スポンサーリンク

弾けない所がなかなか弾けるようにならない3つの理由

2019年8月10日上達, 演奏

譜読みからだんだん弾けてきて曲らしくなってきたけれど、いつまでたっても同じところがつっかかったり上手く弾けなかったりすることがありますよね。レッスンで部分練習をしなさいと注意されるような箇所です。

ミャウジ
ミャウジ
いい感じで弾けるところは気分良く練習できるけど、弾けないとこって、なんかずーっと弾けない…
それは気分さがっちゃうね。弾けるってどういう状態なのかわかる必要があるよ。
かずねぇ
かずねぇ

自覚して弾けてない所もあれば、弾けてるつもりが「弾けてない」とレッスンで注意される所もあります。ではなぜ弾けない、または弾けていないと言われるのでしょうか。以下3つみていきましょう。


スポンサーリンク

基礎力が足りていない

なかなか弾けないのは自分にとって技術的に難しい所です。そもそもの技術がなければなかなか弾けるようにはなりません。弾きにくい箇所に似たパターンを繰り返す練習の基礎練習や、その他の基礎的なテクニックを上げていき指の動きをスムーズにすると弾きやすくなっていきます。

憶えていない

弾けない所は前後と比較して技術的に難しかったり難解な音型である場合が殆どです。弾けないのは音を憶えていないことが大きな原因で、そういう箇所は目で楽譜を読んでから指を動かすことになるので、反応するのが遅くなり突っかかってしまいます。

弾けない所は憶えて耳と運指に集中して練習しない限り、いつまでたっても弾けないという状態からは抜け出せません。

全ての音が認識できていない

自分が弾けているつもりでも「弾けてない」と指摘されるのは、音に対しての認識が足りていない場合が殆どです。全部の音をいい加減に処理しているために、聴こえてくる音が抜けていたり、テンポが定まっていなかったり、細かいパッセージの粒が不揃いで、演奏としては成り立っていないのです。

まとめ

弾けているというのは、その曲を憶えて体が勝手に動き、出てきた音が音楽になっているという状態のことを言います。楽譜を外し暗譜で弾けるようになるまで練習することが弾けることへの近道です。

まだ演奏することに必死で、すべての音を聴くのが難しい状態であれば、確認として録音や録画を利用して客観的に自分をみるとよくわかります。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ