【ピアノ四重奏を聴こう!】ピアニストが萌える室内楽名曲ピアノカルテット20選

おすすめ,作曲家・作品,楽譜,まとめ・おすすめ・比較

個人的に室内楽の形態で一番好きなのがピアノ四重奏です。

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ各弦楽器と絡めて、トリオよりも内声と低音の響きが豊かになる感覚。クインテットのような疎外感もない。

そんな形態で、室内楽をするピアノ弾きの多くがこのピアノ四重奏の形態を好んでいる傾向があります。(自分調べ)

ここではピアノ四重奏の名曲を楽譜のリンクと映像でご紹介していきます。

最後まで楽しんでいってください。

こちらの記事でも紹介しましたが、普段あまり室内楽を演奏する機会がない人も楽譜を買ってみて、アンサンブルするんだ!というワクワクすることを思い浮かべながら練習してみるってのはいかがでしょうか。

では珠玉の20曲をご紹介します。

スポンサーリンク

【ピアノ四重奏を聴こう!】ピアニストが萌える室内楽名曲ピアノカルテット20選

【ピアノ四重奏を聴こう!】ピアニストが萌える室内楽名曲ピアノカルテット20選

ピアノ四重奏はピアノ三重奏にヴィオラが入ります。

ヴィオラ奏者が希少なため忙しい人が多く、なかなか機会に恵まれないピアノ弾きの方もいると思います。

ですが名曲揃いなので、是非この機会に曲を知りアンサンブルの機会が来た時に挙手できるように備えておくってのもよいでしょう。

ではご紹介していきます。

モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 K478 & 第2番 K493

モーツァルトピアノ四重奏のこの2曲はどちらも名曲。

ピアノコンチェルトのような作品ですが、他のカルテット曲が重量級なものが多いので、聴いててライトなモーツァルトはコンサートプログラムで頻出です。

Mozart絶頂期の作品なだけあってか、個人的には弾いていて心地がよく作品の楽章のバランスも絶妙だと思います。

両曲ともロンドは弾いていて幸せを感じます。

ブラームス ピアノ四重奏曲 第1番 Op.25/第2番Op.26/第3番Op.60

ピアノ四重奏と言えばこの3曲。

どの曲もトリオ同様ヘビー級ですが、ヴィオラが入ることによって生まれる弦の絡みがめちゃめちゃ美しい。

各楽器のスポットの当て方がトリオとはまた違って

「もぅヨハネス!なんなのガシガシ掴んでくる感じ!!」

と思うくらい各楽器のバランスがすごくたまらんです。

第1番の4楽章「Zingarese」はオーケストラ版もあり有名です。

個人的には2番がたまらん推しですが、…やっぱり悩んだ結果全部推しなので全部紹介しちゃいます。

第1番 Op.25

第2番 Op.26

第3番 Op.60

フォーレ ピアノ四重奏曲 第1番 Op.15 & 第2番 Op.45

ピアノカルテットの中で憧れ度No.1なのがフォーレの1番でしょう。

とにかくカッコイイ!

私も学生の時に初めてこの曲を知った時に

弾きたい―!

とすごく思った曲です。

1番2番とも弦楽器のユニゾンが多く、それがまた何とも言えないカッコよさがあって人の心を鷲掴みにします。

ただ…ものすごくムズカシイです。

弾いていて「休むところがない!」という印象です。

共演のチェリストが

「チェロやのに譜面が真っ黒やねん」

とぼやいていたのが印象的(笑)

第1番 Op.15

第2番 Op.45

こちらの演奏がとても素晴らしく、でも全楽章ない…のが残念!

シューマン ピアノ四重奏曲 Op.47 

シューマンのピアノの室内楽はどれも名作。

このピアノカルテットは3楽章の甘々な旋律と弦楽器の絡みがたまらない曲です。

このアンサンブルすんばらしい。弦楽器の絡み方やピアノのバランスがマジ神ってますね。

リヒャルト・シュトラウス ピアノ四重奏曲 Op.13

友人のViolist推薦の曲で太い構成だけど甘いシュトラウス節がたまらない曲。

シュトラウスはピアノは他の室内楽も難しいですが、このカルテットは譜面がオケスコアのようでピアノの役割をものすごく考えさせられる作品。

3楽章が各パートホントに美しい。

ショーソン ピアノ四重奏曲 Op.30 

聴いた感じの美しさにやられますが相当な難曲です。ソルフェージュ能力と演奏のポテンシャルが揃っていないとアンサンブルが難しい曲。

壮大な大曲で、各楽章のキャラも際立っています。

これぞフランス音楽って感じで初期ドビュッシー作品に似た少しレトロな雰囲気がします。

ドヴォルザーク ピアノ四重奏曲 第1番 Op.23 & 第2番 Op.87

ドヴォルザークのピアノ入りの室内楽は、ピアノ三重奏や五重奏が有名ですがこれらのカルテットも演奏頻度はさがりますが名曲です。

第1番 Op.23

2番の方が良く取り上げられますが、個人的にはこの1番が好み。

2楽章のヴァリエーションがドヴォルザーク好きにはたまらないチェコ風味でご馳走さまって感じです。

第2番 Op.87

1番よりもがっちりパワフルなのでこちらの方が演奏頻度は高め。

付点が頻出するあたり、ドヴォルザークだなーと聴いても弾いてもそんな感じがします。

各楽器の絡み方もクインテットによく似ている!

サン=サーンス ピアノ四重奏曲 Op.41 & 遺作

サンサーンス作品はアカデミックなものも多いですね。

聴きなじみの良い旋律と音楽がサンサーンス。

知られているのはOp.41の方ですが、遺作がまた良いのですよ。

Op.41がとても男性的でがっちりしたつくりなのに対し、全体的に抒情的な遺作も是非知って欲しい!

Op.41

遺作

メンデルスゾーン ピアノ四重奏曲 第1番 Op.1 / 第2番 Op.2 / 第3番 Op.3

メンデルスゾーンの初期作品番号1~3を占めるピアノ四重奏。

トリオが超有名すぎて知られる機会が少ないですが、どの作品もやっぱり天才だな…と思わずにはいられない。

13歳~16歳に書いた作品。

トリオ同様休憩するところがなくてかなり忙しい(笑

第1番 Op.1

第2番 Op.2

第3番 Op.3

3曲まとめて入った楽譜はこちら

レーガー ピアノ四重奏曲 第1番 Op.113 & 第2番 Op.133

短命でしたが、充実した室内楽作品を残しているレーガーのピアノカルテット。

クインテットやトリオの方が比較的知られていてあまりメジャーではないのですが、個人的にめちゃ弾きたい曲だったりします。めちゃ難しそうだけど!

20世紀初頭のゴーンとしたドイツの雰囲気と重厚な響きと構成がなんかグッときますね。

第1番 Op.113

第2番 Op.133

Herbert Howells – Piano Quartet

ハーバート・ハウェルズはイギリスの作曲家です。

この記事を書いて音源を探している時に偶然みつけて、キュンと鷲掴みにされてしまったので紹介しておきます。

幻想的で舞台や映像などにもマッチしそうだし、オケみたいな幅広い音の響きもたまらないです。

楽譜は輸入注文になるようです。 

まとめ

気に入った楽曲はあったでしょうか?

どの曲もとても素敵な作品です。

楽譜を眺めながら名演を聴くだけでもかなり楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

以下20曲ご紹介しました。

  • モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 Kv478 / 第2番 Kv493
  • ブラームス ピアノ四重奏曲 第1番 Op.25 / 第2番 Op.26 / 第3番 Op.60
  • フォーレ ピアノ四重奏曲 第1番 Op.15 / 第2番 Op.45
  • シューマン ピアノ四重奏曲 Op.47
  • R.シュトラウス ピアノ四重奏曲 Op.13
  • ショーソン ピアノ四重奏曲 Op.30
  • ドヴォルザーク ピアノ四重奏曲 第1番 Op.23 / 第2番 Op.87
  • サンサーンス ピアノ四重奏曲 Op.41 / 遺作
  • メンデルスゾーン ピアノ四重奏曲 第1番 Op.1 / 第2番 Op.2 / 第3番 Op.3
  • レーガー ピアノ四重奏曲 第1番 Op.113 / 第2番 Op.133
  • ハウェル ピアノ四重奏曲

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

Twitter で人気の記事

【note】ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習

継続が大切な基礎練習。楽しく取り組めるのが良いですね。

ゲーム感覚で基礎練習が積める「かずねぇの基礎練習」を公開しました。

練習のやり方の動画など順次加筆予定です。

サイト内関連記事

曲あてイントロクイズ

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。

普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品として映像・音質に拘って作成したコンテンツ。

映画を観るような感覚でご覧頂けます。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで、習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…アドバイス数、ターン数をお選び頂けます。

Contact フォームよりお問合せ下さい

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ