スポンサーリンク

コンチェルト伴奏でピアノに必要な3つのこと

伴奏, 読譜, 演奏

ピアノを勉強して高校生くらいになると他の独奏楽器の伴奏をしたり、また大学生や学校を出てからも、コンクールやオーディションなど、ピアノでの伴奏という分野で演奏される機会の多い1つがコンチェルトの伴奏でしょう。

ミャウジ
ミャウジ
色んなコンチェルトがあるよね。現代曲のコンチェルトは難しいよなぁ。
もともとはオーケストラと独奏楽器のための曲だから、ピアノでの伴奏は難しいよね。
かずねぇ
かずねぇ

オーケストラと独奏楽器のための楽曲をピアノで演奏しなければならないのがコンチェルト伴奏です。いったいどういうところに難しさがあって、どんな準備が必要なのでしょうか。以下見ていきましょう。


スポンサーリンク

オリジナルを聴く

コンチェルトの伴奏は、オーケストラパートをピアノで演奏します。しかしもとはオーケストラと独奏楽器のために書かれているので、オケバージョンではどういった雰囲気があるのかを分かっておく必要があります。

スコアを見る

コンチェルト伴奏ではオーケストラパートをピアノで演奏するためにリダクションされている譜面を見て弾きます。ピアノ用に書かれた楽曲のように演奏すると雰囲気が崩れてしまう事が多々あります。

書かれた音型がどの楽器が演奏しているのか、パート譜をそのままに使用しているのか、ピアノが弾きやすいように変えられているのかを分かっておく必要があります。

それっぽく弾く

上記をふまえ楽譜上の音をオケ楽器での演奏の雰囲気を表現していきます。リダクション譜でのピアノの伴奏は本来のオケ伴奏で聴く音とは違う雰囲気になってしまう事がしばしばあります。

そのままピアノ伴奏として演奏してしまうと音が立ちすぎてしまうので、オケで聴いた時に良く聴こえる音、また伴奏やオブリガードがどの程度どんな音色で聴こえているのか、楽譜中の音楽記号はどういう意図で書かれているのかを表現しなければなりません。

特にスタッカートは弦楽器と管楽器では全く違う扱いになります。その雰囲気になぞらえて演奏することが大切です。

まとめ

ピアノを習ってきた人に共通することですが、すべての音をしっかりとらえて弾きなさい。音は抜けないように。音の粒をそろえて。といった注意を受けることが多いので、すべての音を弾きすぎる傾向があります。

全ての音をピアにスティックに弾くコンチェルト伴奏は、ソリストの邪魔をする傾向があり、協奏というよりは競争のように聴こえてしまいます。

コンチェルトという本来はオケという響きの豊かな演奏形態で演奏される伴奏においては、少し奏法が変わると考えて演奏するのが良いでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ