スポンサーリンク

ネガティブを捨てると挑戦が出来て緊張しなくなる【魔法の思考法】

心理学・脳科学,モチベーション・やる気,演奏,挑戦

演奏することや新しい挑戦に対して、またチャレンジをしている人に対して、こういった感情を持ったことはありませんか?

  • あんなこと、よくやるよね
  • あの人ばかり、なんかずるくない?
  • 私はどうせ無理だから
  • めんどくさいなぁ
  • あの人は特別だから、すごいよね

今回は、こういった思考の正体についてお話していきます。

このネガティブを捨てると考え方が変わり行動も変わってきます。演奏においてはアガるような緊張しなくなるという素晴らしいオマケまでついてきます。

  • 他人からの雑音が気にならなくなる
  • 挑戦ができるようになる
  • 失敗が怖くなくなる
  • 行動力がつく
  • さまざまな方法を考えるようになる

では、魔法の思考法を深掘りしていきましょう。

スポンサーリンク

ネガティブを捨てると挑戦が出来て緊張しなくなる【魔法の思考法】

ネガティブな考え方は、自覚していて改善したいと思っている人もいれば、まったく自覚なく他罰的に捉えているひともいます。

どちらにせよ、ネガティブは誰にとってもあまり心地の良いものではありませんよね。

まずは、ネガティブについて深掘りしていきます。

挑戦を遠ざけてしまうネガティブな思考

人を不快にさせるネガティブは、自己防衛が根源にあります。そこから転じて卑下したり攻撃したりします。

最初に述べた

  • あんなこと、よくやるよね
  • あの人ばかり、なんかずるくない?
  • 私はどうせ無理だから
  • めんどくさいなぁ
  • あの人は特別だから、すごいよね

これらは、思ってしまう側も、ぶつけられる側も不快感しかありません。

そしてこの思考の正体は、以下のような感情が根底にあります。

  • 人に笑われたくないという羞恥心
  • 人に対する嫉妬
  • ダメだという事で自己防衛 セルフ・ハンディキャッピング
  • 楽をしたいという怠惰
  • あきらめて思考停止

上の2つは攻撃的、下の3つは自己防衛です。

セルフハンディキャッピングについての記事はこちら

ネガティブを捨てる

これらのネガティブは、分かっているけれど自分でコントロールできなくて蟻地獄になっている人もいれば、遺伝的に脈々と受け継がれた性質のように全く気付いていない人も意外と多くいます。

まずは、こういった思考が挑戦や成長を止めてしまうネガティブなのだと知ることが大切です。

ネガティブを捨てる方法

以下のように思考を変えてみましょう。

  • あんなことが出来るんだ!私もやってみよう
  • あの人、いいよねえ!私も頑張ろう!
  • 取り敢えずやってみよう!
  • 千里の道も一歩より
  • 自分に出来る方法を探そう!

ネガティブを吐くときは、自分自身が上手くいっていないときだったりします。何か不自由があったり色んな許さな状況があったりする時もです。

それを理解したうえで、思考を書き換えていくような感覚です。

ほんとに変われるの?

最初は、それまでの自分の考え方を全否定してしまう感覚になります。

今まで回っていた方向とは逆方向に車輪をグルンと回すようなものなので、圧力もハンパないでしょう。

簡単には変われないと思いますが、本当に変われるかどうかは、自分自身が本当に変わりたいかどうかで決まります。

緊張しなくなるのは本当?

これは本当です。

ネガティブを捨てるのは、ポジティブになるのとは少し違います。

考え方がゼロベースになるので、行動を起こすことやチャレンジすることはすべてプラスであるという事になります。

この考え方になると、演奏は今日のベストを尽くそう。うまく弾けたら神様の贈り物という感覚になるので、緊張する理由がなくなります。

緊張する理由はこちら

まとめ

ネガティブは

  • 羞恥心
  • 嫉妬心
  • 自己防衛
  • 怠惰
  • 思考停止

これらが原因となって起こる感情です。誰にでもある感情だからこそ、誰もが陥る可能性のあるネガティブな思考。そしてこれらが大きく演奏の緊張することにも関わっています。

まずは自分自身で気づき、行動を積み重ねて改善していくことが大切です。

サイト内関連記事

関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】

オンライン学習

オンライン学習で充実の勉強。楽器の練習に時間を割きたいならオンライン塾

オンライン学習一番人気はスタサプ。好きな時間に学びたいことを検索できる!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです