スポンサーリンク

ピアノ上達に必要な3つの才能

レッスン, 練習, 上達

ピアノが上達する人としない人がいるのはなぜだろう…あの人はどんどん上達するのに私はなぜ上達しないのだろう…と悩む人は多いのではないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
ぼくもなかなか上達しない時って、才能ないのかなぁって思う時があるよ。
上達する才能と言っても、そもそも上達がどういうことなのかが分かる必要があるよ。
かずねぇ
かずねぇ

ピアノの上達にはどんな才能があればよいのでしょうか。では以下3つ見ていきましょう。


スポンサーリンク

弾けていない問題点を明確にすることができる

上達しない大きな原因は、まず何が問題なのかが分かっていないという事です。問題点が分かってはじめて解決策を考えることができます。自分で何が出来ていないのかを考えだすこと、そして具体的に指摘して頂ける先生に積極的にレッスンを受けることができる人に、上達への道が開けてきます。

反復練習に耐えることができる

ピアノや他の楽器、また運動も同じですが、身体に入るまで反復練習をしなければなりません。問題点をクリアにすることはできても反復練習ができない人は、残念ながら上達に限界があります。少し乱暴な言い方をするなら、問題点はわからなくても反復練習が出来る方が上達します。問題点は人から教わることが出来るからです。反復練習は自分自身でしなければなりません。

反復練習が苦手な場合、如何に練習を積むメニューを作れるか、またやる気をそそる指導を仰げるかがポイントです。最終手段は反復練習をさせてくれるコーチをつけることです。

そもそも才能とか考えない

上達する人は、そもそも才能や上達などのワードを考えていません。随分前ですが、ビートたけしさんが「才能のあるやつは、そもそも自分が出来ないはずがないと思ってるから出来るまでやっちゃうんだよ。だから結果的に出来ちゃうんだ」というような事をおっしゃっていました。

まさにその通りで、上達や才能という事は結果として他人がそう思う事です。この曲を弾けるようになる!という具体的な目標があり、達成のためのメニューやスケジュールを具体的に考え出し実行することができる人が結果的に上達していると言えます。

まとめ

ピアノ上達のためには上記のような問題解決能力と鍛錬する力が必要ですが、才能云々を考えるより、出来るまでやる。これが一番の上達法です。

かずねぇのLINEスタンプ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです