スポンサーリンク

難曲を弾ききるための5ステップ

読譜, 練習

自身の演奏のスキルアップをはかるために重要な事の一つに、自分のレベルよりも難しい楽曲に挑戦することが挙げられます。

ミャウジ
ミャウジ
難しい曲は、取り組もう!と思った時が頑張れるときだよね。
難曲に取り掛かるときは、時間が掛かることを考慮しておかなければならないよ。
かずねぇ
かずねぇ

うまく難曲に取り組んで、スキルアップ出来たらいいですよね。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

本番を設定する

弾こう!と決めた楽曲をいつの本番にのせるかを設定します。本番で弾くという大きな目的地が決まっていないと取り組み始めてからやっぱりできない…と放棄してしまう事が可能になり、結局弾ききれない事が殆ど。

直近では難しいので、半年から1年以上先に設定して、しばらくの間は他の比較的容易な楽曲と並行して準備をすることになります。

弾けるようになるまでの期間を大まかに見積もる

難曲を弾ききるために必要なのは、譜読み期間を長めに設定すること。完璧を目指すよりは、出来るだけ多くの情報を楽譜から時間をかけてよむことに費やすことが大切。

ダラダラとした印象の譜読みになるので、はたからはまだ弾けないのかと横やりが入る可能性があるので、横やりを入れる近しい人間には状況説明を、そして難曲を仕上げる事に理解のある先生の指導を受けるのが良い。

急激に仕上げることは、かなり脳も身体も消耗して演奏後に憔悴してしまう危険がアリ。

楽曲を区切る

難曲は、構成が複雑であったり要素が多種多様なため、一度に見れる量が限られています。

挫折しないためにも、まずはなるべく細かくパーツを分けて練習に取り組む。

区切った箇所にトリアージュをつける

パーツ分けが出来たら、ざっと弾いてみた時に、比較的読みやすい所と、全然楽譜も読みづらく音も入ってきづらい箇所があるので、その読みにくさ弾きにくさに合わせて、だいたい5段階くらいのトリアージュを付けておく。

難度による差を埋める練習を積む

トリアージュを頼りに、難度の高いパーツから譜面を読んでいく。

難度の高い場所の読み方

  1. ざっくり両手でゆっくり。
  2. 左右どちらの手で音を拾うかや運指など
  3. ややこしい和音などをピックアップして響に耳を慣らす
  4. 区切る箇所をずらしながら、練習箇所を長くしていく

数日は一進一退ですが、しばらくすると…人によりますが3~10日くらいで弾け方に変化が現れてくるので、次は

  1. テンポを少しだけあげてみる
  2. 運指などがそのテンポに合わなければ再考
  3. 流れに慣らす

ある程度慣れてきたら憶えていく。

【テンポアップ必須アイテム】

まとめ

どんな難曲でも、仕事でギャランティが生じる場合は短期間でも仕上げなければいけませんが、勉強しようというスタンスでの挑戦では、楽曲と丁寧に、そして嫌いにならないように向き合う必要があります。

はやく弾けるようになりたい!と渇望する人は譜面をまず暗譜することを。あまりしんどくなく弾けるようになりたい人は、遅くとも本番の1か月前まで(2か月以上あるとなお良い)に暗譜する事を目標に、上記の工程をある一定の回数や時間でノルマをこなすようにするとよいでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです