【ピアノの集中力を高める】ワーキングメモリ強化の為のNバック課題

2020年2月27日心理学・脳科学,モチベーション・やる気,上達,DNB

ピアノの上達には集中力が欠かせません。

  1. 気になることがある
  2. やる事が沢山ある
  3. あれもこれも気になってしまって集中がしにくい…。

こんな悩みは有りませんか?

今回の記事では、集中力を高めるために必須の「ワーキングメモリ」を強化すると言われているトレーニング

Nバック課題

をご紹介します。

スポンサーリンク

【ピアノの集中力を高める】ワーキングメモリ強化の為のNバック課題

【ピアノの集中力を高める】

ワーキングメモリ強化

Nバック課題

人間の脳は本来集中しすぎないようにできているそうです。集中しすぎると命の危険があるので、いつでも対応できるようにという生物としての機能です。

しかし人が行う作業には集中力を要するものって結構多くて、いくら本来がそうだと言ってもやっぱり集中はしないといけません。

その集中に関わるのが脳の機能「ワーキングメモリ」というものです。

ワーキングメモリとは

集中力を高め、上達をするためには「ワーキングメモリ」の強化がポイントであることが最近の研究で分かってきています。

ワーキングメモリ(Working Memory)とは認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念である。作業記憶作動記憶とも呼ばれる 。

引用元:Wikipedia

難しく書いてありますが、 一時的に情報を保持して処理する脳ミソの能力のことです。 短期記憶と言われている事もありますが記憶ではなく脳の機能と考えると分かりやすいでしょう。

脳の作業机

なんて言われることもあります。

処理する机が大きいほど沢山の作業が出来るというところから、そのように例えられています。

ワーキングメモリについての記事はこちらをご覧ください。

Nバック課題

ワーキングメモリを鍛えるのに、かなり効果が期待されているのが、今日ご紹介するNバック課題と言われているトレーニングです。

これは認知機能を鍛えるため、またADHDなどの集中力欠如タイプの人にもかなり効果があると言われています。

では、Nバック課題について少し深掘りしていきましょう。

Nバック課題とは

まず、Nバック課題について簡単に説明しておきましょう。

Nバック課題(英: n-back task)とは、脳機能イメージングなどの分野で実験参加者の脳活動を調べる際や心理実験などでよく用いられる持続処理課題 (Continuous Performance Task) である。

引用元:Wikipedia

簡単に言うと、文字や数字を順に言ってそれを聴きながらN個前の文字や数字を言う。みたいなことです。(Nは数字numberのこと)

聴覚3バック という課題なら以下のような文字羅列を読んだ時に、3つ前の文字が読み上げられたら反応する。という感じでやります。

T L H C H S C C Q L C K L H C Q T R R K C H R …
Wikipediaからの引用

このような文字が読み上げられた時に、 青字 が指示された3つ前の文字(3 back)だから 赤字の時にリアクションしなければならない。というルールで行われて行きます。

…めっちゃアタマしびれそうですね。集中しないと出来ない。そんな課題です。

Nバック課題の効果

ワーキングメモリのトレーニング効果については、あまり効果がないんじゃないか…という分析結果もあるようです。プラセボ効果なんじゃないか?という疑念です。

こちらの論文に詳しく書いてあるので、興味のある方はどうぞ。

ワーキングメモリトレーニングと流動性知能 (外部リンク)

しかし、実際にやってみると、かなり脳ミソ使う感じがあるので活性化はしているのではないかと思います。

メンタリストDaiGoさん監修のDNBという無料アプリもあるようなのでご紹介しておきます。ゲーム感覚で楽しめます。

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-

keigo matsumaru無料posted withアプリーチ

おまけ

ワーキングメモリを強化したりちゃんと働かせるためには、マインドフルネス瞑想もおすすめです。マインドフルネスについては、こちらの記事に書いていますのであわせてどうぞ。

マインドフルネスにはこちら

まとめ

上達のためのワーキングメモリの強化に役立つのでは?と言われているNバック課題についてお話しました。

ピアノの練習自体が、ワーキングメモリを強化することだともいわれていますが、Nバック課題のような、また違ったアプロ―チのワーキングメモリ強化を取り入れることで、さらに柔軟で強固な集中力をゲットできるかもしれませんね。

 


関連書籍・CD・楽譜

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです