スポンサーリンク

譜読みで大切な3つのポイント

2019年5月15日読譜

西洋音楽において、楽曲を演奏するには楽譜を読むことが必要です。新しい曲を演奏するためには譜読みをしなければなりません。譜読みは、ただ音を読んだ音を鳴らせばよいというだけではなく、読み方次第でその先の演奏に大きく影響してきます。

ミャウジ
ミャウジ
譜読みって、さっさと終わらせて早く楽しく弾きたいよ。
荒っぽく譜読みすると、弾けてきた頃に直さなければならないことが多くなって、かえって大変。初動って大事なの。
かずねぇ
かずねぇ

はやく楽しく演奏したい!と逸る気持ちでざっくりと譜面を読んでしまうと、弾きなれた頃に不都合が多く出てきて、その段階で治すのはかえって手間がかかってしまいます。最初に少し耐えて、その先にある演奏をより良いものにしたいですよね。では譜読みに大切なポイントを3つ挙げていきましょう。

運指に気を付ける

運指は作曲家が指示したものもありますが、多くは楽譜出版の段階で専門家に指示を仰ぎながら編集者が書き加えています。監修した人とは手の大きさや指の動かし方が違うので、指示通りでなくても演奏に差し支えない場合もあります。しかし楽曲のところどころに点在する「弾きにくいところ」というのは、運指がふさわしくない場合が殆どです。

そういう箇所は、楽譜の指示に従ってみたりまたは自分に合う運指を考えておかなければなりません。ある程度楽曲が仕上がってきた時には、運指は既にクセがついてしまっており変更することは大変難度が高く、そして様々な負荷がかかってしまいます。譜読みの段階である程度の運指パターンを決めておくことは大変重要です。

構成を理解する

細かい楽曲分析は弾きこんでいく過程で練習と並行して学んでいきますが、バロックや古典という形式を重んじる音楽においては、音を出す前に楽譜を俯瞰して、外枠を理解してから譜読みを始めたほうが近道です。

特にフーガやソナタなどは、型を理解することで記号として記されてないディナミークなど表現のためのほとんど(どう弾いたらよいか)を楽譜上から読み解くことができます。

憶えようとする

アンプは譜読みからまだまだ先の遠いところにあると思うかもしれません。しかし結局弾けるということは楽譜が頭に入って身体が動くということ。ちゃんと演奏できる=アンプができているといっても過言ではありません。

譜読みの段階で運指や強弱も併せて憶えようとするのはかなり負荷がかかりますが、弾けるようになる一番の近道なのです。

まとめ

新しい曲を弾きたい!とワクワクした気持ちというのは、あまり長続きするものではありません。ダラダラと譜読みに時間をとられたり、いい加減に譜読みをしたが故、弾けてきた頃に思うように仕上がらないなど、初動を間違えるとせっかくワクワクして取り組みだした楽曲が残念な存在になってしまいます。

構成を理解し、運指を決め、憶える。このポイントを押さえて譜読みに取り組むと、弾けてき出した時に何か大きく違いを感じることでしょう。是非ためしてくださいね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです


かずねぇのLINEスタンプ

読譜

Posted by kazuoney