スポンサーリンク

毒親の5つの例と対処法

ピアノの先生のつぶやき, つぶやき

ピアノをある程度のレベルまで弾けるように、また専門へ進ませようとする親御さんはかなり個性的な方が多いです。その個性はとても頼もしかったり、また紆余曲折ありつつも子供さんが大人になった時に、社会でやっていけるかを考えているかどうか、またそこまでは分からなくても、いまを一生懸命生きている場合は好感をもちますが、個性と毒を履き違えてしまっている親御さんも中にいます。

ミャウジ
ミャウジ
先生も大変なんだね
ピアノ教えるのはどんなに大変でも楽しいんだよ。でもね、それ以外の家庭事情があまりにも絡んでくるとレッスンにならないんだよ
かずねぇ
かずねぇ

ピアノを教えるに限ってではありませんが、習い事の先生と生徒という関係性において、毒を吐かれたとしても、このSNS炎上ご時世なかなか毒を吐き返したり直接的な言葉を発するのは躊躇せざるをえません。ただ一度許容してしまうと、この先生には子供のことなら何をぶつけてもいい、いつ何を相談してもいいと勘違いし、さらにエスカレートしてきます。

対処法を確立できていなければ、先生はストレスで適応障害、またうつ病など精神のバランスを崩してしまします。そんな毒親の5つの特徴とその対処法をあげていきましょう。



スポンサーリンク

レッスン時間の変更や遅刻常習

特徴1

子供の都合だと仕方がありませんが、ほとんどが親の都合での変更や遅刻です。ひどい場合は、お友達としゃべっててお話が終わららず「予定があってうかがえません」などと言ってきます。

対処法

〇回目までは許容し、〇回目からは変更を受け付けない、キャンセル料を頂くというルールを作って書面化しておくのが良いです。書面化は抑止になるし、また揉め事になった時に弁護士に相談しやすくなります。

明らか親のミスを子供のせいにする

特徴2

毒親は先生の前で子供を叱ります。自分はちゃんと教育しているのに子供がいう事を聞かないのが悪いと言わんばかりです。子供のことより自己保身。弁が立たない子供は黙っているか泣いています。

対処法

論理的に何が問題なのかを一言でいうようにします。具体的に親御さんのするべきことを言えればベスト。本来は自分に非があるのはどこかで分かっているのですが、毒親が欲しいのは自分への共感。逆キレする親もいますが、同調や曖昧な言葉はさらに子供への責任転嫁を助長してしまいます。

夜中や早朝にメールをしてくる

特徴3

時間構わず相談という名目でレッスン以外のことを話したり、欲しい情報を聞き出そうとしたり、家庭問題を愚痴ってきます。また自慢話や日記のようなメールの場合もあります。

対処法

用件に対してのみ事務的に対応し、それ以外の内容には一切触れません。あるいは敢えて見当違いの返事をしておきます。回数が多い場合は既読スルーあるいは返信に時差をもうけます。この人には話しても無駄だと思って頂くようにします。

子供のため、親として、というワードを連発する

特徴4

体罰や暴言の痕跡が子供に見受けられます。そして過干渉です。それらを親として子供のためにやっていると言います。

対処法

こういった部分は家庭問題なのであまり踏み込めない領域です。あまりにも暴力的なことが目につく場合は今のご時世では通報せざるを得ません。子供が相談してきた時のみ、話を聞く程度にしか関わることができません。

子供がウソをつくようになる

特徴5

親がいない時、用件の返事がないことを尋ねるとスマホのバッテリー切れてた、メールがきてないなどの小さいウソをつきます。課題が熟せていない理由も小さいウソ交じりの言い訳をします。些細なことで毒親に怒られて続けているので、怒られそうな状況に対しての自己防衛としてウソをつきます。

対処法

相手は子供ですが、どういう状況でそうなっていたのかを追求します。そして話の矛盾点を論破します。そういうウソはバレる。出来なかったことや悪かったと思う事に対して、こちらは怒りはしないし、真摯に謝らなければならないという事を伝えるようにします。


我慢がたまりにたまっている。…でも言えない!そんな時にはコレで叫んでみよう。

↓↓↓

大声出してストレス発散「叫びの壷」

まとめ

毒親はパーソナリティ障害、またはACである可能性が非常に高く、子供のためという大義名分を振りかざしながら、行動の主体は自身の感情によるところが大きいです。そして自分のために子供があり、自己顕示の道具として子供を利用しているように見受けます。また他者へ配慮あるようにも見せかけようとしますが自分の保身のためである場合が殆どです。

親自身と家庭内で処理しきれない不満や愚痴を吐かれると全くレッスンになりませんし、子供への負の影響も半端なくレッスンが破綻していきます。

毒親の対応はピアノのレッスンでお引き受けできる範疇を超えており、心理カウンセリング、または心療内科などの専門機関に行っていたくのが最良です。ピアノの先生のメンタルに影響を及ぼす場合はやめて頂かざるをえません。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログへ

ランキングに参加しています リアクション頂けるとうれしいです

かずねぇのLINEスタンプ