【表現力は才能?】表現を高めるには練習のアプローチを変えてみよう

2020年3月9日練習方法,練習,ピアノ練習

音楽を表現しなさい

このようなアドバイスに対して、どうすればいいのか分からない…という人もいるのではないでしょうか。

子供の頃にレッスンで

「espressivo!表情豊かに!」

と注意された時、一生懸命に顔の表情を変えて周りの大人の爆笑を誘ったという経験をお持ちの方もいるでしょう。

何も意識せずに楽器を奏でれば音楽的な表現になる人もいれば、工夫を凝らさなければ音楽的な表現にならない人もいます。

今回の記事では、表現をしているつもりだけれど音楽的な表現にならない人に

  1. その表現、勘違いしているよ!
  2. アプローチを変えてみよう

こういった内容でお話していきます。

スポンサーリンク

【表現力は才能?】表現を高めるには練習のアプローチを変えてみよう

【表現力は才能?】

表現を高めるには

練習のアプローチを

変えてみよう

表現力は才能だ…と思っている人もいるでしょう。

音楽的な表現で演奏をしている人は、ぱっと音楽になるからきっと才能があるんだと思われがちです。

確かにそういう部分では才能があると言えますが、パッと演奏して出来上がる音楽はどれも自己表現の範囲内のものと言えます。

クラシック音楽は色んな時代の様々な作曲家による作品があるので、一辺倒な自己表現目的の演奏では表現力があるとは言い切れません。

表現力のある演奏と言うのは以下のようなことであると言えます。

  • 作品を表現しうるテクニックに不足がない
  • 音楽の基本的な表現を理解している
  • 作曲家や作品の意図を組んだ表現である
  • 聴き手に伝えるエネルギーが演奏にある
  • 聴き手に音楽として伝わっている

では次に、表現しているのに伝わらない理由をお話していきます。

その表現、勘違いしていませんか

表現力を高めようと、あれやこれやとやるけれど空回りしたりうまく伝わっていない場合は、表現することを勘違いしているのかもしれません。

では、以下の3つの質問に答えてみてください。

  1. 演奏とは自分を表現することだ
  2. 表現するとは沢山、何かを出すことだ
  3. 演奏する曲は自分の好きなように演奏するのが大事だと思う

これらの質問に1つでもYESと答えたのなら、表現に勘違いしているポイントがあるかもしれません。

アプローチを変えてみよう

初心者で弾くことで精いっぱいであったとしても、音楽の表現は自分の作品を演奏する時以外は、他人の作品を演奏します。

作曲家の頭の中の音楽を、楽譜と言う形で伝えようと残したものを読み取り表現することが演奏するという目的の1つでかなり大きな割合をしめています。

表現力を高め音楽を伝えるためには、まずマインドを変えていく必要があり、そこからさらに練習や取り組みのアプローチを変えていく必要があります。

表現が伝わらない理由

表現力がない、演奏が伝わらない理由は以下の事が原因であると考えられます。

  • 演奏を自己表現と捉えている
  • 足し算や掛け算の表現しかしていない
  • 作品の音楽と作曲家が伝えたいことを表現していない

表現するってどういうことか

作曲家が楽譜と言う形で伝え残した作品を再現するのが演奏です。

なので、演奏で表現することというのは

その作品を自分と言う媒体で作曲家が伝えたいことを表現する

というスタンスであるのがレベルに問わず理想です。

【PR】ピアノは練習に時間が必要で、塾に行ったりしにくいそんな時にはオンライン学習。今一番人気の勉強法【スタサプ】です!

表現力を高めるためのアプローチ

表現力を高めるため、練習において必要なマインドは

  1. 作曲家と作品がどういう曲なのかを知る
  2. 音楽の基本的な表現を学ぶ
  3. 表現しうる技術力をあげる

作品を伝えるというのは音楽を表現するという基本的なマインドです。そのために技術を磨き楽曲を勉強します。

具体的には…

  1. 西洋音楽史・作曲家の伝記を読む
  2. 楽典や楽曲分析が出来るようになる
  3. 基礎練習やエチュードでポテンシャルアップ

作曲家・楽典や楽曲分析の必要性の関連記事

基礎練習関連記事

まとめ

表現力を高めるには以下の3つが大切

  1. 作曲家と作品がどういう曲なのかを知る
  2. 音楽の基本的な表現を学ぶ
  3. 表現しうる技術力をあげる

表現力はパッと弾けてしまう才能よりも、そのような表現になるためのアプロ―チが出来るかものすごく大切です。

練習で表現力をつけるために必要な積み上げが出来るという努力才能は必要だと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

関連書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】

オンライン学習

ピアノは練習に時間が必要で、塾に行ったりしにくいですよね。そんな時にはオンライン学習。分からない所を検索出来たり、ホントにこれ便利です!


オンライン塾

自分で勉強するのが苦手な人は、オンライン塾がおすすめ。自分に合った内容の授業をカスタマイズしてもらえ、コミニュケーションを取りながらやる気を引き出す授業がうけられます。