スポンサーリンク

コンクールで弾くエチュードで審査される3つのポイント

2019年7月24日審査, 課題曲, コンクール

昨今のコンクールでは、課題にエチュードがないものもありますが、規模の大きいコンクールや、大会のレベルの高さを誇るコンクールにおいては、エチュードは必須の課題です。

ミャウジ
ミャウジ
エチュードは速い曲も多いし、パッと弾くのってホント難しい。いっぱい練習しなきゃな。
エチュードの弾け方でその人がどのくらい弾けるのかのポテンシャルが、すぐバレちゃうんだよ
かずねぇ
かずねぇ

ポテンシャルがバレてしまう…とは。エチュードは難しくシビア課題が出されています。ではコンクールで演奏するエチュードはどういったポイントが審査されているのでしょうか。以下3つのポイントを見ていきましょう。


スポンサーリンク

基本的な技術

エチュードとカテゴライズされる楽曲は、特定の技術にスポットをあてその技術を磨くことができるように作られています。ピアノの技術は大きく以下に分けられます

  1. 音階と分散和音音型
  2. トリルやターン音型
  3. 連打
  4. 跳躍
  5. 重音

大まかにはこの5つで、各技術がさらに細分化されています。エチュードではこれらの技術のいくつかを組み合わせて、パッセージにバリエーションを加えて音楽にしています。

選曲した楽曲の中のこれらの技術を滞りなく演奏できているかを審査されています。

適切なテンポ

見落としがちなのが、楽譜に書かれているテンポです。難しいパッセージもゆっくりなら弾きやすくなるのは当然です。記されたテンポでいかに技術を伴って演奏できるかが大きなポイントです。しかし弾けないのに指示のテンポで演奏することは最も印象を悪くします。最大でも2割減くらいを目安に演奏可能な楽曲を選曲するのが良いでしょう。

音楽性

技術に特化した楽曲であるエチュードですが、その中で音楽的な要素もふんだんにあります。ただ技術だけやスピードに憑りつかれたような演奏は無味乾燥で印象に残りません。技術を正確に、そしてさらに音楽的な表現ができているかは、聴き映えに大きくかかわります。

同じようなパッセージでも、フレーズのどの場所なのか、どの音域なのか、どんな流れなのかによって折り合いをつけなければならない箇所もあり、その表現が適切であるかはとても大切なポイントとなっています。

まとめ

技術がどんなに素晴らしくとも機械的な演奏は人の心に届きません。また技術的な問題がある場合は音楽的な表現をいくら頑張ったとしても、残念ながら説得力に欠けてしまいます。

エチュードは難易度の高い技術で助走なくトップギアで演奏しなければならない楽曲が多く、そこが演奏の難しさでしょう。ほんの一瞬で技術や音楽性が分かってしまうので、審査においては、瞬時に判断されていると考えてよいでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです


かずねぇのLINEスタンプ