スポンサーリンク

コンクールでの演奏に必要な3つのポイント

2019年7月9日コンクール, 練習

コンクールは自分の演奏がどのような評価を受けるのかという事を知る機会です。普段のレッスンや発表会での演奏より少し負荷のかかるチャレンジですが、その経験は成長の糧となるでしょう。

ミャウジ
ミャウジ
コンクールに挑戦するなら、やっぱり自分で納得いくような演奏をしたいなぁ。
闇雲にエントリーすればいいってものでもないよね。受けるからにはしっかり準備して経験として価値のある演奏の機会にしたいよね。
かずねぇ
かずねぇ

コンクールというのは、その性質上、演奏を合格不合格という線引きで評価されるところがあります。コンクールの種類は様々ですが、ここでは国内の主に子供やアマチュアがチャレンジするコンクールについて、どのような演奏が、コンクールではより良い演奏として評価されるのか、以下3つのポイントを見ていきましょう。


スポンサーリンク

楽譜に沿い適切な演奏ができている

コンクールは学習の場でもあります。演奏の表現が素晴らしかったとしても、それが楽譜に書かれていることとは全く逆であったり、逸脱しすぎた解釈だと、審査員には違和感としてとらえられるでしょう。

まずは楽譜がしっかりとよめてそれを表現できているかというのは、最も基本的なラインだと言えるでしょう。

音楽を表現できる技術がある

コンクールの課題として、練習曲が出されることも多いですね。これは演奏者がどれくらいの技術力があり、またその技術でどれくらいの表現ができるのかを判断するために課題として出されています。

受けるコンクールのレベルも練習曲のレベルによってわかります。どれだけ美しいメロディーを表現できていたとしても、それを目立たせるために存在する細かいパッセージや和音などを適切に演奏できなければ、せっかくの音楽が台無しになってしまいます。

技術力はより良い表現のために必須と言って間違いありません。

伝わってくる音楽がある

楽譜もしっかり理解しちゃんと読めているし、技術も申し分ない演奏だが、なぜか心に届かない演奏というのがあります。

心に届かせる演奏というのは決してクネクネさせながら演奏したり、心を込めて演奏するという事ではありません。8割くらいはさらに深く楽譜を読み正しいフレージングとバランスによって表現することが可能です。

そしてあとは演奏者が舞台上で人に届けようとするエネルギーがどれだけあるかによって、伝わり方に差があります。

まとめ

コンクールでの演奏は、多くの演奏者が次々と同じような曲を演奏して、短時間で演奏をカットされるという過酷なものです。

短い時間で多くの演奏を聴かなければならない審査員に、どれだけのアピールができるかという事がポイントで、楽譜に忠実で技術が安定しパフォーマンス力がある、この3点をしっかり押さえて取り組むことが大切です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです


かずねぇのLINEスタンプ