スポンサーリンク

メントリのヤバさ3つ

2019年8月31日ピアノ弾きのつぶやき, 室内楽, 演奏, つぶやき, 作曲家・作品

メンデルスゾーンのピアノ三重奏は、通称「メントリ」で親しまれたピアノトリオの金字塔です。室内楽をやってみたい!と思う人が憧れ、また一度は弾きたいと思う曲なのではないでしょうか。

往年の巨匠の演奏や最近の若手スゴ演奏家など、さまざまに録音があるので色んな演奏を楽しんだり学んだりすることができる曲です。

ミャウジ
ミャウジ
ぼくもいつか弾いてみたいなぁ!でも難しいんだろうな。
ピアノ三重奏は、がっつり三つ巴でソロ二人を相手に弾くソナタって感じ。メントリは技術的にも難しいよ。
かずねぇ
かずねぇ

楽曲にはそれぞれに奏者の気に入ったポイントがあったり、クセのある個所があったり、理解が難しい所、美しい所など上げればキリがありませんが、ピアノ弾きの立場から思うところをしぼりにしぼって3つ、上げていきましょう。


スポンサーリンク

テンポ設定やばくね?

ピアノ三重奏は作品49、66と2曲あります。楽譜中に指示されているテンポは以下。(Edition Peter 参照)

  1. Allegro molto agitato 符点二分音符=80
  2. Andante con moto 四分音符=72
  3. Scherzo – Leggiero e vivace 符点四分音符=120
  4. Finale – Allegro assai appassionato 二分音符=100
  1. Allegro energio e con fuoco 二分音符=96
  2. Andante espressivo 符点四分音符=54
  3. Scherzo – molto allegro quasi presto 二分音符=88
  4. Allegro appassionato 符点四分音符=112

両曲とも2楽章はAndanteでテンポ設定にも違和感はあまりないですが、Allegroと表記されているにもかかわらずこのテンポ設定。ショパンエチュードでもマックス二分音符=88ですから、そうとうの速さであることがわかります。

で、この重音とか32分音符まで書くか?

上記のようなテンポ設定にもわらず、オクターブと単音、または6度と単音のトレモロ音型や、さらに細かな32分音符や連符があり、手首に電動で動いたり、指先が勝手にパラパラ動くような補助機欲しいと思ってしまいます。

音が身体に入りきるまで、他の作曲家の楽譜面に連桁を一本足したように感じて譜面を読む必要があります。

でも楽譜通りなんだな

室内楽はメンツによって様々なテンポ設定になりますし、誰かが主導権を握っているアンサンブルなどではリーダーに倣うことになります。そして奏者全員のポテンシャルがなければ、なかなか楽譜に近づいたテンポでという演奏機会はないかもしれません。

しかしこの書かれているテンポに近づけることによって、楽譜中のアーティキュレーションが何故そうなのか、また、もっさりして弾きくく感じる箇所の景色が一変するなど、やはり表記されている事はとても意味のあるものなのだという事がわかります。

まとめ

様々な録音を聴くと、すごくゆっくりにcantabile や espressivo優先でたっぷりの演奏もあれば、近年の若い演奏家で表記速度をほぼ守って演奏している人もいます。スピード感のある演奏は聴いている方も息をのみます。いろんな曲の棒を速く振りすぎてブーイング食らっていたメンデルスゾーンですから、きっと彼が望んだテンポなのでしょう。しかし常人には演奏不可能に近い設定であることには違いありません。そして16分音符の処理をいわゆる一音入魂ドイツものみたいに演奏するとおのずとテンポは落ちてしまいます。

それでもメンデルスゾーンの人生を知るとこのテンポ設定しかなく、せめて2割減くらいのテンポ設定では演奏することがのぞまれます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ