スポンサーリンク

ピアノ上達には練習の質?それとも量?【量質転化の法則】

2020年1月23日レッスン, ピアノ教育, ピアノの先生のつぶやき, 練習方法, 練習, 上達

練習はが大切なの?
それともやっぱり
をこなさなければ
ならないの?

こんな疑問を持ったことはありませんか?はたして上達には質か量かという二元論は当てはまるのでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
量も質も大事だと思うけど、量質転化の法則って何だろう?
量質転化の法則って、楽器弾けるようになるのにも当てはまる法則だよ。
かずねぇ
かずねぇ

忙しい昨今、練習は「」だ!考える人も多く、時間をかけずに弾けるコツを求める傾向があります。でも「」も大切なんだよということを説明するのに「量質転化の法則」というのがありますので、お話していきますね。

この記事で分かること

1.量質転化の法則について
2.上達に必要なのは練習の量と質

スポンサーリンク

ピアノ上達には練習の「量」か「質」か

ピアノやその他の楽器の上達には練習は欠かせません。

練習は時間が掛かるものです。しかし忙しくしていると十分には練習できない人もいるでしょう。

そうなった時にどうしても練習の「質」という部分だけにフォーカスして情報を集めたくなりますよね。

しかし残念ながら「質」だけで上達できるスキルはありません。

第一線でバリバリ演奏する人、コンクールや受験で成功する人の100%が質の高い圧倒的な練習量をこなしています。すなわち量と質どちらも兼ね備えているわけです。

それは才能なんじゃないか?
量をこなしても
質の高さには
つながらないんじゃないか…

そんな疑問もあるでしょう。そこで知って欲しい考え方が「量質転化の法則」です。

量質転化の法則って何?

量質転化の法則とは、量をこなすことである一定量に達したときに質に変化するという現象のことです。

もとは物理学用語の相転移からきています。

相転移

物質が化学的、物理的に一様であるとき、その均質な部分を相と呼ぶが、一般に物質は例えば水(液相)が氷(固相)になったり水蒸気(気相)になったりするように、温度や圧力などによって異なる相をとる。このように、物質がある相から異なる相に移ることを相転移または相変化という。単に転移ということもある。また相転移の起こる温度、圧力などを転移点と呼ぶ。(後略)

引用元:世界大百科事典 第2版

簡単に言えば、ある一定の状態になんらかの力をかけ続けたら、ある時パッと違うモノになることです。

量が質に転化されるとは

練習をしていてずっと弾けていなかったのに、ある時パッと弾けるようになった。というような経験はありませんか?

これを質量転化の法則になぞらえて言うと、一定の練習量をこなしたことによって、弾けるようになるという質的な変化をもたらしたと言えます。

なぜ量が質に転化されるのか

例えば新しい曲を始めるとしましょう。

しかし最初はまだ弾けません。何故なら…

  1. 曲を把握していない
  2. 身体に音が入っていない
  3. 運指が決まってない

など練習を積まなければクリアできない課題があるからです。

曲を弾き始めてしばらくは、弾けない所や難しい所でのミスなどの失敗が多くいため、練習量に比例して失敗の数も増えてしまいます。

練習を重ねてだんだん弾けるようになると、ある点から練習量と失敗の量が反比例していきます。それが転化ポイント(ブレイクスルー)です。

グラフにするとこんな感じです。

練習の中で失敗を重ねることによって、コツや注意することを学びます。そして一定量に達したとき転化ポイントがやってきて失敗がぐっと減っていくのです。

上達のカギは転化ポイントの位置

上達をより早めたいのなら、量から質への転化をどのようにして早めるかがカギとなります。転化を早めるには以下2つの方法があります。

ポイント

1. 量をこなしながら、質に転化するのを早めるために創意工夫をする
2. 量を増やして転化を早める

創意工夫の方法として有効なのがビジネスでもよく言われているPDCAサイクルです。これは長くなっちゃうので、また別記事で書きます。書いたらリンク貼りますね。

創意工夫(コツ)が良く分からない場合は、取り敢えず量をたくさんやってみながら少しずつコツを得ていくことで転化させます。量が多いほど転化ポイントが早まる可能性が高まるという考えです。

転化ポイントまでの道のり

転化ポイントまでの量と質のバランスはこんな感じ

量 100~90%

質 0~10%

譜読み段階。譜面みながらあちこち失敗している状態。

量 90~60%

質 10~40%

ちょっと弾けてきて、譜面見ながら仕上げていく状態。

量 60~30%

質 40~70%

人前で演奏するレベル。ここまでくるとレパートリー。

練習量が足りていないと指摘される理由

量が90%くらい必要な状態の時は、弾いている数だけ失敗数が多くなるので、相当メンタルがいります。この状態の時に「弾けないからもういいや」と、途中で練習の積み上げをやめてしまう人が、「量が足りていません」と言われる状態です。

しかも、せっかく積み上げた練習量であともう一息なのに、ブレークスルーポイントが来る前に辞めてしまったりサボってしまうため、弾けない状態にまた戻ってしまうのです。

弾けるようになるの転化ポイントまであと8~9割のところまでがんばっていたとしても、また1~2に戻ってしまうため「前進しない」と言う感覚に陥ってしまうのです。

質に転化されるスピードが上がるとどうなるのか

転化のスピードアップは、いかのようなスキルアップにつながっています。

  1. 楽曲の量をこなせるようになる
  2. 本番の量を増やせるようになる
  3. 練習量をコントロールできるようになる

残念ながら、上記の絵で示しているように、質が上がったとしても一定の練習量から以下はなくなることはありません。

はやくにブレークスルーしてすぐに曲を仕上げることができたとしても、トレーニングという面では練習時間を確保しなければならないからです。

一度転化された質はその後どうなるのか

これは、水で例えると分かりやすいです。

水に熱を加えると液体から気体へ変わりますよね。しかし熱が下がればまた液体に戻ります。スキルは物質のような明確な状態変化は起こりませんが、近い状態を経過すると考えてよいでしょう。

つまり、ものすごく量を積んで(熱を加える)弾けるようになるスキルという質を手に入れたとしても(水蒸気になる)、量を積むことをやめてしまえば(熱がなくなる)、また量をこなさなければならない状況(液体に戻る)になります。

転化した状態をキープすることで、質を保つことができるのです。

で、練習は質か量かの結論は…

ある一定の弾けるところに至るまでは量を積み、転化したら質を高めていくというのが弾けるようになるための過程です。

最初から質を高めることは残念ながらできません。

なぜなら、質は量をこなして得る経験そのものの事だからです。

そして、ただ量をこなしたからと言って、質を得るところまでに至れるか…という答えもNOです。

これが禅問答を引き起こしている原因でもあります。

答えは、量をこなし、弾けて来たら、質を高めて量も保つ

そして、さらに上達を目指すのであれば、質の高い量をこなす 必要があります。

【練習量についての記事】
ピアノが弾けるようになるまでの練習時間
どれくらい練習時間が必要?


サイト内関連記事

上達に関する書籍

古武術師で演奏家にも身体の使い方の指導をされている甲野先生の本

created by Rinker
PHP研究所


関連書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【欲しい楽譜が1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです