人には合っているエチュードです。

バッハ 無伴奏チェロ組曲

ピアノの練習曲ではありませんが、かずねぇは好んで使っています。

弦楽器特有の音配列がピアノで弾くのは少し難しかったりします。

運指も自分で考えなければならないので難易度は高め。

チェロの雰囲気を楽しみながら、また弦楽器のフレーズなども学べる楽しみがあり、他の楽器の音楽的な表現を学べるという一石二鳥なところが良かったりします。

バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ

ヴァイオリンの無伴奏はチェロよりも機動力があるのでパッセージも細かく難しいです。

運指もかなり工夫しないと弾けないのでかなり難易度は上がります。

ピアノでは普段弾かない音型が多々あるので、手にはかなり刺激的な感じがします。

音域が高いので左手で演奏する時は1オクターブ下げて弾きます。

左手のためのピアノ曲

パルティータ2番のd-moll シャコンヌはブゾーニのピアノ編曲が有名ですが、以下に紹介するブラームスの左手のためのものあります。

館野泉さんの左手のためのシリーズです。

スクリャービン好きにはたまらないノクターンですね。

まとめ

弾きやすくなるための左手のトレーニングについて

  1. 左手の技術が右手より劣ってしまうのは何故か
  2. 左手のトレーニングが必要な理由
  3. 左手をトレーニングするメリット
  4. 左手のトレーニングの注意点
  5. おすすめ教材と活用法

解説しました。

左手を意識的にトレーニングすることでかなり演奏の聴き映えが変わってきます。

なにより自分自身が弾きやすくなるというメリットがありますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

各地で活躍する演奏家とのビデオオンデマンドコンサートです。


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです