スポンサーリンク

イケてない演奏に対するシンプルな指摘3つ

レッスン, 練習方法, 拍感

レッスンで色々と細かい注意をされる、またはざっくりと大きな音楽的な流れを指摘されるという事が多いと思います。

ミャウジ
ミャウジ
レッスンの時々に、細かい注意だけ直していくと、流れが悪い!って言われることが多いなぁ。
大きな音楽の流れを指摘されて、その波に乗ることばっかりだと、今度は端々が雑になっていっちゃうよ。
かずねぇ
かずねぇ
ミャウジ
ミャウジ
だから仕上がるまでに、カチカチに流れが悪くなったり雑になったりを繰り返すのか!
そうだね。そういった細かい指摘や大きな流れの指摘は、起因する3つのことを分かっていると、随分と音楽が仕上がっていくスピードがあがるよ。
かずねぇ
かずねぇ

どういった事が起因となっているのかがシンプルに分かれば、仕上がりがスピードアップするなら、是非知っておきたい所ですよね。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

拍が不整脈

拍感が整っていない演奏には以下のような症状があります。

  • テンポが不安的
  • 流れが悪い
  • ミスを誘発
  • 間延び
  • 無駄なアゴーギク
  • 速度変化の違和感

など。全体の流れに関する注意や、技術的な指摘、音楽の違和感などの指摘の原因は、拍が整っていないことに起因していることが多くあります。

改善策

メトロノームを使用して練習するとよいでしょう。強拍に細かく拍を当てるのではなく、大きな拍単位で当てることで、自由度を失わずに拍感を整えることが出来ます。

呼吸に合ってないフレーズ

呼吸に合っていないフレーズの演奏には以下のような症状があります。

  • 流れが悪い
  • フレーズのボトムとトップがぼやける
  • フレーズの端々の処理が悪い
  • 無駄なフレージング
  • フレーズのバランスが崩れる

演奏の息苦しさ、メロディーの主張の足りなさ、過剰な表現、フレーズ終わり方の違和感などの指摘は、呼吸があっていない事が起因している事もしばしば。

改善策

歌ってみて呼吸できるように演奏しているか確かめるとよいでしょう。自分が歌えないように演奏しているフレーズは、聴いている人も呼吸が出来ません。どんなタイミングで息を吸いたいか、どんなところをたっぷりと表現したいかなどを自分の呼吸で知ることによって、音楽の流れを自然にすることが出来ます。

バランスが悪い

バランスの悪い演奏には以下のような症状があります。

  • 伴奏がうるさい
  • メロディーが聞こえない
  • 和音がきたない
  • うるさい または はっきりしない
  • 華やかさに欠ける
  • 流れが悪くなる
  • 難しいパッセージが弾けない

バランスの悪い演奏は、ボリュームがありすぎるあるいはどれも足りないという状態。物足りなさや音の汚さの指摘や表現の弱さなどは、バランスが悪いことから起因していることも多くあります。

解決策

バランスの悪い演奏というのは、ピアノソロしか演奏しない人が、他の楽器の人とのアンサンブルした時にものすごくクレームが来ることなので、アンサンブルを経験するとバランス感覚は多少養えます。また、楽譜をよく理解すること。和声や楽曲分析、対位法の勉強をすることによって、バランスの悪さがどういった事から起こっているのかが理解できるようになります。

【楽曲分析のための本】

まとめ

細かいことも、流れも、技術的な事も、音楽的な事の殆どの指摘が

  • 拍が不整脈
  • 呼吸の合わないフレージング
  • バランスの悪さ

これらの3点が起因となっています。細かな技術や、奏法、音楽を指摘されることが多いですが、出来ていない事が、何が原因で出来ていないのかを知ることによって、練習方法や取り組み方が進化していきます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです