【伸び悩む原因はコレ!】より良くレッスンを受けるための復習と改善

2019年7月28日レッスン,練習

レッスンに通っていてこんな悩みはありませんか?

  1. 進歩が感じられない
  2. 同じ注意ばかりされる
  3. 新しいことを教えてもらえない
ミャウジ
ミャウジ
一生懸命練習していったつもりだけど、注意が直ってなくてまた同じ注意されるんだよなぁ。
先生は注意するのが仕事だから、問題が改善されていなければ、同じところを指摘することになるね。そこで「何回言ったらわかるの」とキレる先生は資質が問われるけどね。
かずねぇ
かずねぇ

今回の記事では、レッスンや指導を受けているにも関わらず伸び悩んでいる人へ

  1. 伸び悩む理由
    1. 進歩が感じられない理由
    2. 同じ注意ばかりされる理由
    3. 新しいことを教えてもらえない理由
  2. ちゃんとレッスンを受けるために必要な復習と改善

この2つを解説します。

スポンサーリンク

【伸び悩む原因はコレ!】より良くレッスンを受けるための復習と改善

【伸び悩む原因はコレ!】

より良くレッスンを受けるための

復習と改善

ここでは単発のレッスンや公開レッスンなどの本番的なレッスンではなく、通常の定期的なレッスンについてです。

進歩が感じられなかったり同じ注意をされてしまうのには理由があります

  1. レッスンで進歩が感じられない理由
  2. 同じ注意ばかりされる理由
  3. 新しいことを教えてもらえない理由

この3つのポイントをまず深掘りしていきましょう。

レッスンで進歩が感じられない理由

進歩が感じられないには2つの種類があります

  1. 実際には進歩しているけれど微小すぎて気づけていない
  2. 本当に進歩していない。

1の場合…少し前にやった事をもう一度反復してみると出来たり先生に進歩を認めてもらえていたりします。

2の場合…練習の取り組み方や心構えに問題があります。

同じ注意ばかりされる理由

改善が見られない場合は同じ注意ばかりされます。

以下のような理由が考えられます

  1. 注意を理解していない
  2. 注意されたことを忘れてしまっている

同じ注意が多い場合は、ちゃんと理解できていなかったり忘れてしまっていることが原因です。

新しいことを教えてもらえない理由

これは2つの原因があります。

  1. 改善が見られないため前の注意でレッスンが終わってしまう
  2. 先生が教えたくない

2は改善がない人へは教えても意味がないと考えているため。

あるいは心情的な問題です。

より良いレッスンを受けるためにどうすればよいか

できれば毎回のレッスンで向上を感じたいですよね。

そんなレッスンを受けるため以下3つのポイントを深掘りしていきます

  1. レッスンから帰った日に注意を復習する
  2. 注意をすべて復習する
  3. 注意以外の問題点を自分で新たに見つける

レッスンから帰った日に注意を復習する

人の脳は反復記憶を繰り返さないものに対してある程度時間が経過すると

必要ない

と判断して忘れてしまうようにできています。

記憶のメカニズムからもその日のうちに復習することはかなり重要です。

注意や気になる点をすぐに書き留めたり反復して練習をし、しっかりと記憶にとどめるようにしましょう。

注意をすべて修正する

その日のうちにすぐに復習することで、注意点の漏れが少なくなります。

それを一つずつ改善していきます。

何を練習したらよいかなどのヒントをレッスンでは習うはずです。

その注意点と練習方法をメニュー化して取り組むとよいでしょう。

おすすめなのがPDCAサイクルです。

注意以外の問題点を自分で新たに見つける

注意を改善して次回のレッスンに直していくのは当たり前の事という思考をつくることが大事です。

完ぺきに直してレッスンにくるけれど何か今一つ演奏に輝きがない人は、この自分で新たな発見をするという部分が欠けている傾向があります。

さらに自分で勉強をし研究をして行き詰ったり疑問に思うことをレッスンで先生に尋ねるというのは、かなり上級な受け方といえるでしょう。

もっと良いレッスンをこの生徒さんに受けて頂こうと先生に思わせるポイントでもあります。

しかし弾けていないのに、あまりにも理屈に走りすぎるのも良くありません。

「ごちゃごちゃ言ってないでまずは弾けてね」

と一蹴されますのでご注意を。

まとめ

楽器演奏のレッスンは、残念ながら短期間での目覚ましい進歩というのは難しいです。

それまでの積み重ねの上でしかありえなくコツコツと日々の努力なしには向上できないものです。

毎回のレッスンが成長の小さな1歩で実あるものであって欲しいと願って先生方はレッスンを行っています。

それぞれのレッスンに対するスタンスがありますので、楽しく先生とのおしゃべりが目的も方もいるでしょう。

レッスンの合間に少し気分を変える程度ならおしゃべりもアリだと思いますが、レッスンは一方的なものではなく、先生の力量と生徒さんの習う姿勢の両方のバランスで成り立っています

受けるレッスンをより良いものに、そしてご自身の演奏が一歩前進するように、次のレッスンまでの練習に取り組み真摯にレッスンを受けることが大切です。


サイト内関連記事


おすすめ書籍


Twitterで人気の記事

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

かずねぇの基礎練習を公開しました。

退屈しがちな基礎練習をゲーム感覚で出来るバリエーションを紹介しています。

動画など順次加筆予定です。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き。

Contact フォームよりお問合せ下さい

サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」

かずねぇのLINEスタンプ