スポンサーリンク

子供に1人で練習させたらどうなるのか

ピアノの先生のつぶやき, 練習

子供のピアノの練習に付き合うのは大変…と思っている親御さんは少なくないはずです。できれば自分一人で親が思っている以上の練習をしてくれたらと望むところでしょう。

ミャウジ
ミャウジ
ぼくは自覚もって練習するようになったのは、中学から高校生ぐらいかなぁ…
自分が子供の頃を思い出すと、ママの顔色をうかがっていたり、ご褒美があるとか、怒られてたからとかで練習してた部分は多いよね。
かずねぇ
かずねぇ

子供が一人で練習している時、いったいどうしているのでしょう。きっと大人になった皆さんにも子供の頃の自身の練習に心当たりがあるのではないでしょうか。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

本を読みながら基礎練習

スマホが無かった時代の主流。基礎練や部分練習をしているふりをして本や漫画を読む。親が部屋に近づいてくる気配を察しては尻の下に隠す、楽譜の間に挟む、などして誤魔化しますが、音に集中力が無かったり同じところばかり弾いているので、バレています。

ゲームやSNSをしながら片手練習

スマホ世代の主流はこれでしょう。レッスン室に持ち込んだ時点でアウトと考えてよいでしょう。大人でさえ練習中にも関わらずスマホを見てしまうことがあります。子供にスマホを手元においてみるなというのは、逆に拷問に等しい。

ユーチューブを見ながら練習

練習の参考になる動画を見る事もありますが、別のおもしろ動画などを見てしまうことも。動画はレッスン動画を見ていたなど言い訳しやすい面があり、また一度再生ボタンを押せばしばらく操作する必要がないため、音を出しながらイヤホンで視聴するという技を使うことも。

まとめ

真面目にちゃんと練習する子も勿論いる事でしょう。自覚をもって練習をし始める年齢には個人差があり、早いうちから練習に打ち込める子もいれば、高校生くらいになってもそうはならない子もいます。

多くの音楽家に話を聞けば、どんな人も多少なりとこのように「ながら練習」をした経験があるという話が出ます。楽しい思い出ではありますが、スマホや本を持ち込んでの練習は、このようなおさぼりが起こっている可能性が高いと言えます。

ちゃんと練習させたい時は、スマホなどの持ち込みはひかえる方がよいでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです