スポンサーリンク

コンクールや受験のバッハで審査される3つのポイント

2019年7月19日審査, 課題曲, コンクール, 受験

コンクールや受験ではJ.S.Bachが課題として出される事が多いですね。最近では某国立藝術大学の入試からバッハが消えてしまった事には驚きましたが、それでもいまだ多くのコンクールや受験においてバッハが課題になっています。

ミャウジ
ミャウジ
バッハは難しくて、前は大嫌いだったけど、ちゃんと教えてくれる先生から教わってから、すごく好きになったな。
バッハってね、とても数学的で理論的なの。だからそれをちゃんとわかって演奏しないとね。

ちゃんと教えてくれる先生、数学的、理論的。このあたりのワードにヒントがありそうですね。ではコンクールや受験においてのバッハの審査ポイントはどういうところにあるのでしょうか。以下3つのポイントを見ていきましょう


スポンサーリンク

構成を理解しているか

課題曲に出される、インヴェンションとシンフォニアや平均律といった作品は、作曲技法や調性を生徒やバッハ自身が勉強するために書かれたものです。そのことからも、まずはどういった調性でどの様な形で書かれているのかを分かって演奏しなければなりません。

特に対位法という作曲技法にフォーカスされて書かれている作品が多く、この技法で描かれたものは一音たりとも無駄や無意味な音がありません。それを理解し音として表現できているかが問われます。

適切なバランスであるか

バッハの活躍していたバロック時代は、現代のピアノのように大きな音や多くの倍音を含む音が出せる鍵盤楽器ではありませんでした。音域も狭く発音の仕方も現代のピアノとは全く違うものであったことを考慮すると、あまりにも情感豊かにデュナミークの幅を大きく演奏することは好ましくありません。

しかし演奏するのは現代の音色豊かなピアノです。現代楽器でいにしえの音楽を再現するのは難しいですが、構成を理解した上で各声部のバランスを意識し、今の楽器でバロックの音楽に近づけながら現代の要素を取り入れて演奏しなければなりません。

適切な音色であるか

バロック時代の鍵盤楽器は、チェンバロ【伊】(ハープシコード【英】、クラヴサン【仏】ともいいます)と、オルガン、クラヴィコルドでした。それぞれ発音の仕組みが違い、各楽器によって演奏される楽曲の種類も違っていたと考えられます。

その楽曲が、どの鍵盤楽器で演奏するために書かれたのかを理解し、どのようなテンポでどの様な楽器の音をイメージすればよいのかを分かって音色づくりをする必要があります。

まとめ

課題曲に選曲されるバッハの音楽は、作曲の意図からも大変アカデミックなものであり、構成やバランスといった、感覚的に演奏するだけではない部分の理解を必要とするものです。理解なく演奏すると、まったく違う作品として聴こえてしまいます。

ピアノは多声部を一人で演奏しなければならない楽器なので、頭脳的な理解を求められる場面が多いため、音楽の理論的な理解力があるかが聴きとれる楽曲として、課題に出されています。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです


かずねぇのLINEスタンプ