【超効果的】上手くなるための効率アップ術 3%→90%に!

モチベーション・やる気,練習,上達

今回は練習の質を上げて吸収力を高め、上手くなるための効率アップ術をご紹介します。

練習の質を上げるために必要な事

  1. 自分が興味が湧く曲を練習する
  2. やらなくていい事はしない
  3. アウトプット(人前で演奏)をする

これらを解説していきます。

スポンサーリンク

【超効果的】上手くなるための効率アップ術

【超効果的】

上手くなるための

効率アップ術

練習は量が必要ですが、ただダラダラとやっていると約3%しか身に付きません。

多少の進歩は有れど3%は効率が悪すぎますよね。

INPUT大全という書籍によると、ある工夫をすることで効率が90%まであがるといわれています。

この書籍の内容を練習に応用した以下の3つ

  1. 自分が興味が湧く曲を練習する
  2. やらなくていい事はしない
  3. アウトプット(人前で演奏)をする

これらを深掘りしていきます。

自分が興味が湧く曲を練習する

脳ミソは自分が必要と思った情報をより多くキャッチするようにできています。

自分の興味が湧く曲を選ぶことで起きやすくなる行動

  • 曲について調べる
  • 弾きたいから練習する
  • 音源をたくさん聴く

こういった行動が自然と増え、練習に対しても具体的な目標設定を立てるようになりやすいので、身に付きやすくなります。

やらなくていい事はしない

余計な情報を排除することで、身につく量の変化がなんと!

3% → 90%

こんなに上がるのです。

やりたくないことや不必要な情報によって消耗するエネルギーはかなり半端ない。

その分をやりたいことに向ける方がグッと生産性もあがります。

アウトプット(人前で演奏)する

一人で練習ばかりしていても、実際にはあまり身に付きません。

大事なのはアウトプットすること。

以下を比較してどちらが身につくと思いますか?

  1. 10曲練習 → 人前で演奏0曲
  2. 3曲練習 → 人前で演奏3曲

これは紛れもなく3曲練習して3曲演奏するですよね。

アウトプットすることは以下の行動があるので、練習の質が必然的にあがります。

  • 練習量が増える
  • レッスンを受けたりしてより深く学ぶ
  • 緊張感と冴えた感覚の中で集中して演奏する

10曲練習することでも身につくことは沢山ありますが、人前で演奏する方が圧倒的に身につきます。

まとめ

効率アップのためには根本的には練習の量は必要です。

量をこなしながら質を上げていくというのがとても重要です。

練習の質を上げて上手くなる効率UPするため3つのこと

  1. 自分が興味が湧く曲を練習する
  2. やらなくていい事はしない
  3. アウトプット(人前で演奏)をする

これらをご紹介しました。

参考書籍

サイト内関連記事

不安・緊張をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で不安や緊張をコントロールできるようになります。

多くの音楽家も実践しています。

【オンラインセミナー】

【おすすめ書籍】

楽譜・CD・書籍はこちら

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】

スタディサプリ・オンライン学習

学校の勉強で分からない所があったらサクッと動画で検索できるスタサプは新しい勉強法です。

練習に時間を取りたい人には効率よく学べてピッタリです。

オンライン家庭教師

一人で勉強するのは苦手…一定時間は先生にみっちり指導して欲しい。

そんな人にはマンツーマンで指導してもらえるオンライン家庭教師がオススメです。

まずは無料体験から!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです