スポンサーリンク

弾きにくさを感じた時に試してみる3つのこと

練習, 演奏

演奏しているとだんだん煮詰まって、練習しているにもかかわらず弾きにくさを感じることはありませんか。

ミャウジ
ミャウジ
ムキになっちゃうのかなぁ。ぼくもなんでか手が動かしにくくなる時あるよ。
弾きにくさの原因はいろいろあるけど、ちょっとしたことで弾きやすくなるんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

原因の分からない弾きにくさから、ちょっとしたヒントで弾きやすくなるといいですね。では以下を見ていきましょう。


椅子の高さ

どんな曲を弾く場合でも同じ椅子の高さにしていませんか?しっとりしたテンポ感で重厚感のある音を出すときは少し低め、速いパッセージを軽やかに弾くときは少し高めに設定すると弾きやすくなる場合があります。

ピアニストの多くは自身の中間ポイントくらいに椅子を設定し、上半身の特に腰の位置をうまく加減して高めのポジションや低いポジションを作り出して演奏しています。

座っている姿勢

椅子の高さと関連しますが、体幹がぶれると腕のコントロールを失ってしまいます。無駄な動きが多かったり、また適切に上半身のポジションを保てていなかったりすると、細かいパッセージで手が動かしにくく感じたり、また弱音が抜けたりします。

背筋や腹筋、脚の筋肉など大きな筋力で上半身を支え、体幹をしっかりキープして演奏すると、弾きやすくなります。

手のポジション

見るからに弾きにくそうにしている手には2つの共通点があります。

  • 小指側の手のひらが内向いているため、小指の指先で鍵盤をとらえられず、鍵盤に対して垂直方向に動かせていない。
  • 親指が内側に入っているため、鍵盤に対して垂直方向に動かせていない。

上記のポイントは、見た目に手首の硬さとして現れています。これは根本的に手の甲の筋力がピアノを演奏するには足りていない状態です。しっかりと手を鍛えるグッズをしようしたり、基礎練習を強化し演奏に適切な手の形になるようにトレーニングを積む必要があります。

簡易的には、手首を少し上にあげ小指側の内向いた手の甲をあげて鍵盤に対して水平になるように構えると少し改善します。また、手のコントロールは、上半身で腕をしっかりとキープできていないとブレてしまいます。

まとめ

人の体は日々変化をします。練習を積んでいくうちに体の動かし方が変わったり、少しサボって筋力が落ち姿勢が悪くなってしまったり、痩せて腰の肉が落ちたり、また逆に太って座高があがったりと、ちょっとした変化かもしれませんが、それらが原因で弾きにくくなっていることもしばしば。

弾きにくさを感じた時には、上記の外的要因にも注目して修正を試みてください。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ