スポンサーリンク

良い音を聴き分けられる耳の育て方【演奏を聴き分けられてますか?】

,演奏,良い耳

周りでは、あの演奏がいいとか良くないとか言ってる人がいる。どうして演奏の良し悪しがわかるの?自分はよくわかっていない…そんな人って結構いるのではないでしょうか。

このような悩みはありませんか?

✔ いい演奏がどんなのか分からない
✔ 自分の演奏が今一つさえない
✔ 思ったように演奏ができない

この悩みは演奏があまり上達しない事にもつながっています。原因には以下のような問題が考えられます。

1.技術的な問題
2.楽曲の理解の問題
3.耳の問題

このサイトでは、1.技術的な問題 と 2.楽曲の理解の問題 についてはしばしば取り上げていますが、今回は3.の耳の問題にスポットをあててお話していきます。

この記事で分かること

良い演奏を聴き分けられる耳の育て方

スポンサーリンク

良い音を聴き分けられる耳の育て方【演奏を聴き分けられてますか?】

演奏する人にとって良い耳を持つことはとても大切ですよね。

音楽をするための耳に必要なことは以下のようなことです。

✔ 音程が分かる
✔ 音質が分かる
✔ 倍音が分かる

その他にも、リズム感や音楽のバランスや流れなども聴き分ける力が必要です。

まず、良い音が分かっている人と分かっていない人の違いを深掘りしていきましょう。

良い音が分かっている人の演奏の特徴

良い音が分かっていると、再現するテクニックを持っていれば良い演奏ができます。もしテクニックが足りない場合でも、良い音を再現したい欲求が生まれます。

  1. 音がキレイ
  2. 倍音を聴かせる演奏をする
  3. 和音やポリフォニーのバランスが良い

良い音が分からない人の演奏の特徴

良い音がどういう音かが分からないので再現のしようがなく、欲求も生まれません。

  1. 音がキレイじゃない
  2. 拍が詰まってフレーズの端が雑い
  3. 和音やポリフォニーのバランスが悪い

良い音が聴き分けられない理由

この音が良い音、きれいな音と言うのを繰り返し聴いて再現する、という作業が足りていないため、何が良いのかが分かっていないため聴き分けられません。

  1. 良い音を聴いている量が少ない
  2. これが良い音だと認識する機会が少ない

良い耳を育て演奏を向上させるために必要なこと

手本となる良い音を出来るだけ聴くようにすることが大切です。

良い音が分かるようになると、必然的にその音を再現できる可能性が広がります。

これは上達の第1歩ともいえます。

憧れ手本となるような演奏を見つけると、さらに欲求が高まるので演奏を向上させることができます。

  1. 憧れる演奏をみつける
  2. 徹底的に分析する
  3. 自分の演奏に取り入れる

演奏を聴き分けられるようになるとどうなるのか

自分で再現ができるようになると、良い演奏とそうでもない演奏が一聴瞭然になる感覚を手に入れることができます。

また演奏に取り入れ再現するためにスキルアップへの意欲も増すことでしょう。

まとめ

演奏の様々な技術は、指先や身体が大切だということに目がいってしまいます。

演奏するのに大切なのは、実は耳を育てることだったりします。

  1. 音がキレイじゃない
  2. 急いで雑になる
  3. バランスが悪い

こんな演奏をしてしまっている人は、良い音をたくさん聴いて耳を育てることに力を注いでみると演奏に変化が生まれるかもしれません。


サイト内関連記事


関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです