スポンサーリンク

ピアノの音が浮いてしまう3つの原因

本番, 演奏

演奏をしている時、コントロールがうまくいかず音が浮いてしまうという経験はないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
時々あるよ。しばらくコントロールが定まらずホント困るんだよね。
音が浮いてしまうのは自分自身にも問題あるけど、別の問題もあったりするよ。
かずねぇ
かずねぇ

音が浮いてしまうのはいくつかの理由がありそうですね。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

緊張による

緊張は自身の命を守るために起こる人に備わった不安からくる反応で、危機にすぐ対応できるように研ぎ澄まされ、また身を固くして攻撃から守ります。

本番などで起こる緊張も不安が原因である場合が多く、身体が固くなってしまいます。

身体が硬直した状態は、本来演奏に必要な適度な脱力を伴った動きの妨げになり、指先が思うように動かない、または適切に腕の重さを指先に伝えられなくなってしまうのが音が浮く原因です。

しっかり練習を積んでいる場合は、少しすると状況と楽器に慣れてコントロールできるので、焦らず演奏することが大事です。

練習段階での問題

音をコントロールするポテンシャルがない場合は、さらに緊張を伴う本番では抜けたりまた力が入りすぎて大きすぎる音になったりします。

特に本番前には負荷系の基礎練習をしっかり積むことで指先が鍵盤をとらえる感覚が冴えてきます。慢性的な音浮きには基本的な技術のポテンシャルを上げる必要があります。

楽器のコンディション

ピアノは演奏場所に設置されている楽器を演奏しなければならなく、行ってみてびっくりするような状況に出会うこともしばしばです。

気候もよくよく手入れされ管理されている楽器ばかりに出会う事ばかりではありません。特にコンディションが悪い楽器と会場には以下の特徴がみられます。

  • 湿度と温度の管理が甘く、楽器が悲鳴を上げている
  • 湿度と温度によってガタガタになる。
  • 調律はしているが調整がされていないため、ハンマーや鍵盤が不ぞろいでタッチが揃っていない。

奏者に楽器コントロールの力があれば、奏者側に弾きにくさはありますが、数分するとコントロールできるようになって聴き手には殆ど弾きにくさが伝わらない演奏ができます。しかしコントロール力がなければ、楽器の状態によって音浮きは起こってしまいます。

まとめ

音が浮くというのは、心因的な原因と根本的な技術の問題に加え、楽器によるところも大きく、特にピアノの状態というのは調律師さんの腕によって大きく変わります。

コンサートホールでプロの相手をしている調律師の方と家庭回りの調律師になったばかりの人では、作り出される音もタッチの調整も、別楽器のように違ってしまうのでとても大事なポイントです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ