スポンサーリンク

練習する3つのモチベーション

2019年4月24日練習

楽器を演奏するためには練習は欠かせません。しかし練習はなかなかの忍耐が必要なもの。どのようにモチベーションを保ったらよいのでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
練習しないでも、上手に弾けるようになれたらいいのになぁ。
楽器を演奏するには練習は欠かせないの。だからモチベーションを持つことは大事なの。
かずねぇ
かずねぇ


演奏したいけど練習は苦手…。でも練習しないと演奏はできない。練習するために、どうやってモチベーションを保っていったらよいかを3つ挙げていきましょう。


スポンサーリンク

レッスンに行く

まずはレッスンに行くことでしょう。練習は一人孤独にコツコツとやるものですが、果たして上達しているのか、同じことの繰り返しで時間が経過するうちに、方向性は正しいのかは分からなくなってしまいます。

レッスンに行き客観的にアドバイスをしてもらうことで、自分の演奏が今どうなのかがわかり、新しいアイディアやヒントを得て、また練習を積むことができます。

誰かと共演する機会をつくる

一人での練習は孤独でさみしいもの。そして自分に甘くなってしまうこともあるかもしれません。

アンサンブルで演奏する時は、共演者がいて迷惑をかけられない。また恥ずかしい演奏もできないし自分が弾けていないせいで音楽が成り立たないなんてことになれば、その後アンサンブルの機会を得ることを失ってしまう可能性もあります。

他力本願なモチベーションの保ち方かもしれませんが、他者の耳が存在するアンサンブルは、練習しなければ!というモチベーションをあげてくれます。

本番をつくる

練習するしかないという状況です。本番での緊張や集中力は大変負荷がかかりますが、終わった後には出来如何に関わらず、必ず達成感があるものです。

人前に立ち演奏を披露する機会があるという現実は、気分が乗らない、体がしんどいなどの理由は一切言い訳にはならず、否が応でも練習せざるを得ない状況になります。

まとめ

以上、練習するために必要なモチベーション3つをご紹介しました。3つに共通する練習するために必要なのことは誰かに聴いてもらうというシチュエーションを作ることに他なりません。人前で演奏する機会を作ることがなによりのモチベーションにつながる方法ではないでしょうか。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです


meowsician

かずねぇのLINEスタンプ