【ピアニストの読譜術】スタッカートの意味は1つじゃない!?

2019年9月9日音楽記号・音楽用語,読譜,ソルフェージュ

今回は、楽譜でよく見るスタッカートについてのお話です。

あなたは楽譜に書かれているスタッカート(音符のたまの上または下に記された小さな点)という記号の意味を問われた時、何と答えますか?

ミャウジ
ミャウジ
え!切る…だけじゃないの?
だけじゃないの。あと跳ねるって言う人もいるね。結果的にそうなるときもあるけど、意味としては違うかな。
かずねぇ
かずねぇ

スタッカートを

その音を切る

という意味では表現できない記譜が沢山存在します。切ることでおかしな音楽になってしまうというようなやつです。

スタッカートにはこんな意味があったりします。

  1. その音を短く切って奏する
  2. アクセント
  3. フレーズの終わり

また演奏楽器によって細かいニュアンスが違う場合もあります。

ここではピアノで演奏する時の代表的な解釈3つを解説していきます。

【ピアニストの読譜術】スタッカートの意味は1つじゃない!?

楽譜に書いてあるスタッカートを「切る」という意味でとらえて

なんか弾けない!!!

音楽がおかしい!

となった場合は、別の意味として解釈する必要があります。

では、3つの解釈について

  1. その音を短く切って奏する
  2. アクセント
  3. フレーズの終わり

深掘りしていきましょう。

その音を短く切って奏する

基本はその音を切って奏するという意味です。目安は「・」はその音の半分程度の長さになるように、「▼」のような形のものは、1/4くらいの長さ。

注意

短く切る、または跳ねるというのは正しくない場合があります。上記の長さの目安からもわかるように、どんな音に記されたスタッカートなのかによって、短くなく、跳ねない場合も多くあります。

アクセント

切って奏することによって生じる強めの打鍵によるアクセントのような音をあらわしている場合があります。

また、細かいパッセージ内にどう考えても物理的に「切れねーよ!」といスタッカートは、アクセントの意味で、そこがメロディーラインという事を示していることもあります。

フレーズのおわり

切ることも、アクセントで弾くことも、どうもおかしい…というスタッカートがあります。

それはスラ―がかかった音型の最後の音にポツンと「・」が打たれていたり、メロディーラインが一区切りされているなぁと感じる最後の音に記されていたりするやつです。

それらの「・」は、フレーズの終わりを表しており、弱くそっと演奏する指示です。

スポンサーリンク

まとめ

残念ながらこれらの意味を知らないで演奏してしまうと、ひたすら切る事に囚われ

「弾けない…、なんか違う…」

と困ってしまいます。

スタッカートに限らず、sf、decrescendo、sostenutoなどにも、作曲家によってニュアンスがプラスされていたり、習う本来の意味とは違う意図で書かれているものも多くあります。

記された楽語に違和感を感じたら

「もしかしたら他に意味があるのかも…」

と、考えてみましょう。

スタッカートの意味は1つじゃないよ!ということで

  1. その音を短く切って奏する
  2. アクセント
  3. フレーズの終わり

これらを解説しました。


ご意見・ご質問はこちら

ブログの記事にして欲しいことなどは、ツイッターの各記事のリプにて!

かずねぇ@ピアノ弾き 

かずねぇ@ブログ 

よろしくね♪

各記事に共感して頂けたら是非SNSでシェアをお願いします!記事からのSNSでシェアはサイトの栄養になり成長します。宜しくお願いします!

YouTubeチャンネル

サイト内関連記事

おすすめ書籍

美しい演奏に欠かせないのが基礎的な技術力の向上です。

演奏にも体幹はめちゃ大事。フォーム改善に一役かってくれます。

緊張や不安をコントロールするマインドフルネス

緊張や不安は意識が過去や未来に向いてしまう事で起こります。

「今」に集中するマインドフルネスを取り入れる事で、緊張や不安はコントロールすることが出来るようになります。

Googleなどの大企業でも取り入れられ、緊張と隣り合わせの演奏家たちも実践しています。

緊張や不安に悩む人は是非お試しください!

【オンラインセミナー】

[A8-yaruki-MB]

【マインドフルネス書籍】

専門書籍・楽譜・CD

Amazon
楽天市場
Yahoo!Pay Pay モール
ヤマハ「ぷりんと楽譜」