【実例】レッスンをやめたい・長期休みをしたい時の伝え方

2019年11月30日ピアノの先生のつぶやき,つぶやき

今回はレッスンをやめたい・長期休みしたい時の伝え方です。

先生にも人間性や個人差がありますのですべてに当てはまるわけではありませんが、実際に遭遇したやめ方の実例を含めてご紹介していきます。

物理的な事情による場合は辞めやすいですね。

でも先生と合わない、ピアノが好きじゃないなどの理由の場合

  • レッスンをやめたいけどどう伝えればよいのだろう…
  • きっぱり言うのは躊躇する
  • やめるのではなく長期休みという形で何となくやんわりと離れたい

このように悩みますよね。

ミャウジ
ミャウジ
先生を変わりたい時とかも、やめるって選択をしてから移る人もいるね。
先生や生徒の人間性も大きく影響することだね。
かずねぇ
かずねぇ

この記事では

  1. 生徒側からやめる時
  2. 先生側からレッスンをやめて頂く時

これらを実例をもとに紹介していきます。

スポンサーリンク

【実例】レッスンをやめたい・長期休みをしたい時の伝え方

【実例】レッスンをやめたい・長期休みをしたい時の伝え方

習い始めるよりもやめる時というのはデリケートになります。

そしてなるべく揉める事なく辞めれるのが理想だと思います。

そして他の人はどのようにしているのかも気になる所ですね。

では生徒側からと先生側からの離れ方を実例を交えて見ていきましょう。

生徒側からやめる時

生徒側からのやめたり長期的な休みを取りたい時に聞く理由はこんなことが多いです。

  1. 何かの節目
  2. 物理的な事情
  3. 体調理由
  4. 家庭問題
  5. その他

1.何かの節目

以下のような理由。また事情が変われば戻ってこれる余白がある。

  • 学年が変わる
  • 学校を卒業する
  • 結婚する
  • 就職する

2.物理的な事情

  • 引越し

3.体調理由

  • 持病の悪化
  • 病気やケガ

4.家庭問題

  • 介護
  • 看病
  • 反抗期
  • 家族問題

5.その他

  • 休みがちになりフェイドアウト

表向きの理由とは違う本当の理由

表面的な辞める理由の裏に、こういう事情があるようです

  • 先生の指導力や人間性に疑問を感じている
  • 根本的な価値観が変わってしまった

先生に疑問を感じたからと言って先生側だけに問題があるわけではありません。

関係性が上手くいかない時「先生が悪い」と責めたくなる気持ちは否定しませんが、

受け取る生徒側と先生側の価値観の違いということが原因の場合も少なくないです。

先生はどう感じているか

環境が変わることが一目瞭然な理由の場合は、辞める理由としては軋轢がなく再開の可能性も残っています。

理由はいずれであれ

  • 自分の気持ちが原因で辞めたいのか
  • やむなき事情で辞めざるを得ないのか

は伝わっています。

家庭問題が絡んでいる事もあるため、先生側からやめて頂く方向で働きかける事もあります。

先生側からやめて頂くとき

先生の多くがどんな事情の生徒さんであっても

ピアノを習いたい!

と思ってきている生徒さんそれぞれを大事にレッスンされています。

人間なので相性もありますが、あまりにも耐えかねてやめて頂く決断をするのは以下のような理由です。

  1. 時間とお金にルーズ
  2. 早朝深夜構わず情動的な連絡をしてくることが頻繁
  3. 他の生徒さんに対する迷惑行為が顕著
  4. モンスター親子

1.お金と時間にルーズ

これはピアノレッスンに限らず、社会的にアウトですが時々出没します。

お金と時間に対する言動は、人を信用するかどうかの基本中の基本です。

ものすごいストレスがかかるので

辞めて欲しいな…

と思う一番の理由です。

発達障害などの理由でコレがちゃんとできない人は、ちゃんと診断を受けて相手に理解を求める必要があります。

2.早朝深夜構わず情動的な連絡をしてくることが頻繁

昨今LINEなどのツールによって、先生と生徒の距離が近くなり連絡しやすくなりました。

気軽に先生とコンタクトを取ったりまた電話などで相手の時間を搾取することは軽減できるようになりました。

しかしポンとメッセージを送れてしまうので自分の気持ちが収まらないなどで、感情的なメッセージを送ってくる人がいます。

ある程度の対応をしたり、スルーしたりはしますが、社会的な信用度はガタ落ちです。

先生はお母さんではないし、友達でもありません。

こういう線引きのできない方は、関わりたくないなというのが先生側の本音です。

3.他の生徒さんに対する迷惑行為が顕著

生徒さん同士のマウントというのは、見て見ぬふりをすることも多いです。

また先生側の接し方にも原因があって、マウント合戦が始まることがあります。

あまりにも迷惑行為的なマウントがあったり、明らかに営業妨害だったりした場合は、辞めて頂く選択をせざるを得ません。

4.モンスター親子

先生のキャパシティにもよりますが、社会的にアウトな行動を取る方は注意や指摘をしても改善の兆しがない場合はやめて頂くしかありません。

一見正当な理由のように不満を主張したりするばあいもありますが、辞めて欲しいと思うような相手はこういう性質があります。

  • テイカー(搾取する人)
  • マニピュレーター(心を操作して攻撃)
  • クレーマー(言いがかり)

この3タイプについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

先生側からやめて頂くときのリスク

先生側からのやめて頂く場合は実際にハラスメントである場合もあります。

またそのつもりがなくてもハラスメント判定を受けてしまうことがあります。

レッスンの時はその生徒さんのお時間なので真摯に個人に向き合いますが、すべてを平等な内容で公平にレッスンをするというのはこういう理由で無理だったりします。

  • 個人によって性格がちがう
  • 楽曲のレベルが個々にちがう
  • 先生にも好みがある

対人間なので、どうしても相性があります。

昭和平成初期にはこんなことはざらでした

  • 練習出来ていないから追い返される
  • 礼節なってなければ晒し
  • レッスン時間の不平等
  • 先生のお気に入りランキングの晒し
  • やらかしたら「破門」

マインドコントロールされる事も多かったように思います。

現在はコンプライアンスの問題もあったり、またSNSの普及によって、こういった先生側の行動はすぐに拡散されてしまいます。

いい意味ではハラスメントの抑制になりますが、それをいいことに生徒側からの逆ハラスメントも横行しやすくなっている状況。

大変難しい問題です。

伝え方

どんな理由や事情であったとしても、やめると決めた時はちゃんと伝えることが大事。

  • 相手に判断をゆだねない
  • 他罰的にならない
  • 誠意をもって伝えたと自分自身で思えるように伝える

その時はストレス掛かりますが、どこでどういう人間関係がつながっているかわかりません。

行動の責任を取れたと自負できるように、なるべく後を引かないようにやめる。

生徒側のやめ方のポイント

どうしても伝えることが出来ない場合はレッスンの間隔をあけながら、フェイドアウトしていくという方法もあります。

察してくれる先生もいれば、まったく察することなく連絡を取ってくる先生もいるでしょう。

しかし自分自身の目的が「やめる」という事に照準を当てているなら、連絡をしないという方法を取るしかありません。

また先生を変わりたい時は、先生側が察して次のステップの先生を紹介して下さる場合もあります。

多くが音楽高校や音大芸大の進学を考えていない限り、なかなか変わることは難しいですね。

そういう場合はいったん辞める選択をして新たに先生を探すという方法を取らざるを得ません。

先生側のやめて頂くときのポイント

立場的に生徒側を非難してしまいがちですが、非難したり高圧的になると水掛け論にしかなりません。

自分では対応できないから対応して頂ける他の先生を探してくださいとお伝えし、他の先生を紹介して欲しいと言われた時には丁寧にお断りするしかありません。

まとめ

習い始めもやめる時も種類は違えどドキドキするような対応が必要ですね。

でもそこを通過しなければ次のステップには進めません。

もしすこし嫌な気持ちになるようなことが起こってしまったとしても、それを次の経験に活かせればよいので、自分の心に正直に、誠心誠意の言葉で辞めることを伝えるというのが大切です。


サイト内関連記事

おすすめ記事

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習

こちらのnoteではゲーム感覚で基礎力UPできる基礎練習の様々なメニューと練習方法や取り入れ方、カスタマイズ方法などを動画付きで詳しく解説しています。

一部無料の記事と基礎練習の取り入れ方の動画(約8分)を公開しています。

無料でご紹介の練習を取り入れるだけでもかなり基礎練習のボリュームアップになりますので、よかったらこちらの記事と動画をご覧ください。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

シェアよろしくお願いします

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

【リメイク版 前奏曲全24曲+小品】

【公演版 インタビュー付き】

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインのみ承っています。習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方に多くご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き

Contact フォームよりお問合せ下さい


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」