スポンサーリンク

ピアノを弾くための手の3つの特徴

ピアノ弾きのつぶやき, つぶやき

人の手は解剖生理学的にはあおむけになった時、手のひらが上を向いているのが正位とされています。しかしピアノ演奏では180度ねじった状態で手を使うため、長期的にねじれた状態を保っているピアニストの手には様々な特徴的な変化があります。

ミャウジ
ミャウジ
へぇ、ねじれているんだ!だから肩こりとかになっちゃうんだね。
もともとの骨格によって差はあるんだけど、手の形も変形するんだよ。職人の手って感じだよね。
かずねぇ
かずねぇ

ピアニストの手には大きく3つの特徴が見られます。いったいどういった特徴があるのでしょうか。以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

ピアニストの手

ピアニストの手

①親指

ピアノ楽曲において、特にロマン派以降の作品では親指を根元から動かしたり、腕の重さをダイレクトに支えるために指先の指紋側が鍵盤に付くようなテクニックが必要になります。

親指は本来はつかむための指で、ピアノを演奏しない人は付け根から手のひら側に入って握ることを容易にするような形になっています。

しかしピアニストは常々親指を上下左右に動かしているため手首のあたりから持ち上がった状態で筋肉がついています。そして爪がピアノを弾かない人に比べて上向きの傾向がみられます。

また親指の付け根から手が広がっているので、女性用の手袋などは着用するとすぐに親指の手のひら側が破れてしまいます。もっぱら軍手のような形のものか、伸びる素材の手袋しか着用できないという不便さを味わっています。

②小指

小指は本来はバランスを取るための指で、お箸や鉛筆をもってみてもわかるように、しっかりつかんでいる親指人差し指中指とは違って添えて使う事が殆どです。

しかしピアノ演奏においてはメロディーラインやベース音など、しっかりと音を出さなければならない指なので、それに耐えるように進化しています。また長さの違う指々を水平な鍵盤に対して均等に手を置かなければならないので第2関節から外向きに少し変形している傾向が見られます。

③手の甲

ピアニストの手の甲は、ピアノを演奏しない人に比べて小指と薬指側が持ち上がり、構えた時、鍵盤に対して水平な状態に発達しています。これは小指や薬指を独立した動きや腕の重さに耐えるように訓練し続けると、指を支えている手の甲の筋肉がそのように発達していくからです。

またハードなトレーニング中のピアニストには、小指の付け根から手首に欠けての側面に、力こぶが見えるほどの筋肉がつきます。

まとめ

ピアニストに限らずですが、楽器弾きにはそれぞれの楽器を演奏を長年続けたが故の体の変形があります。もともとの骨格や、また体の使い方のクセが違う人もいるので、すべてのピアニストが上記のイラストのような手の形をしているわけではありませんが、変形したり発達する場所はだいたい図の①~③の箇所です。

親指と手の甲をみれば、その人のテクニックがどれほどなのかが顕著に見て取れます。ビデオやコンサートなどでピアニストの手に注目してみるのも一つの鑑賞の楽しみとなるでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです