【プロ音楽家が3分で解説!】上手くなる人の特長10選

ピアノ弾きのつぶやき,上達,つぶやき

どんな特長を持った人が演奏が上手いのか、気になりませんか?

この人上手いなぁと思う人、上手くなるなぁと感じる人には共通した特長があります

  1. 継続力がある
  2. 突き詰め方と妥協のバランスがいい
  3. 聞く力がある
  4. 楽曲を理解する能力がある
  5. 基礎を怠らない
  6. 取り敢えずやってみようとする
  7. アウトプットを怠らない
  8. 失敗を恐れない
  9. 質問が的を得ている
  10. 音楽が好き

以上10選をサクっと3分で解説します。

スポンサーリンク

【プロ音楽家が3分で解説!】上手くなる人の特長10選

すべてが当てはまるわけではありませんが、プロ音楽家の殆どが持ち合わせている特長でもあります。

何かをやり抜くためのヒントになるかもしれませんよ。

では以下深掘りしていきましょう!

継続力がある

継続力は努力が出来るということです。継続力がある事で上手くなる理由は以下。

  1. ブレークスルーするまで練習できる
  2. 諦めずPDCAサイクルをまわせるので結果的に上手くなる

突き詰め方と妥協のバランスがいい

突き詰めすぎると出来るまで人前で弾かないという方向へ行く場合もありますが、突き詰めるところ、今のところはこの辺で、という妥協のバランスがいい事で、多くのチャレンジが出来ます。

聞く力がある

他人のアドバイスや有益な情報をキャッチする能力が高いです。

楽曲を理解する能力がある

ノリや感覚も演奏する上で大切なのですが、それを他人に伝えるためには理論的な理解も必要。

理解して初めて人に伝えることができます。

基礎を怠らない

どんなに表現をしたくても、表現ツールがポンコツだと何も伝わりません。

基礎の積み上げが音楽表現に欠かせない事を理解して積み上げることを怠りません。

取り敢えずやってみようとする

取り組みたい曲や、表現したいと思った音楽を、取り敢えずやってみようとします。

やってみないと、改善することや何を勉強したらいいかがわからないので、これがないと上手くなれないですね。

アウトプットを怠らない

演奏は表現なので、誰かに聴いてもらい反応を得ることで、また次に何をすると良いかが見えてきます。

フィードバックを得るために演奏する(アウトプットする)ことを日常化しています。

失敗を恐れない

失敗しないと学べないことも多いので、失敗しない方が奇跡だと分かっています。

質問が的を得ている

質問がどこの何をどう知りたいという事が明確です。

というか質問する以前に自分で分かろうとするし、確認程度であることが殆どです。

音楽が好き

結局は好きであるか。

薄っぺらい好きとは違って、必要であるというニュアンスでの好きですね。

まとめ

上手くなる人の特長を3分で読めるものとしてまとめてみました。

実際に演奏が素晴らしいと感じる人の多くが、これらの特徴の多くに当てはまるものがあります。

考え方を変えるだけでも上手くなる道は開けると思います。是非取り入れてみてくださいね。

サイト内関連記事

音楽家も実践するマインドフルネス

演奏に必要な集中力や本番適応力はマインドフルネスによって得ることができます。今に集中することで不安から解放されます。オンラインセミナーもありますので興味があったらいかがですか?

関連書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】

オンライン学習

学校の勉強で分からない所があったら、サクッと動画で検索できる。業界人気No.1のスタサプ

【スタサプ小中学生講座】

【スタサプ大学受験講座】

オンライン家庭教師

一人で勉強するのは苦手と言う人はオンライン家庭教師がおすすめ。自分に合ったペースで指導してもらえるので安心ですね。

まずは無料お試し。あなたに合った先生にきっと出会えます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです