【ピアニストは音楽をこう聴いている】演奏から伝わってくる10のこと

2020年12月26日演奏動画,ピアノ弾きのつぶやき

只今Twitterにてスクリャービン前奏曲作品11を24人のピアニストによって完奏するイベントを開催中です(2020年 12/20~27)

このツイートのリプにずらーっと素晴らしい演奏が並んでいますので、よかったらお聴きください。

若い頃は自分が演奏することで精いっぱいで、お人の演奏を聴く余裕はありませんでした。

しかし少し大人になってくると

人の演奏って色んな事が伝わって来るなぁ

と、演奏から色んな事が聴こえてきて、聴衆としての楽しみが多くなってきました。

音楽は聴き手側の好みや価値観で、いかようにも聴こえ方が変わってきます。

どのように音楽を聴くのが幸せか

というのも人それぞれなので、色んな聴き方があると思います。

ガチ演奏家と先生業が主流の人では聴き方がかなり違ってきます。

ここでは、いち音楽家が演奏を聴いた時に感じとっていることについて…とかいいつつ、普段はボーっとあまり何も考えずに聞いていますが、敢えて言語化するとこんなこと聴いてるかなという10個をサクっとご紹介します。

  1. 技術のポテンシャル
  2. 音楽へのスタンス
  3. 音楽のイメージ
  4. 呼吸
  5. 節の取り方
  6. 音質
  7. 音色
  8. 音から伝わる世界観
  9. 主張の仕方
  10. バランス

※あくまでも個人的な感想です。いちブログのエンタメとしてお楽しみください。

スポンサーリンク

【ピアニストは音楽をこう聴いている】演奏から伝わってくる10のこと

【ピアニストは音楽をこう聴いている】演奏から伝わってくる10のこと

演奏の聴き方は人それぞれにありますので、どういう聴き方が正解不正解というのはありません。

その時の自身の状況や精神状態であったり、同じ音楽でも全く聞こえ方が違ってくるという経験をしたことがある人も多いと思います。

そういったニュアンス的なことも影響するので多少変化はありますが、だいたいこんなところをいつも聴いているなという10個を選びました。

  1. 技術のポテンシャル
  2. 音楽へのスタンス
  3. 音楽のイメージ
  4. 呼吸
  5. 節の取り方
  6. 音質
  7. 音色
  8. 音から伝わる世界観
  9. 主張の仕方
  10. バランス

では深掘りしていきましょう。

技術のポテンシャル

これは演奏の外見なので、まず聴こえてくる部分です。

車でいうなら、普通車なのか軽自動車なのか、大型車なのかと言う感じです。

より多彩な表現には技術があった方が可能性は広がりますが、ポテンシャルが高いからと言って沁みる演奏であるかというのは比例しないなとは感じます。

音楽へのスタンス

演奏されている方がその音楽に対してどのようなスタンスで演奏しているのかというのが伝わってきます。

少し具体的に言うと…

  • 自然に音楽を感じとって演奏しているのか
  • 勉強していることをアピールしているのか
  • 真摯な取り組みをしているのか
  • 音楽に対する愛情や執着と言った感情的なもの

演奏者と音楽との距離感と価値観みたいなものです

音楽のイメージ

表現されている音楽から伝わってくるイメージです。

曲にもよりますし、演奏者と曲との相性もものすごく影響ありますが、イイなと感じる演奏はなんらかの音楽に対するイメージが伝わってきます。

呼吸

演奏を聴いている時、無意識に呼吸をしています。

自分も奏者なので自分が演奏する時にとる呼吸と似た演奏はリラックスします。

また呼吸が違う場合はハッとさせれられることもあるし、息させて―!と思う事もあります。

節の取り方

これは、男女差がめちゃあるなと感じる部分です。

俯瞰力や呼吸の長さの違いが影響しています。

音質

ざっくり言うとこんな感じに分類できます

  • 固い
  • 柔らかい
  • 軽い
  • 重い

もともとの体格や身体の使い方によって、手持ちの音質は変わります。

技術鍛錬によっていくつかの音質を作り出すことが出来るようになるので、色んな音質を持っている人は技術ポテンシャルも高いという事になります。

音色

音質とかぶる部分がありますが、こちらも多彩な音色を表現できる技術のポテンシャルが問われるところです。

音色の多彩さは、こんなところで変わってきます。

  1. どれだけ多くの音色を知っているか
  2. 音色を聞き分けられる耳があるか
  3. 表現したい欲求があるか
  4. 表現しうる技術があるか

特に音色はそれだけの色があることを知って、表現したい!という欲求があるかどうかみたいなのも伝わってきます。

音から伝わる世界観

一番演奏で聴くところです。

言語化するのも楽しいところ。

主張の仕方

表現のどういう所をどう主張するかは、人柄に直結してるなと思います。

  • 私が!私が!
  • 私を見て!私の演奏を聴いて!

というタイプの人はそんな演奏だし、

  • あ…お先どうぞ…
  • なんかすみません…

というタイプの人はそんな演奏に聴こえてきます。

どれが良いとか悪いとかではなく、そういう個性なんだな、という感じで聴いています。

バランス

これは人間性と俯瞰力めちゃ伝わります。

技術と知識があればある程度のバランスは作っていくことができますが、作られたバランス以外にも直感的に本質的なバランス感覚みたいなのは伝わってきます。

まとめ

演奏から伝わってくる10のこと

  1. 技術のポテンシャル
  2. 音楽へのスタンス
  3. 音楽のイメージ
  4. 呼吸
  5. 節の取り方
  6. 音質
  7. 音色
  8. 音から伝わる世界観
  9. 主張の仕方
  10. バランス

これらをサクッと解説しました。

TwitterなどのSNSの投稿されている言葉や投稿の仕方などと合わせて拝見していると、演奏にはものすごく人柄って出るなぁと感じます。

とても興味深いですね。

スクリャービンのイベントは、上記添付のツイートからいつでもご覧いただけます。

各地で活動されている音楽家の方々も多くご参加頂いて素晴らしい演奏をご披露くださっていますので、是非ご覧くださいませ。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

この記事を書いている人って、ホントにピアニストなの?というクレーム頂きましたので、記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

[A8-yaruki-MB]

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」