【簡単に音楽になる!】古典派ソナタの押さえておく3つのポイント

楽曲分析,和声,練習方法,練習,読譜,上級者向け

古典派は「形式」がとても簡潔で分かりやすいのが特徴です。

この時代の作品で楽曲の読み方を学んでおくと、ロマン派やそれ以降、またバロック音楽への理解も広がります。

この記事では古典派ソナタを演奏する時に必要な下準備を以下3つ解説します。

今回は古典ソナタに取り組むときに「コレをおさえておくといいよ!」という3つを解説していきます。

  1. ソナタの構成を分かる
  2. 機能和声を理解する
  3. 転調を分かる

ざっくりとこの3つを押さえて分析しておくと8割がた音楽になります。

スポンサーリンク

【簡単に音楽になる!】古典派ソナタの押さえておく3つのポイント

【簡単に音楽になる!】古典派ソナタの押さえておく3つのポイント

古典派のソナタは音楽の形式や楽曲分析のやり方を学ぶのに最適です。

形式やさまざまなルールが比較的分かりやすいのが特徴。

なので逆を言えば、形式を分かっていなければその音楽にならないということです。

ではソナタを学び演奏するために必要な3つのポイントを深掘りしていきましょう。

  1. ソナタの構成を分かる
  2. 機能和声を理解する
  3. 転調を分かる

ソナタの構成を分かる

ソナタは提示部・展開部・再現部という形式で書かれています。

図解するとこんな感じです。

提示部と再現部は同じ「パン」という素材です。

よく「サンドイッチ」に例えられることがあるのですが、調整や若干フレーズに変化があるので、その違いをここでは「バンズ」に例えています。

展開部は味がギュッと凝縮されたハンバーグなどの具です。

他の提示部や再現部と比べてこんなところが一般的には特徴です。

  • こまかく変化する
  • 要素が多い
  • 経過的な転調をする

機能和声を理解する

古典派はの時代は和声を体系化することでシンプルに分かりやすいものにしました。

機能和声における和音の役割や色合い、相互の力関係を理解することで、

どうやって演奏したらよいか

が分かるようになります。

各和音の機能のキャラはこんな感じ。

このキャラが分かることによって自然に聴こえる音楽を作っていくことが出来ます。

  • D(ドミナント)⇒T(トニック)の進行でほっとした感じで弾くこと
  • サブドミナント(S)はD→T 進行を滑らかにやわらげる
  • サブドミナント(S)は音楽に様々な色付けをすること
  • ドミナントには緊張感・トニックには安定感

転調を分かる

曲の途中で雰囲気が変わるのの一つが「転調」です。

調性には「色」があります。

それが少しかわるのか、ガランと変わるのかによって表現も変わってきます。

少しかわるものは「近親調」、ガランと変わるものは「遠隔調」に転調しています。

近親調は共通の音が多い調、遠隔調は共通の音が少ないので変化の仕方が違います。

例えるならこんな感じ

似たような名前なのか、全く別の名前なのかというのに例えることができます。

楽曲中の「転調」のポイントをしっかりと変化を表現することで、かなり音楽の表現が「らしく」なります。

まとめ

8割は音楽になる古典ソナタの押さえておくポイント

  1. ソナタの構成を分かる
  2. 機能和声を理解する
  3. 転調を分かる

解説しました。

楽曲分析はこの3つのポイントをふまえて行います。

形式で出来ている音楽は「ノリ」や「感覚」だけでは理解できないので、ちゃんと構造を分かってから感覚に落とし込むことが大事です。

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

かずねぇの基礎練習を公開しました。

退屈しがちな基礎練習をゲーム感覚で出来るバリエーションを紹介しています。

動画など順次加筆予定です。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで、習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

詳細・レッスン料は Contact フォーム よりお問合せ下さい


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ