スポンサーリンク

譜読みが遅い人の3つの共通点

読譜, 練習, ソルフェージュ

譜読みが苦手、または譜読みに時間が掛かり音やリズムの読み間違いも多くて悩んでいる人には、いくつかの共通点があります。

ミャウジ
ミャウジ
譜読みって大変だけど新しい曲弾く楽しみはあるな。でも時間が掛かったり読み間違いがあると気分は下がっちゃうな。
譜読みのスピードと正確性があがると沢山の曲が見れるよね。譜読みの遅い人や間違いの多い人には共通点があるんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

譜読みの遅い人にはどんな共通点があるのでしょうか。そこが分かれば改善してスピードアップできそうですね。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

ソルフェージュ能力不足

ソルフェージュは楽譜を読む力をつけるためのもので、比較的読譜が容易で短い楽曲の楽譜を数多く読んだり書きとったりする訓練をします。

ソルフェージュの訓練によって様々な音型やリズムパターンが蓄積され、楽譜を見た時に瞬時にどのような音が鳴り、どのようなリズムであるかということが分かるようになります。

ソルフェージュ能力が足りていないと、これらの蓄積パターンが少ないため、譜読みの時につまづく箇所が増えるため時間がかかり、また間違いにも気づきにくい。

【ソルフェージュ能力UPの手始めに】

基礎力不足

楽器演奏における基礎は、楽曲内にしばしば出てくる音型…スケール・アルペジオ・トリル・重音・和音などに特化した基礎練習を積むことで身についていきます。

これらの基礎が足りていないと、弾けるようになるための運指を確認することに時間がかかったり、楽譜上の音型を指の動きに変換することにも時間が掛かります。ゆえに譜読みのスピードが落ちてしまいます。

【基礎練習の必須教材】

全訳ハノンピアノ教本
created by Rinker

基礎練習の諸本と基礎練習についての記事はこちら(姉妹サイト) 
ピアノ弾きのあれこれちょっと ⇒ 基礎練習の本

音源を聴いていない

その楽譜が音になった状態を知っておくことは、読譜の時短には欠かせません。視覚情報だけでなく聴覚と視覚を結び付けて楽譜を読むことで、脳は自分が演奏していると勘違いしてくれるという人間の脳の特性を生かすと、多少楽に譜読みが出来ますが、視覚だけに頼った譜読みはどうしても時間が掛かってしまいます。

まとめ

譜読みが遅いと悩んでいる人はソルフェージュや基礎力アップに取り組んでみましょう。最初はあまり実感がないかもしれませんが、3か月ほどすると譜読みのスピードアップを少し実感することが出来ます。そして継続的にこれらの能力のアップに力を注げば譜読みのスピードは格段に上がります。

ブログ内の譜読み関連記事

  1. 最も楽で結果的に時短になる譜読み4ステップ
  2. ソルフェージュ能力が露呈する3つの案件
  3. 譜読みをスピードアップさせる3つの方法
  4. 譜読みで大切な3つのポイント

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです