【保存版】オーケストラで使われる各楽器の大きさと重さと素材と音域

2021年10月4日楽器,まとめ・おすすめ・比較,金管楽器,弦楽器,打楽器

オーケストラで使用される主要な楽器の大きさと重さの一覧です。

ピアノは楽器を持ち歩く事をしませんが、オーケストラ楽器の人はいつも自分の楽器を持ち歩いています。(打楽器・コントラバスを除く)

持たせてもらった時に意外と重かったり軽かったり。

ケースに入れるとさらにすごい重さになるものもあります。

楽器は製作者やメーカーによって大きさや重さに違いがあるので、ここでは平均的な大きさを記載しています。

また素材も様々なので平均的なものを記載しています。

  1. 木管楽器
    1. フルート
    2. オーボエ
    3. クラリネット
    4. ファゴット
    5. サクソフォン
  2. 金管楽器
    1. トランペット
    2. ホルン
    3. トロンボーン
    4. チューバ
  3. 打楽器
    1. ティンパニ
    2. バスドラム
    3. スネアドラム
  4. 弦楽器
    1. ヴァイオリン
    2. ヴィオラ
    3. チェロ
    4. コントラバス
    5. ハープ
  5. 鍵盤楽器
    1. ピアノ
    2. チェンバロ
    3. パイプオルガン

各楽器の画像と音域はWikipedia よりURL転載しています。

画像はWikipedia より引用させて頂いています。Wikipediaに記載されている二次利用のルールに従って引用元のリンクは貼ってありますが問題がございましたらお問合せフォームよりご連絡頂けますと幸いです。

いくつかのサイトや書籍をリサーチして記載していますが訂正や加筆の必要性がある場合もご連絡頂けますと幸いです。

管楽器の音域についてWikipediaからの引用画像にご指摘がありましたので順次訂正して掲載しています。間違い等お気づきの点がございましたらご指摘頂けますと幸いです(2021.10.9)

スポンサーリンク

【図解】オーケストラで使われる各楽器の大きさと重さ

【図解】オーケストラで使われる各楽器の大きさと重さ

オーケストラで使われている楽器を大きく5つに分けます

  1. 木管楽器
  2. 金管楽器
  3. 弦楽器
  4. 打楽器
  5. 鍵盤楽器

素材も時代によってさまざまなので平均的なものを掲載しています。

鍵盤楽器はオーケストラに交じることは多くはないですがコンチェルトなどでの共演も最も多い楽器なので入れています。

木管楽器

木管楽器の各楽器の大きさと重さと音域一覧

楽器名大きさ重さ素材
フルート約65cm400~500g銀・14金・18金・プラチナ
オーボエ約70cm約700gグラナディラ
クラリネット約70~80cm約800g~1kgグラナディラ
ファゴット約1.3~4m(約2.5m)約4kgハードメープル
サクソフォン(アルト)約70cm(約1m)約2.5kg真ちゅう

※前述のファゴット6kgはコントラファゴットの重さでした。訂正してお詫び申し上げます(2021.10.5)

フルート

Wikipedia「フルート」

音域(実音)

フルート in C

オーボエ

Wikipedia「オーボエ」

音域 (実音)

オーボエ in C

クラリネット

Wikipedia「クラリネット」

音域 (実音)

クラリネット in B♭
クラリネット in A

ファゴット

Wikipedia「ファゴット」

音域 (実音)

ファゴット in C

サクソフォン

Wikipedia「サクソフォーン」

音域 (実音)

アルトサックス in E♭

金管楽器

金管楽器の各楽器の大きさと重さと音域一覧

器名大きさ重さ素材
トランペット約50cm
管長 1.4m
1~1.2kg真ちゅう
ホルン管長 180~360cm
ベル 直径約30cm

2.0~2.8kg
真ちゅう
トロンボーン管長 約270cm
ベル 直径約16.5~22.8cm
約2kg真ちゅう
チューバ高さ 約1m
管長 約10m
ベル 約42cm
約10kg真ちゅう

トランペット

Wikipedia 「トランペット」

音域 (実音)

トランペット in B♭

ホルン

Wikipedia「ホルン」

音域 (実音)

フレンチホルン in F

トロンボーン

Wikipedia「トロンボーン」

音域 (実音)

テナートロンボーン in C

チューバ

Wikipedia「チューバ」

音域 (実音)

チューバ in C

打楽器

打楽器の各楽器の大きさと重さと音域一覧

楽器名大きさ重さ素材
ティンパニ直径
20in, 23in, 26in, 29in, 32in
高さ 74~87cm
胴 25~50kg
アルミ 10~25kg
ケトル
銅またはアルミニウム
鼓面
皮(牛または羊)
樹脂
バスドラム(コンサート用)直径 32in,36in
胴深 18(20,22)in
約12~24kgシェル メイプル
鼓面 皮、ニュースキン
スネアドラム(コンサート用)直径 13~14in
胴深 5~6.5in
約4kg~7kgシェル ローズウッド、メイプル、スチール、カッパー
マレットティンパニ 36~38cm
バスドラム 38~43cm
ティンパニ 約30g(1本)
バスドラム 約100~400g
メイプル、竹、オーク
フェルト
ドラムスティック38~41cm40~60g(1本)ヒッコリー、ローズウッド

※1inch=約 2.54cm
※材質はYamaha カタログ参照

ティンパニ

Wikipedia「ティンパニ」

音域

バスドラム

Wikipedia「バスドラム」

スネアドラム

Wikipedia「スネアドラム」

弦楽器

弦楽器の各楽器の大きさと重さと音域一覧

楽器名大きさ重さ素材
ヴァイオリン全長 約60cm
胴部 約35cm
弓  73cm
本体 500~600g
弓 55~65g
本体 
スプルース、メイプル

ペルナンブコ、繊維強化プラ、馬の尾
ヴィオラ全長 約70cm
胴部 39~43cm
弓  72cm
本体 600~700g
弓 65~70g
本体 
スプルース、メイプル

ペルナンブコ、繊維強化プラ、馬の尾
チェロ全長 約120cm
胴部 75~76cm
弓 69.5cm
本体 3~3.5kg
弓 70~80g
本体 
スプルース、メイプル

ペルナンブコ、繊維強化プラ、馬の尾
コントラバス全長 約170~200cm
胴部 1110~1130cm
弓 68cm
本体 10~12kg
弓 90g
本体 
スプルース、メイプル

ペルナンブコ、繊維強化プラ、馬の尾
ハープ(グランドハープ)高さ 約165~200cm26.5~45kg本体
ラミネート合板、天然木

ガット、ナイロン、スチール

※コントラバスは日本のフルサイズはヨーロッパの3/4
※コントラバスの弓はフランス式とドイツ式で異なる

ヴァイオリン

Wikipedia「ヴァイオリン」

音域

ヴィオラ

Wikipedia「ヴィオラ」

調弦

チェロ

Wikipedia「チェロ」

調弦

コントラバス

Wikipedia「コントラバス」

調弦

※実音は1オクターブ低い

ハープ

Wikipedia「ハープ」

音域(ダブルアクション)

鍵盤楽器

鍵盤楽器の各楽器の大きさと重さと音域一覧

楽器名大きさ重さ素材
ピアノ(グランドピアノ)幅 約146~160cm
奥行 約150~280cm
250~500kg木材・スチール・羊毛・樹脂など1万個以上のパーツ
チェンバロ幅 約80~130cm
奥行 約150~250cm
本体 30~70kg
脚 10~15kg
本体
ポプラ・柊・クルミ・楢など
鍵盤
ツゲ・黒檀・牛骨・菩提樹など
パイプオルガン高さ 10~15m
幅  5~15m
奥行 2~5.5m
10~30トン(推定)パイプ
オルガンメタル(錫と鉛を配合した金属)
木製

※チェンバロの素材 チェンバロ制作 / 三創楽器
※チェンバロの重さに関する情報少
※パイプオルガンは個々に大きさがかなり違うため日本各ホールのものをピックアップしたおおよその数値

ピアノ

Wikipedia「ピアノ」

音域

チェンバロ

Wikipedia「チェンバロ」

音域

  • 16世紀イタリア
    • 一段鍵盤 C/E-c3
    • 二段鍵盤 下鍵盤 C/E-f3、上鍵盤 C/E-c3
    • 音域の広いもの 下鍵盤 GG-c3、上鍵盤 F-f3
  • フランス
    • 17世紀 GG/BB-c3
    • 18世紀前半GG-e3やFF-e3
    • 1760年頃~18世紀末 FF-f3が標準
  • 18世紀イギリス
    • カークマンとシュディのチェンバロ FF,GG-f3
  • 1780年頃以降は通常通りFF#

パイプオルガン

Wikipedia「オルガン」

音域

まとめ

オーケストラで使用される楽器の大きさと重さと音域をまとめました。

持ち運ぶ場合は本体の重さ+ケースの重さが加わります。

最近は軽量で丈夫なケースも多く出ていますが、それでもウェイトがあります。

自分が演奏する楽器以外の重さや大きさはなかなか体感しないので想像しにくいですね。

余談ですが随分以前はまだカーボンなどの軽量のものがなく、軽さを求めるがゆえに発泡スチロールのケースというのがありました。

軽いですが耐久性は抜群に悪く、満員電車でケースごと楽器がクラッシュしたという話を聞いたことがあります。

それを思えば最近のケースはかなり進化してオシャレなものも沢山あります。

こんな重さなんだ。。と分かると電車などで楽器を持ち運んでいる人の気持ちがちょっと分かるかも?しれませんね。

Twitterでバズった人気記事

ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

かずねぇの基礎練習を公開しました。

退屈しがちな基礎練習をゲーム感覚で出来るバリエーションを紹介しています。

動画など順次加筆中

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

  • zoomレッスン…あらかじめお送り頂いた動画をもとにレッスン
  • 動画添削レッスン…安心のアフターチェック付き。

Contact フォームよりお問合せ下さい


サイト内記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ