スポンサーリンク

人前で演奏するために必要な3つの本番力

本番, 演奏

家での練習はうまくいくのに、本番になるとうまく弾けない…。他の人はうまく乗り切っているように見えるのに、何故自分は…と落ち込む人も多いのではないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
ぼくも本番はドキドキするなぁ。でも拍手もらえるし楽しいから嫌いじゃないよ。
プロは学生みたいに十分に練習が足りて本番迎えられるってことは少ないかも。本番力ってね、演奏の本質にフォーカスする必要があるんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

緊張するしない、練習が十分か練習不足かではない所に本番力ってあるようですね。これが分かれば人前での演奏に何か変化が生まれるかもしれません。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

今に集中する

本番演奏で大切なのは、これまでに習ってきたことを注意しながら弾くことではなく、「今」自分が出している音のみに集中する事です。

本番が苦手、人前で弾くとダメになる。という人の共通点は、上手に弾きたいという欲や、ちゃんとできるだろうかという不安に囚われ、演奏の「今」に集中していません。

集中のためには弾けていることは大前提ですが、気持ちの中での練習が十分かどうかというのは自分の思いようでどうにでも変化するので、演奏中は余計なことを考えずその時のベストを尽くすことが大切です。

ミスは忘れる

本番中にノーミスで演奏することはプロであってもほぼ皆無です。小さなミスは日常茶飯事なので、ミスをしても引きずらないように演奏し続けるメンタルを養う必要があります。

小さなミスの積み重ねに考えをフォーカスしてしまう事で大きなミスを誘発してしまいます。本番では小さいミスはミスと思わないで演奏する事が大事です。

自分の実力以上を求めない

どんなに練習したからと言って、本番中に急にレベルアップすることはありません。その時の自分の実力をわかり、その中で精いっぱい演奏する事のみに集中していれば、人前で弾くことは怖くなくなります。

まとめ

本番力がある演奏とは決してプロのレコーディングレベルに近づけた演奏をすることではなく、等身大の自分の演奏が出来ていることを指します。

本番では自分の中で十分練習したという事実があることは心の支えになります。練習を積むことで基礎力もついて演奏の安定につながります。

しかし残念ながら、練習を積んだら絶対に人前でちゃんと弾けるというわけではありません。本番で硬くなったりミスをしてしまうのは本番あるあるなので、それを自分自身で受け止めるメンタルが必要です。

練習が十分でない場合も上記のコントロールがうまくできる人は、自分自身が本番で演奏することに怖さも構えもありません。そういった演奏から聴こえてくる音楽には無理がなく、聴き手に好感を持たれるのです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ