スポンサーリンク

残念な演奏をちょっとだけ良くする3つの練習

練習方法, 練習, 演奏

練習しなければ上手くならないし、レッスンで指摘される事をやらなければ良くならないのはわかっている。理想はそうだけれど、自分的に少しだけ良くなればいいのだと思う人もいるのではないでしょうか。

ミャウジ
ミャウジ
自分の演奏と理想の演奏がかけ離れていると、なんかやる気なくしちゃうなぁ…
理想の演奏を知っておくのは大事。そのうえで、今の自分の演奏がどうなのかを分かって少しずつ前進していけるといいよね。
かずねぇ
かずねぇ

理想の演奏への道のりはたとえ遠くても千里の道も一歩からです。残念な演奏というのは、ふんわりとは良い感じなんだけれど何か一つ足りない、何かが出来ていない感じがします。それを改善できれば一歩前進できそうですね。ではその手がかりを以下3つ見ていきましょう。


スポンサーリンク

メトロノームで練習してみる

残念な演奏になってしまう一つの理由はテンポが不安定であること。不安定になる原因にはフレーズの最後の処理が甘かったり、スケール音型で走ったり、リズムが変わるところで拍感を失ってしまうことにあります。メトロノームでの練習は、不安定さの解消に大いに役立ちます。

最近ではスマホアプリでも色んなメトロノームがあります。ちょっとテンポを確認する程度には便利ですが練習で使う場合かなりヘビーユーズになるので、経験上スマホのバッテリー消費が半端ない。メトロノームは単体で持っておく方がよいでしょう。

左手だけを練習してみる

ピアノ演奏における左手パートは、音楽的には非常に重要であるパートなのにおろそかになりがち。これは人の耳が高音の方をより早く聴きとってしまうという性質にも関係しています。低音は聴きにくいのです。

ゆえに両手での演奏ばかりをしていると左手パートへの配慮がなくなってしまいます。暗譜もできていない場合が多いでしょう。左手パートのみの練習を積むことですべての音が認識されるので、演奏に安定感がうまれます。演奏者自身も落ち着いて演奏できるようになります。

録音して楽譜とてらしあわせてみる

演奏は一人よがりであればあるほど残念さが増します。演奏中に客観的に自分の演奏を聴くことができれば良いのですが、それはなかなか難しいことです。まずは集中した演奏をした状態を録音や録画をして、客観的に改善点を見つけてみるとよいでしょう。

安価なボイスレコーダーだと音割れしたり、また音色の変化を録ることができません。録音はマイクが大事なので少し性能の良いものを選ぶ方がよいでしょう。

まとめ

残念な演奏は、所々はいいんだけど、ちょっと足りない。そんな印象を受ける演奏です。その足りなさは、技術的なことであったり、また音楽的な表現の部分であったり様々です。技術に問題がある場合は基本的な練習に立ち返り、また音楽表現の部分ではデュナミークなどの再確認をする必要があります。どちらにしても客観性は必須です。

また録音をして、自分が先生になったつもりで自分の演奏をチェックすることで、演奏に客観性が生まれてきます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ