スポンサーリンク

演奏家が実践する8割は音楽になる3つの表情の付け方

楽曲分析, 和声, 読譜, 上級者向け

表現は気持ちで!というアドバイスは全くハズレというわけではありませんが、気持ちによる表現だけに頼る事は幼稚で刹那的、また一貫性がない場合が多く、説得力に欠けまた持続性もあまりありません。

ミャウジ
ミャウジ
心をこめて、気持ちで弾く…良い演奏になりそうな気もするけど…。
気持ちだけじゃ聴き手に伝わる音楽にはならないよ。たとえ奏者側が感覚的に捉えてたとしても、伝わる演奏には分析すればセオリーが見える状態になっているんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

伝わる演奏はセオリーが見える状態?どういうことなのでしょうか。8割も音楽が作れてしまうなんて凄いですね。では以下を見ていきましょう。


スポンサーリンク

楽譜中のフレージングや記号の読み込み

まずは楽譜通りというのが基本です。どこにどういった音楽記号やフレーズ記号が書かれているのか、運指はどうなっているかなどを、それが作曲者本人の意思かエディターによるものか、いくつかの版を読み比べて作曲者の意図を読み解いていきます。

またそれぞれの音楽記号の教科書通りの意味とは別に、どういった意図でその記号が書かれ何を伝えようとしているものなのかを分かり、作曲家が望んでいたであろう表現に近づけていきます。

作曲家の意図を読み解くために…

音楽記号の様々な意味を知るためには、ピアノ以外の作品に関わることが大事です。特にその作曲家が最も得意とした分野の作品には読み解くためのヒントを多く見つけ出すことができます。

またオーケストラ作品を残している作曲家の場合は、スコアを読むことはピアニストにとって様々な音色を作り上げるために必須であると言ってよいでしょう。

楽譜の模様に沿ったアーティキュレーション

楽譜中に記されている強弱や音楽記号とは別に、楽曲は音列による模様でアーティキュレーションが表現されています。作曲家にもよりますが、どの音域からどんな音色をイメージして描いた作品なのか、どの音型ではどういう表現なのかを、音楽記号が書かれていないからと言ってスルーして演奏してしまうと、そのエリアは無味無臭な音の羅列として聴こえてしまいます。

良く知られているものとしては、指示のない音階の上行形はうっすらとcrescendoで演奏する、フレーズの終わりは指示のない限りdiminuendoで演奏するなど。

基礎的な音楽用語や楽譜の読み方に必要な楽典

和声進行と転調によるカラーリング

和声と転調を読み解くためには、様々な音楽の知識が必要になります。

西洋音楽においての和声では、ドミナント、サブドミナント、トニックという大きく分けて3つの和音の性質があり、それぞれに方向と力の相互関係があるとルール付けされています。

それを楽曲の中でどういう調性のどの性質の和音かを分析し、相互的に強弱や濃淡をつけていくと、ほぼ音楽が出来上がってしまいます。また転調もどういった相互関係でどの程度どうやって転調したのかによって、ほぼ色が決まっており、これもセオリーが分かれば殆ど音楽が出来上がります。

楽曲分析において藝大和声はⅡ巻までは必須

ミャウジ
ミャウジ
へぇ!こうやって音楽ってつくるんだね。ぼくもやってみよう!
未熟なうちは演奏スキルを上げるために時間が割かれるから、レッスンを受けて具体的に音楽の造り方を学ぶことが大事なんだよ。
かずねぇ
かずねぇ

まとめ

演奏家によるレッスンを受けると音楽になる理由は、分析の概要を説明し、具体的にどこをどうやっているのかを言語化して頂けるところにあります。また雰囲気やニュアンスは実際の演奏などで示すことが出来るので、より多くの情報をレッスンで得ることができます。

ここで述べた方法で楽曲を作っていくとほぼ音楽になりますが、これらを極めるには深い知識と長い演奏経験が必要になります。そして膨大な時間もかかってしまうため、既に経験値と知識のある演奏家で教える経験も豊富な先生のレッスンを受ける意味というのは、こういった事を教わるためにあります。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです