スポンサーリンク

指が回らない・ミスタッチをすると訴える人の3つの共通点

基礎練習, 練習方法, ピアノの先生のつぶやき, 練習

練習しているのに指があまり回らない、どんなに練習してもミスタッチをすると訴える人がいます。どちらも技術的な問題です。

ミャウジ
ミャウジ
指が回らないってのはあんまりないけど、練習不足だと手に違和感はあるなぁ。
どっちも技術的な問題だから、一口に言えば練習不足なんだけど、重大な問題点があるんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

同じ練習時間でも出来る人もいれば出来ない人もいるというのは、練習時間だけでは解決できない問題点があるようですね。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

基礎練習が足りてない

楽曲の練習は積んでいてそれなりの時間を費やしている場合でも、基礎練習をしていなければ演奏の安定感は得られません。楽曲というのは技術的な練習に十分足るわけではなく難しい所は局所です。その場所だけを部分練習したとしても、基礎的な練習で指を整えることをしておかなければ、ちょっとしたことで基礎力不足が露呈してしまいます。

基礎力の貯金がない

そもそもの基礎力が足りていない場合は、付け焼刃的に基礎練習をしても限界があります。日々基礎練習を積んでポテンシャルを上げていくしかありません。基礎力の向上には年単の積み重ねが必要です。

基礎練習のやり方に問題がある

一時的に基礎練習をやったとしても、練習をやらなければ残念ながら基礎力は落ちていきます。また少量の基礎練習や偏ったパターンだけの基礎練習も、技術力UPにものすごく効果を感じる事はないでしょう。

改善策

指が回らないことやミスタッチが減らない事を本気で何とかしたいのなら、毎日基礎練習を一定時間積むことを継続するしかありません。特に譜読み段階は技術力が落ちてしまいがち。そして本番前も楽曲練習に時間を割くため基礎練習が足りなくなることがあります。

まとめ

技術面の悩みを訴える人の多くが、具体的な改善策を知らない、あるいは知っていたとしても実行しないという特徴があります。

残念ながら技術の問題は、練習の質と量の両方が伴わないと改善できません。出来ない理由の言い訳をしてしまった段階で改善は見込めないし、本気で上達したい、上手くなりたいと思うのなら、適切なメニューで基礎練習を一定時間キープし続けるしかありません。

基礎練習の本

全訳ハノンピアノ教本
created by Rinker

基礎練習・エチュードの諸本の紹介と活用法の記事はこちら

【姉妹サイト】

【内部サイト】


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです