スポンサーリンク

レッスンをやめたい・長期休みをしたい時の伝え方

2019年11月30日ピアノの先生のつぶやき, つぶやき

色んな理由でレッスンをやめたい、きっぱりやめるのではなく長期休みという形で離れたい時、どうすればよいのだろうと悩まれる人は多くいると思います。

ミャウジ
ミャウジ
先生を変わりたい時とかも、やめるって選択をしてから移る人もいるね。
先生や生徒の人間性も大きく影響することだね。
かずねぇ
かずねぇ

習い始めるよりもやめる時というのはデリケートな問題ですね。なるべく軋轢がないことを望む人が殆どでしょう。また他の人はどのようにしているのかも気になる所ですね。では生徒側からと先生側からの離れ方をいくつか見ていきましょう。


スポンサーリンク

生徒側からやめる時

生徒側からのやめたり長期的な休みを取りたい時に聞く理由は以下。

何かの節目

以下のような理由。また事情が変われば戻ってこれる余白がある。

  • 学年が変わる
  • 学校を卒業する
  • 結婚する
  • 就職する

物理的な事情

  • 引越し

体調理由

  • 持病の悪化
  • 病気やケガ

家庭問題

  • 介護
  • 看病
  • 反抗期
  • 家族問題

その他

  • 休みがちになりフェイドアウト

辞める理由に裏があるとき

  • 先生の指導力や人間性に疑問を感じている
  • 根本的な価値観が変わってしまった

先生はどう感じているか

環境が変わることが一目瞭然な理由の場合は、辞める理由としては軋轢がなく、再開の余白もあります。理由はいずれであれ、内的要因で辞めたいのか外的要因で辞めざるを得ないのかは伝わっています。内的要因に家庭問題が絡んでいる事もあるため、先生側からやめて頂く方向で働きかける事もあります。

先生側からやめて頂くとき

多くの先生が、どんな事情の生徒さんであっても、ピアノを習いたいと思ってきている生徒さんそれぞれを大事にレッスンされている方が殆どです。人間なので相性もありますが、あまりにも耐えかねるような状況は以下のような理由です。

辞めて頂く理由

  • 時間とお金にルーズ
  • 早朝深夜構わず情動的な連絡をしてくることが頻繁
  • 他の生徒さんに対する迷惑行為が顕著
  • モンスター親子

先生のキャパシティにもよりますが、社会的にアウトな行動を取る方は、注意や指摘をしても改善の兆しがない場合はやめて頂くしかありません。

先生側からのやめて頂く理由は、先生から生徒に行われれば重大なハラスメントであり、やめる理由につながります。

伝え方

どんな理由、事情であったとしても、やめると決めた時は、相手に判断をゆだねず、自分自身の判断で誠意をもってやめる理由を伝えることが大事です。

生徒側

どうしても伝えることが出来ない場合は、レッスンの間隔をあけながら、フェイドアウトしていくという方法もあります。察してくれる先生もいれば、まったく察することなく連絡を取ってくる先生もいるでしょうが、自分自身の目的が「やめる」という事に照準を当てているなら、連絡をしないという方法を取るしかありません。

また、先生を変わりたい時は、先生側が察して次のステップの先生を紹介して下さる場合もありますが、多くが音楽高校や音大芸大の進学を考えていない限り、なかなか変わることは難しいでしょう。そういう場合はいったん辞める選択をして新たに先生を探すという方法を取らざるを得ません。

先生側

立場的に生徒側を非難してしまいがちですが、非難したり高圧的になると水掛け論にしかなりません。自分では対応できないから対応して頂ける他の先生を探してくださいとお伝えし、他の先生を紹介して欲しいと言われた時には丁寧にお断りするしかありません。

まとめ

習い始めもやめる時も種類は違えどドキドキするような対応が必要で、そこを通過しなければ次のステップには進めません。

もし何某かの軋轢が起こってしまったとしても、それを次の経験に活かせればよいので、自分の心に正直に、誠心誠意の言葉で辞めることを伝えるというのが大切です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです