【超快感】不安のない暗譜演奏は脳ミソが気持ちいい

暗譜,本番

今回は暗譜演奏が脳ミソが気持ちよいというお話。

暗譜なんて緊張するし不安になるし、何が気持ちが良いのだ!

というのが、大半の人の意見かもしれませんが、暗譜で演奏する気持ちよさを知れば、きっと暗譜をして演奏したくなるでしょう。

この快感を知ると、暗譜に対して緊張する・不安になるという事は不思議となくなっていきます。

暗譜演奏の脳ミソの気持ちよいポイントはこんなところ

  1. 音の行間がめちゃ聴こえるようになる
  2. 身体から音楽が出てくる感じになる
  3. コントロールしているという感覚が半端ない

ではこれらを解説していきます。

スポンサーリンク

【超快感】不安のない暗譜演奏は脳ミソが気持ちいい

【超快感】

不安のない暗譜演奏は

脳ミソが気持ちいい

暗譜の演奏が脳ミソが快感になるには、暗譜に不安がない状態であるという前提付きです。

暗譜に不安がない状態というのは、簡単に言えばぼーっとしててもいつでもどこでも弾ける状態です。

では、どんな感じなのかを以下3つ

  1. 音の行間がめちゃ聴こえるようになる
  2. 身体から音楽が出てくるという感じになる
  3. コントロールしているという感覚が半端ない

これらを深掘りしていきます。

音の行間がめちゃ聴こえるようになる

人の脳ミソは見る事に沢山使われます。

なので楽譜を見て弾くことに必死になると音を出すことに気を取られ、音をあまり聞かなくなります。

暗譜して楽譜を見る事がなくなると、その分の脳ミソを音を聴く事に回せるようになるのでよく聴こえるようになります。

また音楽の旨味は音を鳴らした瞬間よりも行間の方に多くあるので、ぼーっと暗譜で弾けるようになると、旨味がいっぱい聴こえるようになって気持ちよくなります。

身体から音楽が出てくるという感じになる

緊張や不安を伴わない暗譜は、殆ど考えるという事がなく、身体から反射的に音が出てくるようになります。

考えるとかえっておかしくなったりするので、呼吸をするように演奏します。

自分の中のものが出てくる感覚です。

コントロールしているという感覚が半端ない

人間は、自分で何かをコントロールしていると感じた時にものすごく快感なんだそうです。

暗譜での演奏は、自分の中の音楽を出しながらバランスやフレーズを耳で聴きながらコントロールします。

その感覚がめちゃ快感だったりします。

まとめ

言ってみれば、不安がない暗譜での演奏は「瞑想」に近いものがあります。

以下に音楽家の実践するマインドフルネス瞑想についての書籍リンク貼ってありますのでよかったらそちらもどうぞ。

暗譜で演奏するのは脳ミソに気持ちがいい3つ

  1. 音の行間がめちゃ聴こえるようになる
  2. 身体から音楽が出てくるという感じになる
  3. コントロールしているという感覚が半端ない

これらについて解説しました。

不安がない暗譜の境地を是非目指してくださいね。

なぜ暗譜をするのかについてはこちらの姉妹サイトで掲載中です

↓↓↓

サイト内関連記事

おすすめ書籍

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

ぷりんと楽譜【1曲からダウンロード】
楽天市場【定番安定の品揃え】
Amazon【輸入盤・レア品まで】
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです