【ピアノ四重奏を聴こう!】ピアニストが萌える室内楽名曲ピアノカルテット20選

2021年6月24日作曲家・音楽家・作品,まとめ・おすすめ・比較,ピアノ四重奏,ピアノカルテット

スポンサーリンク

⑧サン=サーンス ピアノ四重奏曲 Op.41 & 遺作

サンサーンス作品はアカデミックなものも多いですね。

聴きなじみの良い旋律と音楽がサンサーンス。

知られているのはOp.41の方ですが、遺作がまた良いのですよ。

Op.41がとても男性的でがっちりしたつくりなのに対し、全体的に抒情的な遺作も是非知って欲しい!

Op.41

遺作

⑨メンデルスゾーン ピアノ四重奏曲 第1番 Op.1 / 第2番 Op.2 / 第3番 Op.3

メンデルスゾーンの初期作品番号1~3を占めるピアノ四重奏。

トリオが超有名すぎて知られる機会が少ないですが、どの作品もやっぱり天才だな…と思わずにはいられない。

13歳~16歳に書いた作品。

トリオ同様休憩するところがなくてかなり忙しい(笑

第1番 Op.1

第2番 Op.2

第3番 Op.3

3曲まとめて入った楽譜はこちら

⑩レーガー ピアノ四重奏曲 第1番 Op.113 & 第2番 Op.133

短命でしたが、充実した室内楽作品を残しているレーガーのピアノカルテット。

クインテットやトリオの方が比較的知られていてあまりメジャーではないのですが、個人的にめちゃ弾きたい曲だったりします。めちゃ難しそうだけど!

20世紀初頭のゴーンとしたドイツの雰囲気と重厚な響きと構成がなんかグッときますね。

第1番 Op.113

第2番 Op.133

⑪Herbert Howells – Piano Quartet

ハーバート・ハウェルズはイギリスの作曲家です。

この記事を書いて音源を探している時に偶然みつけて、キュンと鷲掴みにされてしまったので紹介しておきます。

幻想的で舞台や映像などにもマッチしそうだし、オケみたいな幅広い音の響きもたまらないです。

楽譜は輸入注文になるようです。 

まとめ

気に入った楽曲はあったでしょうか?

どの曲もとても素敵な作品です。

楽譜を眺めながら名演を聴くだけでもかなり楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

以下20曲ご紹介しました。

  • モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 Kv478 / 第2番 Kv493
  • ブラームス ピアノ四重奏曲 第1番 Op.25 / 第2番 Op.26 / 第3番 Op.60
  • フォーレ ピアノ四重奏曲 第1番 Op.15 / 第2番 Op.45
  • シューマン ピアノ四重奏曲 Op.47
  • R.シュトラウス ピアノ四重奏曲 Op.13
  • ショーソン ピアノ四重奏曲 Op.30
  • ドヴォルザーク ピアノ四重奏曲 第1番 Op.23 / 第2番 Op.87
  • サンサーンス ピアノ四重奏曲 Op.41 / 遺作
  • メンデルスゾーン ピアノ四重奏曲 第1番 Op.1 / 第2番 Op.2 / 第3番 Op.3
  • レーガー ピアノ四重奏曲 第1番 Op.113 / 第2番 Op.133
  • ハウェル ピアノ四重奏曲

ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

サイト内関連記事

曲あてイントロクイズ

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」