【演奏への影響】譜めくリストの上手い下手と重要性

2019年12月8日伴奏,室内楽,本番,演奏

アンサンブルや伴奏の時には、ピアニストは譜面を置いて演奏します。

ピアノは演奏する時は両手がふさがっていることが殆どなので、譜めくリストを付けて演奏したり、楽譜を細工して自分でめくったりします。

最近ではタブレットで電子楽譜を使用する人も増えつつあります。

ですがやはりまだまだ紙の楽譜が主流です。

ミャウジ
ミャウジ
譜めくりのアルバイトはぼくも時々行くよ。自分が弾くよりドキドキするときもあるなぁ。
譜めくりってとても重要なので、不安なくめくってくれる人って実は希少なんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

譜めくりはとても演奏には重要。

演奏に大きな影響があるからです。

この記事では譜めくりについて以下を解説していきます。

  1. 譜めくりの上手い下手
  2. 譜めくリストの人選
  3. 自分でめくる譜めくりは付けない派

スポンサーリンク

【演奏への影響】譜めくリストの上手い下手と重要性

【演奏への影響】譜めくリストの上手い下手と重要性

譜めくりは楽譜が読めたらだれでもできる?

ということではなく、かなりのスキルが必要だったりします。

譜めくりは演奏する上でかなり重要な役割。

では以下3つのポイントを深掘りしていきます。

  1. 譜めくりの上手い下手
  2. 譜めくリストの人選
  3. 自分でめくる譜めくりは付けない派

譜めくりの上手い下手

楽譜が読めるからと言って譜めくりが上手い…という事ではありません。

譜めくりが上手い人と下手な人の特徴はこんなところにあります。

譜めくりが上手い人の特徴
  1. 奏者の横で控えている佇まいが静か
  2. ページをめくる動きに無駄がない
  3. ピアニストがどのタイミングで譜面をめくりたいのかが分かっている
譜めくりが下手な人の特徴
  1. ガサガサして落ち着きがない
  2. ページをめくる動作が緩慢
  3. ページ最後の音を弾くまでめくらない・かなり手前でめくってしまう

慣れもありますが実際にその楽曲が演奏できる能力があると、自分が演奏している時にめくって欲しいタイミングを知っていて、そのタイミングでめくってくれる人が上手い譜めくり。

横でガサガサ動いたりギリギリまで楽譜を読んで音が終わってからめくるのはあまりうまくない譜めくりです。

演奏中のピアニストは楽譜は常に少し先の音型を見ています。

そのタイミングが合わないとイラっとして集中力を欠いてしまう事もあります。

それを恐れて譜めくりを付けない選択をする人もいます。

譜めくリストの人選

誰でもいいというわけでなく、演奏する曲やその曲の熟練度によって譜めくりの腕を必要とすることがあります。

上記にも書いた通り、同等の楽曲が演奏できるスキルがある人がベストです。

あとは所作が静かな人。

めくりのタイミングは悪くないが、めくる動作がガサツな場合も演奏の集中力を削がれる要因となります。

譜めくりが上手な人の条件
  1. 譜めくりをする曲が同等のレベルで演奏できる
    1. 実際に演奏するタイミングでめくれる
    2. めくって欲しいタイミングを知っている
    3. 譜面の読み方が分かっている
    4. 演奏の邪魔にならない佇まいを知っている
  2. 演奏できない人でも上記のタイミングを知っている

自分でめくる・譜めくりは付けない派

譜めくりを付けない場合

  • 自分でめくれるもの
  • 製本のセッティングで譜めくりを付けずにめくれる場合

楽譜の状況によっては自分自身でめくれる場合は譜めくりを付けないこともあります。

その場合は楽譜の再製本やセッティングの準備が必要。

一人でめくる場合に事前に必要な事

  • どのタイミングでめくるのか
  • どこを憶えるのか
  • どこを端折るのか

調整を直前に練習しなければならない。

タブレットなどで、脚で操作してめくるものもあるようです。

ピアニストは演奏中は脚も使用するので、譜めくりの脚の操作は慣れが必要なようです。

まとめ

譜めくりの上手い下手とその重要性について以下解説しました。

  1. 譜めくりの上手い下手
  2. 譜めくリストの人選
  3. 自分でめくる譜めくりは付けない派

最後に…

譜めくりは、ページ終わりが近づいてきたら、そーっと立ち上がって楽譜の端をもって絶妙なタイミングでめくらなければならなく、上手い譜めくりはストレスなく演奏できます。

時々譜めくリストを軽んじて、お手伝いという形でノーギャラでめくらせている奏者もいます。

譜めくりの経験があれば分かることですがかなりの集中力が必要で神経も消耗するので、いい仕事をする譜めくリストに対しては、しかるべきギャラは必要です。


ゲーム感覚で基礎力UP!かずねぇの基礎練習note

かずねぇの基礎練習を公開しました。

退屈しがちな基礎練習をゲーム感覚で出来るバリエーションを紹介しています。

動画など順次加筆予定です。

配信コンサートの教科書

配信コンサートの教科書です。ノウハウや撮影のヒントなど実例をもとに解説しています。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series

コンサート運営事務所の方で世界各地で活躍する演奏家とのコラボ配信コンサートシリーズを行っています。

オンデマンド収録配信公演を作っています。普段のSNSに投稿する気軽な動画とは違った「公演」というコンセプトの一つの作品としてご覧頂けるコンテンツです。

動画添削レッスン

現在レッスンはオンラインで、習っている先生とは別にセカンドオピニオンを聞きたい方にご利用いただいています。

詳細・レッスン料は Contact フォーム よりお問合せ下さい


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」