スポンサーリンク

暗譜の3つのポイント

2019年7月7日暗譜, 本番, 演奏

現代のピアノ独奏は暗譜という慣習があります。古典派の時代までは暗譜はかえって作曲者に対して失礼と捉えられていたようですが、ロマン派以降は音域も広がり、跳躍やスピードのあるパッセージが楽曲中に増えて、楽譜を見ながらの演奏が難しくなっていきました。

そのような楽曲を演奏するには必然的に楽譜を凝視することが不可能となり、暗譜演奏というスタイルが生まれたと考えられます。しかし多くのピアノ学習者や演奏者がこの暗譜演奏に悩まされているのではないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
暗譜は慣れてない曲の時、憶えてるかなぁって不安になる時もあるなぁ。
憶えているか否かに気を取られると演奏に集中できないよね。でもピアノは演奏中は両手ふさがっていて、楽譜見ながらだと譜めくりが危ないんだよね。
かずねぇ
かずねぇ

なぜ暗譜をしなければならないか、についてはこちらの記事に書いています。ピアノ弾きはなぜ暗譜をしなければならないのか

ここでは、暗譜とはいったいどのような憶え方をしていることなのかを以下に述べていきます。


スポンサーリンク

視覚的に楽譜を憶える

暗譜初期の比較的暗譜が浅い状態のとき、演奏しながら頭の中で楽譜のどのあたりを今弾いているのか、確認する作業などで必要な憶え方の一つです。また、何度も演奏している曲でも、だいたいどこのどのあたりを弾いているか、楽譜を頭の奥には閉まっていたとしても、いつでも引き出せるような状態であると、その楽曲はレパートリーとしてあり続けることができます。

しかし視覚的記憶に頼りすぎると、版を変え楽譜の模様が変わってしまうと一瞬迷ってしまうこともあります。

身体で憶える

演奏は体を使うものなので、このあたりでこう動くというのを、耳で憶えた音楽と合わせて動作も覚えます。その反対もあるでしょう。体が反射的に動くことによって、次の音が出てくるという事は演奏中にはしばしばあることです。

耳で憶える

メロディーは大抵耳で憶えていますが、和声や難しい内声などは、一つ一つの音を憶えるというよりは、響きや流れの一環として記憶しており、その響きはどのような動作で行っているのかという事と連動して記憶している場合が殆どです。

まとめ

暗譜は人間の記憶に関わることなので、1つの方法で憶えていることはありません。上記3つがうまく連動して記憶として定着させていく作業が暗譜です。暗譜演奏での理想は、何も考えず自然と演奏が出てくるような状態です。その状態を作り出すためには、ぼーっとしてでも学校から家に帰れるような状態と同じようになることです。そのためには記憶定着するまでの反復練習、忘れないための反復練習…反復練習しかないのです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです


meowsician

かずねぇのLINEスタンプ