スポンサーリンク

長期休みは上達するチャンスである3つの理由

2019年8月1日ピアノの先生のつぶやき, 練習, 上達

ピアノを習っている人の誰もがピアノの上達を願っていることでしょう。仕事や学校のお休みが長くとれる時期は、ステップアップするチャンスです。


ミャウジ
ミャウジ
春休みや夏休みは上達できるチャンスなの!?
そうだよ。長期休みはチャンス!ミャウジも頑張って上達してね。
かずねぇ
かずねぇ

上達のチャンスなら有効に休みを利用したいですよね。学校や仕事に行ってる時と何が違うのでしょうか。では3つのポイントをみていきましょう。


スポンサーリンク

練習時間が確保できる

何といっても長期休みは時間が確保できます。普段学校や職場に行っている時間は、通学通勤も合わせ8~10時間くらいでしょう。8時間として考えて、あと食事に1時間~1時間半、その他の生活に1~2時間、宿題があれば1時間、睡眠に8時間とすると、ピアノが練習できるのは、どう頑張っても4~5時間。この時間を確保するのも状況によってはかなり難しいでしょう。長期休みになると、余裕をもって7~8時間は音楽に向かい合う時間を確保できます。

雑音をシャットアウトできる

普段の学校や職場での生活は、楽器を演奏するために必要なリラックスした集中をしにくい状況にあります。やることに追われ、人間関係でのストレスをかかえ、帰宅して楽器の前に座るころにはヘトヘトになっていることが殆どです。長期休みは、そういったストレスを少なく音楽に向き合うことができます。

音楽的経験を多くできるチャンスがある

上記2つに関連しますが、時間が確保できると音楽に関わるチャンスが普段よりグッと増えます。様々な音楽的イベントも一般的な長期休みに合わせて多く開催されており、コンサートに行ったり、レッスンをより多く受けたり、また講習に参加したり、音楽的な研鑽を集中的に積むことができます。

まとめ

雑然とした日常では、脳はざわざわとして集中しすぎないようになっています。これは集中しすぎると、何かが起こった時にすぐに反応できないのは危険だからだと言われています。しかし演奏はその集中することが必要なもの。日常から切り離され、音楽に集中できる長期休みは、練習時間も確保できそして集中もしやすい環境を整えやすいのです。

長期休みには、是非みなさんも頑張って練習を積んでくださいね。


かずねぇのLINEスタンプ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです