【伝わらないのは何故?】生徒に伝わらない・先生の言っていることが理解できないのは「認知特性」の違い

2019年12月21日レッスン,心理学・脳科学,人間関係,言語

今回は

伝わらない!

についてのお話です。

こんな方は必読です!

  • 一生懸命伝えているのに伝わらない…
  • 理解しようとしてるけど、先生が何を言っているのか分からない

これは「認知特性」の違いによって起こっているのかもしれません。

ミャウジ
ミャウジ
素晴らしい指導だ!という噂で受けたレッスンでも、共感する時と、僕にはよくわからないってことがあるなぁ。
人にとって素晴らしいが自分にとって素晴らしいとは限らないのは、認知特性の違いも大きく関わっているんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

伝わる伝わらない、よく分かる分からないのは認知特性の違いが原因の一つ。

何が違うのか

が分かれば理解するための一つのツールになりそうですね。

この記事では以下を解説していきます。

  1. 認知特性とは
  2. 特性ごとの理解と記憶の方法
  3. 特性の違いによって起こること
  4. 伝える上での注意点
  5. 子どもの教育に必要なこと

スポンサーリンク

【伝わらないのは何故?】生徒に伝わらない・先生の言っていることが理解できないのは「認知特性」の違い

【伝わらないのは何故?】生徒に伝わらない・先生の言っていることが理解できないのは「認知特性」の違い

伝わらない

理解できない 

理由が分からないとイライラしてしまいますよね。

これは認知特性の違いが大きく関わっています。

何故伝わらないのか。

何故理解できないのか。

コレを知ることで対策を取ったり歩み寄ったりすることができます。

ではさらに深掘りしていきましょう。

  1. 認知特性とは
  2. 特性ごとの理解と記憶の方法
  3. 特性の違いによって起こること
  4. 伝える上での注意点
  5. 子どもの教育に必要なこと

認知特性とは

人が理解するルートは大きく分けて視覚・言語・聴覚の3つ、それぞれに2つのパターンがあり、6つの特性に分けるという考え方です。

まず特性はこの3つ。情報の入力をどの感覚を優位にしているかで分けられています。

  1. 視覚優位
  2. 言語優位
  3. 聴覚優位

それぞれ2つずつのタイプと理解の仕方

1. 視覚優位

  • 二次元写真タイプ:情報を写真や絵としてとらえる
  • 三次元映像タイプ:空間や時間軸をつかって理解する

2. 言語優位

  • 言語映像タイプ:文字や文章を映像化して理解する
  • 言語図式タイプ:文字や文章を図式化して理解する

3. 聴覚優位

  • 聴覚言語タイプ:文字や文章を音でとらえる
  • 聴覚音楽タイプ:情報を音楽的なイメージでとらえる

特性ごとの理解・記憶方法

以下は各特性の理解や記憶、勉強法として知られている一例です。

  1. 二次元写真:絵や写真に結び付け、落書きを書く
  2. 三次元映像:記憶を映像でたどる
  3. 言語映像:言葉をイメージに変換する
  4. 言語図式:情報整理してノートを書く
  5. 聴覚言語:耳から音そのものとして憶える
  6. 聴覚音楽:耳から音をメロディーにして憶える

特性の違いによって起こること

特性の違う者同士は、理解するルートが違うために理解する過程の説明が伝わりにくい、あるいは理解するためにかなりの認知負荷がかかってしまいます。

例1

言語図式タイプの人が演奏するための方法論をどんなに言葉を尽くして説明したとしても、聴覚タイプの人には情報処理の共通項が少ないため伝わりにくいものがあります。

例2

聴覚タイプの人が言語タイプのひとからそのように演奏するにはどうしたらよいのかのような質問を受けた場合、言語化して説明するにはかなりの訓練が必要であったり、演奏して見せて伝えるという方法を取らざるをえなかったりします。

伝える上での注意点

音楽家は普段の脳の領域の使っているところが関係していて聴覚優位者が圧倒的に多い。

他の職業や他の専攻がありつつ音楽を習う人にレッスンをする時などは特に、他の特性についての理解が必要となります。

また、それぞれのタイプはくっきりと6タイプに分かれているわけではなく、複数のタイプが混在していることもしばしばで、どのタイプの傾向が強いかということになります。

子供の教育に必要なこと

子供は言語による理解が難しいので、伝える時に雰囲気や演奏を聴かせたり全身を使って表現する必要があります。

それでも言語の理解が出来るようになった時のために以下のような言語化をして伝えておく必要性があります。

  • この感覚は言語での表現はこうである
  • この感覚は視覚的な感覚の人にはこうである

将来的にその子の特性が言語優位であれば、音や音楽に対する言語への結びつきがより容易になります。

また聴覚や視覚優位であったとしても、自分の感覚が言葉にすればこうなるというモデルケースが蓄積されるので、大人になった時のレッスンへの有益な準備となります。

認知特性簡易診断

認知特性の簡単な診断ができるサイトです。

本田40式認知特性テスト(DLエクセルデータ)

本田35式認知特性テスト(Web診断)

まとめ

特性の違いが原因なのに、伝わらない事に対してフラストレーションを抱えてしまうのは辛いですね。

イラっとする前に上記の特性を知ることで解決策をみつけるきっかけになります。

伝え方を変えてみたり理解の方法が違うのかもしれない。

そう考えることで、自分が理解できる方法探すことができます。


【姉妹サイト 関連記事】

【参考サイト】


ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

かずねぇの基礎練習を公開しました。

退屈しがちな基礎練習をゲーム感覚で出来るバリエーションを紹介しています。

動画など順次加筆予定です。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き。

Contact フォームよりお問合せ下さい


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」