【ピアノが楽しくない】ピアノが嫌いになるのは脳のせい?

2020年1月16日レッスン,心理学・脳科学,ピアノ教育,練習

ピアノが楽しくない。ピアノが嫌い。練習したくないしレッスンも行きたくない。そんな壁にぶち当たったことはありませんか?

ミャウジ
ミャウジ
練習したくない!って時はあるけど、嫌いになるっていうのはまた違うのかな?
嫌いや楽しくないって思ってるのはつらいよね。やめるって選択する前に原因が分かるといいよね。
かずねぇ
かずねぇ

習いたい、弾きたいと思って始めた楽器のはずです。そして楽しく好きだと感じていた時もあったかもしれません。ではなぜ楽しくなくなってしまうのでしょう?

この記事で分かること

1.ピアノが楽しくない・嫌いになる理由
2.楽しくない・嫌いからの抜け出るための方法

スポンサーリンク

ピアノが楽しくない・嫌いになるのは脳のせい?

ピアノが

楽しくない

嫌いになるのは

脳のせい?

楽しくない、嫌いになる理由は、外的要因である場合も考えられますが、要因が脳にどのような影響を与えているのでしょうか。

脳の役割と部位

脳には、部位によって人間活動の様々な役割があります。

大きく8つに分類できます。だいたい脳のどのあたりが使われているのかと合わせて記します。

  1. 思考 左右脳の前頭葉
  2. 感情 左右脳の側頭葉 偏桃体 前頭葉・頭頂葉の一部
  3. 伝達 左脳…言語 右脳…非言語
  4. 運動 小脳 大脳基底核
  5. 理解 頭頂葉
  6. 聴覚 左右脳の側頭葉 左脳…言語 右脳…非言語
  7. 視覚 後頭葉 左脳…言語 右脳…非言語
  8. 記憶 側頭葉下部、内側部、小脳 海馬 左脳…言語 右脳…非言語

引用 : 会話が弾まない原因は脳の使い方にある「脳には8つの脳番地がある」

左脳と右脳の役割の違い

上記のリストから、左右の脳の働きの大きな違いは以下の2点でしょう。

  1. 左脳…言語系
  2. 右脳…非言語系

どの感覚も、言語か非言語かで使われる脳の場所が左右に分かれているのが興味深いですね。

脳のクセ

現代人は生活のスタイルから

左脳使い過ぎ!

の傾向があるそうです。なんでもそうですが、どちらかに偏った使い方をするとバランスが崩れてしまいます。

音楽をやっていると非言語系をたくさん使うので、バランスが良いような気もしますが、あまり使わなところがあるとそこは退化していきます。

楽しくない・嫌いになる原因

ピアノが楽しくない・嫌いというのは人の気持ちです。楽しくない・嫌いの理由は大きくは以下の2つです。

  1. うまく弾けない
  2. 褒めてもらえない

うまく弾けないのはなぜ

うまく弾けない理由は以下が考えられます。

  1. 練習不足=どれくらい練習したら弾けるかが分かっていない
  2. 曲や音楽についての知識不足

褒めてもらえないのはなぜ

褒めてもらえない理由は以下が考えられます

  1. 習った事が演奏に現れていない=レッスンを理解していない
  2. 魅力的に演奏できていない=どういう演奏が伝わる演奏か分かっていない

つまり…

楽しくない・嫌いというのは、実際にはピアノを演奏することやレッスンで習うことが良く分からないという状態であることがわかります。

なぜ楽しくない・嫌いになるのか

ピアノを弾くことやレッスンが良くわからない状態というのは、脳の理解をつかさどる部分がうまく機能していません。そうなると興味がなくなるという事態が起こるのです。

これが楽しくない・嫌いの正体と言えます。

ピアノが楽しく好きになるために

楽しくなることや好きになることは、きっかけは周りのひとからもらえますが、気持ちは他人から与えてもらう事はできません。自分が楽しく、自分が好きならなければどうしようもありません。

楽しくない・嫌いのしくみをわかると、大切なのは理解をすること。

形だけの練習をしたり、レッスンで分からない事を分からないままで放置しないようにこころがけましょう。

また、意識的に脳を変化させることで、必然的に楽しさや好きの気持ちを得ることができるかもしれません。

参考書籍

だまし絵は脳が活性化されるよ!

かずねぇも大好きな判じ絵♪

サイト内関連記事

参考サイト


楽譜・CD・関連書籍

ぷりんと楽譜【欲しい楽譜が1曲からダウンロードできる】
楽天市場【定番は安定の品ぞろえ】
Amazon【輸入盤からレアな絶版品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです