演奏の残念な歪みが生まれやすいところ【上手い下手の分かれ道】

2020年3月3日演奏,フレーズ,ヂュナーミク

すごく良く弾けているけど、でも何かが違う…。そう感じたことはありませんか?

  • 同じような感じで弾いているつもりだけどなんか違う
  • 弾いている時はいい感じだけど、録音を聴くとなんか違う
  • 録音した感じは良いけど、ライブになった時に違いを感じる

このように感じている人に向けて、演奏のどういったところに歪みがあり、差ができてしまうのかをお話していきます。

この記事で分かること…

  1. 演奏の残念な歪みが生まれやすいポイント
  2. 同じようで違う演奏になる理由

スポンサーリンク

演奏の残念な歪みが生まれやすいところ【上手い下手の分かれ道】

演奏の残念な歪みが

生まれやすいところ

【上手い下手の分かれ道】

良いんだけど、なんかちょっと残念だなという演奏には、以下のポイントにおいて特徴的な傾向がいくつかあります。

  1. フレーズ
  2. デュナーミク
  3. 和声感
  4. 流れ
  5. タッチ

この中で分かりやすく表出するところにフォーカスして、歪を生む残念ポイントを深掘りしていきましょう。

フレーズ

残念ポイント

フレーズのトップとボトムに表現が過不足な傾向があります。

原因と改善

原因の1つびにはフレーズの呼吸が出来ていない、あるいは乱れていることが挙げられます。

音楽が自分の呼吸と合っているか客観的にチェックしてみましょう。

デュナーミク

残念ポイント

デュナーミクの解釈のパターンが足りていない、あるいはズレてしまっているため、以下のようなことが起こっています。

  • 表現がオーバーすぎる
  • 起伏がない

原因と改善

原因は楽譜上のデュナーミクの解釈に問題があります。もう一度楽譜をよく見直すことが大切です。

いい感じに演奏している演奏家に、実践的なデュナーミクを習うと直感的に理解ができるようになります。

和声感

残念ポイント

和声感が足りないと以下のようなことが起こります。

  • 適切な音色で演奏できていない
  • フレーズが収まらない
  • 単調になる

原因と改善

原因は和声を理解していないことです。表面的な理解ではなく本質的な理解をして感覚化されていないと、音楽の色彩だけでなく音楽全体の動きにも影響があります。

まずは和声と楽曲分析を学び、実践的に演奏家のレッスンを受けることが大切です。

流れ

残念ポイント

楽曲の流れにおいて以下のようなことが起こっています。

  • 呼吸が出来ない
  • 速度変化に違和感

原因と改善

原因は拍の感覚にあります。メトロノームの活用をすることと、メトロノームがなくても想定した拍が刻めるようになることが大切です。

タッチ

残念ポイント

2つの両極的な残念ポイントがあります

  • 腕や関節を固くして音を出している
  • 脱力しすぎてたり、力が入りすぎていたり

原因と改善

原因はタッチのヴァリエ―ションが少ないことと技術力不足。基礎練習を積み基礎力をあげ、また色んな時代の作品を弾く事も大切です。

同じようで違う演奏になる理由

ピアニストの演奏を真似てみたり、上手な人の演奏を模倣しようとして、いい線まで行くけど何か違う…。という感覚は、芸能人やモデルさんに似ているといわれる一般人が、似ているだけでその芸能人やモデルさんではないのと同じです。

またご本人より、似ていると言われる人に少し残念ポイントがあるのが特徴です。

演奏もそれと同じで、真似ようとしてもその人にはなれません。だからと言って独自の方法だけでもうまくいかない。他人からの影響の匙加減は、結構微妙な配分だったりします。

他人の演奏は参考にしつつも自分自身の演奏スタイルを見つけていくことがとても大事です。

まとめ

それぞれのポイントで少しずつの違いであったとしても、複数あればかなりの違いになってしまいます。

  1. フレーズ
  2. デュナーミク
  3. 和声感
  4. 流れ
  5. タッチ

この項目の残念になってしまうポイントを少しずつ改善していくことで、より理想的な演奏へと近づいていくことができるでしょう。

しかしこれらは、残念ながら頭で考え理解したとしても、音としてのストックが自分自身にない場合はなかなか音として表現するのが難しいポイントでもあります。

現役の演奏家はこういったポイントをかなり脳をエコに使って自然に表現するすべを持っています。

そういった演奏家のレッスンを受けることで得るものが多い事なので、行き詰っている場合は積極的に実践的なスキルを学びに行くことも大切です。

かずねぇのオンラインレッスン

オンラインで動画添削レッスン承っています。

こんな方に!

  • 今習ってる先生とは別の意見を知りたい
  • レッスンに通いたいがなかなか難しいのでまずは自分の演奏をオンラインで添削して欲しい
  • 独学で弾いてるけれど自分の練習の方向性が正しいのか知りたい

詳細はこちらからお問合せ下さい 

基礎練習のメニューが必要な方はこちら!

平均律の勉強方法はこちら!

レッスンコンテンツ

本編のnote も是非ご覧下さい。こちらは更に詳しく動画付きで練習の仕方や勉強方法を解説しています(解説文付き)

Twitter人気記事

ラフマニノフの手は大きかった!

ラフマニノフの手の大きさを紙粘土で再現して検証してみました。

ラフマニノフが愛用したピアノに残る手が大きかった痕跡

現在ラフマニノフの愛用していたNYスタインウェイは日本人の所有になっています。年季の入った楽器に手の大きかった痕跡が残っています。

サイト内人気記事

室内楽と交響曲おすすめ作品選

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

こちらのnoteではゲーム感覚で基礎力UPできる基礎練習の様々なメニューと練習方法や取り入れ方、カスタマイズ方法、基礎力が上がらない原因などを動画付きで詳しく解説しています。

一部無料の記事と基礎練習の取り入れ方の動画(約8分)を公開しています。

無料でご紹介の練習を取り入れるだけでもかなり基礎練習のボリュームアップになります。よかったらこちらの記事と動画をご覧ください。

バッハ平均律 プレリュードとフーガのレシピ

バッハの平均律を演奏するためのノウハウ。具体的にどうやったらこうなる!を動画で解説しています。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツを制作しています。

【公演リメイク版 ドビュッシー前奏曲全曲+小品ピアノリレー】

【公演プレミアム版 演奏+インタビュー付き】

eplus にて行った配信公演にアンコールをプラスしました

【公演リメイク版 インタビュー付き】

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き。

Contact フォームよりお問合せ下さい

サイト内おすすめ記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」

関連書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」