スポンサーリンク

コンクールに通過する親子の5つの特徴

2019年10月6日レッスン, コンクール

昨今ではピアノのコンクールは沢山あります。それぞれに通過するレベルも様々です。ある一定の規模のものは、地区予選、本選、全国大会と進むにつれてレベルが上がっていきます。

学生音楽コンクールは最も難しいコンクールで予選通過が他のコンクールの全国入賞レベルと考えてよいでしょう。

そんなコンクールを通過していく人には特徴があります。

ミャウジ
ミャウジ
通過する人に特徴があるの?
あるよ。通過する時って生徒さんの意気込みや姿勢が全然違うんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

生徒さんの意気込みや姿勢の違いとは。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

通らせたいという意思が強い

通過するしないは、やってみなければ分かりませんが、出来る限りのことをして通過させたいという意思が強い。

通過できない人は口先だけのやる気を言う事が多く、また「通ればいいな」「うちなんかはとても…」など、どこかに逃げ道を作っていたり、言い訳が目立ちます。

より良い演奏のために貪欲である

親御さんのレッスンを受ける姿勢が違います。子供だけではその姿勢は子供にも伝わるので親子でレッスンは、何かを学び、課題を頂きそれを次までに消化するという姿勢が強く表れています。

お子さんだけでは持ち帰れないレッスン時の注意をしっかりと親御さんがカバーしているという共通点があります。

スケジュールの立て方がピアノを中心としている

学校は義務教育である以上通わなければならないですが、コンクールに合わせてうまくスケジュール調整をし、練習時間の確保やレッスンに通うためのサポートがしっかりしている。

圧倒されるくらいレッスンに通ってくる

先生側が押しに圧倒されるくらい熱心にレッスンに通ってこられる。どれ位のインターバルで通うとステップアップしていけるのかを理解し、レッスンを受ける効果も実感しておられて家での練習で賄えないコーチングを依頼してくる事も多い。

本番まで時間や労力を惜しまず、愚痴を一切言わない

必要なレッスンや外部での効果的な演奏の機会を、必要なだけを惜しまず時間や労力を惜しまずにこなされる。経済的な愚痴を吐かない。

コンクールで通過するためには習い事レベルのレッスンや練習では済まないため、経済的なご負担が伴います。そこで折れたり愚痴ってしまわれる方も多い。

まとめ

コンクールに通過する方、特に全国大会などで入賞される親子さんは、どこか突き抜けている部分があります。

最近ではピアニストの清塚信也さんのお母さまのエピソードが周知されていますが「朝5時から練習させられ、寝ていたら『ずっと寝れる時がいずれ来るから起きろ』と叩き起こされていた」と、ご活躍されている今だから笑えるエピソードですが、相当なスパルタ教育たっだことが窺えます。

実際、コンクール覇者の親御さんたちは、こういったスパルタ系、あるいはまったく真逆で黙々淡々とされるか。どちらにしても共通するのは「やれることはやろう」「出来るまでやる」「うちの子は出来る」という強い信念が感じられます。

このように親子でのコンクール挑戦の形は遅くとも中学2~3年くらいまで。そこからは自立してレッスンを受けるためのサポートに変わっていきます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです