スポンサーリンク

演奏から伝わってくる音楽以外の3つのこと

ピアノ弾きのつぶやき, 演奏

ピアノ演奏は、自己表現であったり、また他人から良い演奏だと認められたいと思って演奏している人が多いでしょう。

ミャウジ
ミャウジ

ぼくも、自分の音楽を表現するんだ!って思う。そして上手だねって褒められたいなぁって思って弾いてるかもなぁ。

プロになると、自己表現は大前提だけれど、もう一つとても大事なことがあるんだよ。それが分かると人の演奏から感じ取れる情報の幅がぐっと広がるんだよ。
かずねぇ
かずねぇ



自己表現や評価されたい、だけではない何かが分かると、どのような聴きとれる情報量が増えるのでしょうか。では以下厳選して3つ見ていきましょう。


スポンサーリンク

神経質さやおおらかさ

以下の点がどういう傾向があるかによって、かなり顕著に音に現れます。

  • 音の切り方
  • 音の間
  • 音質

神経質な傾向はすべてがタイトでシャープな印象です。必要な音楽表現としてタイトに演奏することはありますが、それとは別で本質的な音の要素として感じられます。

人の意見を聞くタイプか否か

デュナミークの差と、フレーズのアゴーギグによって伝わります。

人の意見を聞きすぎる人は、デュナミークがちょっと不自然…というか、自分のアイディアではないなというのが伝わっている演奏をしています。何故伝わるかというと、おそらく注意を受けたであろう箇所だけデュナミークがいかにも効果的である手法で演奏していて、他に行き届いていない箇所が多くあるからです。

またアゴーギグが流れが止まってしまうほどの不自然さがある人は、人の意見をあまり聞かない傾向が強い。人から言われるより自分で分かりたいという欲求の強い人に多い傾向。

生真面目か遊び心があるか

生真面目な演奏を好む人も多くいます。遊び心がないと窮屈に感じる人もいます。どちらが正しいとかはありませんが、とても抽象的な表現ですが、感心するか、感動するかの違いが両者にはあります。

デュナミークとアゴーギグ、そして間など音符以外の箇所や音色に多く表れます。

その他伝わること

人間性やある程度の性格も伝わります。

上記の情報が分かるために

多くの演奏者は、自己表現を目標とし、人からの称賛を求めていることは否めないでしょう。しかしプロの演奏家はさらに聴衆の事を考えて演奏しています。

自分が奏でる音楽が、自分がお客さんとして演奏を聴くときに聴きたい音楽であるか、という事が演奏においてとても大切であると考えている音楽家は、聴衆側の耳を意識して音楽や音作りをすることによって、どのような表現がどういった印象を与えるのかという事が分かってきます。

プロは本質的な傾向は個性として根底にありますが、意図的に神経質な状態やおおらかな状態を作り出すことも可能になります。

まとめ

演奏からは様々な情報があふれています。その情報をキャッチする能力は長年経験によるものであり、自身の演奏の継続やレッスンをする立場で言語化する習慣によって身に付きます。また、人間を知る他の学問の知識も必要になってきます。特に心理学や脳科学などの分野は、さらに演奏からの情報を多く読み取るための必須分野といえるでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです