【澱む水に芥溜まる】演奏頻度が低くなるとどうなるのか

2019年10月10日ピアノ弾きのつぶやき,本番,演奏

今回は演奏しなくなってしまうとどうなるのかについてのお話です。

音楽家や演奏家、そして先生と言われている人たちが、皆同等に演奏スキルや演奏経験があるわけではありません。

ミャウジ
ミャウジ
偉い先生になっちゃって演奏しなくなっちゃう人もいっぱいいるよね。
年齢と共にしんどい事はしなくなるからね。頻度に限らず演奏の質も問われるし。
かずねぇ
かずねぇ

演奏し続ける事は大変な事です。

しかし様々な事情で演奏しなくなってしまう人も多くいます。

そんな場合に起こることについて以下3つを解説していきます。

  1. テクニックが落ちる
  2. 音楽が古くなる
  3. 失敗を恐れてさらに演奏頻度が下がる

スポンサーリンク

【澱む水に芥溜まる】演奏頻度が低くなるとどうなるのか

【澱む水に芥溜まる】演奏頻度が低くなるとどうなるのか

演奏するにはどうしても練習時間の確保が必要になってきます。

持っているポテンシャルが高かったとしても、演奏することは身体を使うことであるため、恒常的に継続する必要があります。

さまざまな事情で練習することがままならなくなってしまうことがあります。

それが悪ではありませんが、どうしても起こってしまう現象があります。

知っておくだけでも練習を継続するモチベーションの一つになるのではないかと思います。

では以下を深掘りしていきます。

  1. テクニックが落ちる
  2. 音楽が古くなる
  3. 失敗を恐れてさらに演奏頻度が下がる

テクニックが落ちる

頻度が下がれば、準備にかける時間も減ることになる場合が多く、必然的にテクニックは落ちてしまいます。

演奏頻度が高くても扱う楽曲が難易度の低いものばかりだと、テクニックが落ちます。

音楽が古くなる

クラシック音楽の演奏は変化がないものと思われがちですが、5~10年くらいのペースで音楽や表現スタイルの流行が変わります。

常に若い世代との接触があり積極的に音楽を進化させていくことをしなければ、時が止まったままの音楽を演奏して古く感じます。

昔に習ったスタイルのまま演奏してる人は結構多く、それも一興ではありますが時代を感じます。

失敗を恐れてさらに演奏頻度が下がる

本番で緊張する3つの理由 にも書いていますが、頻度が下がると演奏が非日常になってしまうので緊張を伴ってアクシデントが起こる確率が高くなります。

それがトラウマとなり、ますます演奏から遠ざかってしまう傾向があります。

まとめ

演奏頻度が下がるとどうなるのかについて以下解説しました。

  1. テクニックが落ちる
  2. 音楽が古くなる
  3. 失敗を恐れてさらに演奏頻度が下がる

そもそもに演奏スキルが高く、コンクールなどに入賞している人などはポテンシャルはありますが、それでも頻度が下がると、仕上げ方や本番の乗せ方などを忘れてしまい、元に戻すのに労力がいります。

演奏は日々進化していくものなので、どんな形であれ演奏をし続けるという事はとても大切ですね。

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTube

音楽系の記事の信憑性のためにこちらに演奏動画上げています。チャンネル登録して頂けると嬉しいです♪

Video On-demand Concert Series


サイト内関連記事

おすすめ書籍&グッズ

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

[A8-yaruki-MB]

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」