【ピアニストが教える☆これが才能だ!】ピアノ上達に必要な3つの才能

2019年8月12日レッスン,練習,上達

  • ピアノが上達する人としない人がいるのは何故だろう…
  • あの人はどんどん上達するのに私はなぜ上達しないのだろう…

こんな悩みはありませんか。

そしてきっと原因はこんなことを考えているでしょう。

  • 才能の差
  • 自分の努力が足りない
  • 練習方法が悪い
  • コツを知らないだけ
ミャウジ
ミャウジ
ぼくもなかなか上達しない時って、才能ないのかなぁって思う時があるよ。
上達する才能と言っても、そもそも上達がどういうことなのかが分かる必要があるよ。
かずねぇ
かずねぇ

今回の記事では、ピアノ上達に必要な3つの才能

  1. 弾けていない問題点を明確に出来る
  2. 反復練習に耐えられる
  3. そもそも才能とか考えていない

これらを解説していきます。

スポンサーリンク

【ピアニストが教える☆これが才能だ!】ピアノ上達に必要な3つの才能

【ピアニストが教える☆これが才能だ!】

ピアノ上達に必要な3つの才能

才能は音楽性と思っている人もいますが、実際には目標を達成したり成果をだせるスキルの方が大事だったりします。

では3つの才能

  1. 弾けていない問題点を明確に出来る
  2. 反復練習に耐えられる
  3. そもそも才能とか考えていない

これらについて深掘りしていきましょう。

弾けていない問題点を明確にすることができる

上達しない大きな原因は、まず何が問題なのかが分かっていないという事です。

問題点が分かってはじめて解決策を考えることができます。

  • 自分で何が出来ていないのかを考えだせる人
  • 具体的に指摘して頂ける先生に積極的にレッスンを受けることができる人

こういう能力のある人に上達への道が開けてきます。

反復練習に耐えることができる

楽器演奏は身体に弾き方や音が入るまで反復練習をしなければなりません。

問題点をクリアにすることはできても反復練習ができない人は、残念ながら上達に限界があります。

少し乱暴な言い方をするなら、問題点はわからなくても反復練習が出来る方が上達します。

反復練習が苦手な場合の対策は以下

  • 練習を積むメニューを作る
  • やる気をそそる指導を仰ぐ
  • 最終手段は反復練習をさせてくれるコーチをつける

そもそも才能とか考えない

上達する人は、そもそも才能や上達などのワードを考えていません。

随分前ですが、ビートたけしさんが

「才能のあるやつは、そもそも自分が出来ないはずがないと思ってるから出来るまでやっちゃうんだよ。だから結果的に出来ちゃうんだ」

というような事をおっしゃっていました。

まさにその通りで、上達や才能という事は結果として他人がそう思う事です。

この曲を弾けるようになる!という具体的な目標があり、達成のためのメニューやスケジュールを具体的に考え出し実行することができる人が結果的に上達していると言えます。

まとめ

ピアノ上達に必要な3つの才能

  1. 弾けていない問題点を明確に出来る
  2. 反復練習に耐えられる
  3. そもそも才能とか考えていない

これらについてお話しました。

ピアノ上達のためには上記のような問題解決能力と鍛錬する力が必要ですが、

才能云々を考えるより出来るまでやる

これが一番の上達法ですね。

サイト内関連記事


おすすめ書籍


不安や緊張のコントロールにはマインドフルネス

多くの音楽家も実践するマインドフルネスは、今に集中する事によって不安や緊張をコントロールすることが出来るようになります。

【オンラインセミナー】

スタサプ・オンライン学習

学校や塾の勉強で分からない所があったらサクッと動画で検索できるスタサプ。

練習に時間を取りたい人にはピッタリの勉強方法です。

【スタサプ小中学生講座】

【スタサプ高校講座・大学受験講座】

オンライン家庭教師

一人で勉強するのは苦手…一定時間先生にみっちり指導して欲しいという人にはオンライン家庭教師がオススメ。

まずは無料体験から!


かずねぇのLINEスタンプ